広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

秋田竿灯祭りパート1

今回は秋田竿灯祭りについて書きます。


秋田竿灯祭りは見たことありますか?


東北のお祭りの中で、演技が必要な祭りです。

竹竿にちょうちんがついており、ちょうちんの明かりをともした、

竿灯を職人が手で持ったり、顔の額にのせたり、腰にのせたりする、演技です。

竿灯は約50Kgなので、結構重たい物ですから、すごいですね。

日頃から練習しているんでしょうね。やっている職人さんは、大工さんが多い

ですが、その他、公務員、銀行の方もやっているようです。


竿灯は、稲穂の形になっています。ちょうちんは、をイメージしています。


秋田は米処です。秋田こまちという、おいしい米があります。

是非、食べて見てください。

竿灯祭りは毎年8月3日から8月6日です。

時間は夜19時から21時です。

竿灯のグループは2回、竿灯を上げて終わります。

1回上げた後は、場所替えを、もう一度、上げます。


私は秋田竿灯まつりは現地で2回見ました。

後、震災復興の沿岸で1回です。


実際、生で見ると、はらはらどきどきしますね。

倒れそうで倒れない演技、また風が強いときもやるので、

斜め45度にしながら演技して、倒れないのはすごい。



是非、東北のお祭りを見てくださいね。



次回、秋田の有名な食べ物の紹介をします。


読んで頂き有難うございます。








    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。