広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

平成25年度の今冬のインフルエンザ総合対策について是非お読みください

ご訪問ありがとうございます。


平成25年度の今冬のインフルエンザ総合対策について


風邪予防1


厚生労働省より、平成25年11月8日(金)に

平成25年度の今冬のインフルエンザ総合対策が

発表となりました。



御家庭や職場でも、インフルエンザ対策に努めて

いただくようにまとめた内容です。



風邪予防2


季節性インフルエンザのウイルスには、

A/H1N1亜型

(平成21年に流行した新型インフルエンザと同じもの)



A/H3N2亜型(いわゆる香港型)


B型


3つの種類があり、いずれも流行の可能性があります。

流行しやすい年齢層はウイルス型によって多少異なり

ますが、今年も、全ての年齢の方がインフルエンザに

注意する必要があります。



是非、以下の具体的対策を参考にして、御家庭や職場でも、

インフルエンザ対策に努めていただければと思います。



「平成25年度今冬のインフルエンザ総合対策について」

厚生労働省(平成25年11月8日掲示)



風邪・インフルエンザ対策と予防一覧


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ





2013インフルエンザの状況(3月1日発表)

ご訪問ありがとうございます。


2013インフルエンザの状況を紹介します。


平成25年3月1日の厚生労働省発表の

インフルエンザ状況を見ると、だいぶ減少してきています。




平成25年2月15日発表、都道府県別では愛知県(42.47)、

鹿児島県(40.69)、新潟県(39.62)、愛媛県(36.52)、

広島県(34.48)、岩手県(34.19)、富山県(32.38)、

秋田県(32.11)の順となってました。


平成25年3月1日発表、都道府県別では愛知県(28.14)、

広島県(24.70)、鹿児島県(24.32)、福井県(24.16)、

高知県(22.71)、愛媛県(22.48)、徳島県(22.45)

の順となっている。

40都道府県で前週の報告数より減少がみられた。

カッコ内は定点あたりの報告者数です。



平成25年2月15日発表、年齢群別では5〜9歳約25万人、

0〜4歳約20万人、10〜14歳、30代がそれぞれ約19万人の順



平成25年3月1日発表、年齢群別では5〜9歳約14万人、

0〜4歳、30代がそれぞれ約10万人、

10〜14歳約9万人、40代約8万人の順となっている。



国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、

AH3亜型(A香港型)の割合が最も多く検出されている。



以上の結果となっています。


インフルエンザ



インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、

くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、

鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。



インフルエンザは全体では、だいぶ減少してきていますが、

各地で、まだ感染している状況ですので、警戒は必要です。



まだ油断は禁物ですので、

うがい、手洗いなどしっかり、外出した後は、必ずしましょう。


インフルエンザの詳しい内容、予防はこちらをご覧ください。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ







2013インフルエンザの状況(2月15日発表)

ご訪問ありがとうございます。


2013インフルエンザの状況を紹介します。


平成25年2月15日の厚生労働省発表の


インフルエンザ発生状況を見ると、

インフルエンザのシーズンに現在入っており、

各地でインフルエンザが蔓延しています



前回よりインフルエンザの状況は2週連続減少してきています。


都道府県別では愛知県(42.47)、鹿児島県(40.69)、

新潟県(39.62)、愛媛県(36.52)、広島県(34.48)、

岩手県(34.19)、富山県(32.38)、秋田県(32.11)

の順となっている。

カッコ内は定点あたりの報告者数です。



年齢群別では5〜9歳約25万人、0〜4歳約20万人、

10〜14歳、30代がそれぞれ約19万人の順


44都道府県で前週の報告数よりも減少がみられた。


国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、

AH3亜型(A香港型)の割合が最も多く検出されている。



以上の結果となっています。


インフルエンザ



インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、

くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、

鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。



インフルエンザは全体では、2週連続減少してきていますが、

各地で、まだ蔓延している状況で、警戒は必要です。



油断は禁物ですので、

うがい、手洗いなどしっかり、外出した後は、必ずしましょう。


インフルエンザの詳しい内容、予防はこちらをご覧ください。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ







2013インフルエンザの状況(2月8日発表)

ご訪問ありがとうございます。


2013インフルエンザの状況を紹介します。


平成25年2月8日の厚生労働省発表の


インフルエンザ発生状況を見ると、

インフルエンザのシーズンに現在入っており、

各地でインフルエンザが蔓延しています



前回よりインフルエンザの状況は減少してきています。


都道府県別では新潟県(51.61)、愛知県(48.27)、

愛媛県(45.26)、長崎県(43.33)、鹿児島県(43.28)、

千葉県(42.53)、埼玉県(41.56)、沖縄県(41.28)、

長野県(40.80)、宮崎県(40.66)、福岡県(40.54)、

の順となっている。

カッコ内は定点あたりの報告者数です。



年齢群別では5〜9 歳約33 万人、10〜14 歳、

30 代がそれぞれ約26 万人、0〜4 歳約24 万人、

40 代約23 万人、20 代約19 万人の順



国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、

AH3亜型(A香港型)の割合が最も多く検出されている。



以上の結果となっています。


インフルエンザ



インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、

くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、

鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。



インフルエンザは全体では、減少してきていますが、

各地で、増えている場所もあり、まだ警戒は必要です。



うがい、手洗いなどしっかり、外出した後は、必ずしましょう。


インフルエンザの詳しい内容、予防はこちらをご覧ください。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ







2013インフルエンザの状況(2月1日発表)

ご訪問ありがとうございます。


2013インフルエンザの状況を紹介します。


平成25年2月1日の厚生労働省発表の

インフルエンザ発生状況を見ると、

インフルエンザのシーズンに現在入っており、

各地でインフルエンザがものすごく増加してきています。



都道府県別では新潟県(53.81)、千葉県(53.22)、

長崎県(50.91)、埼玉県(49.53)、愛知県(46.65)、

福岡県(45.74)、福島県(45.41)、神奈川県(41.69)、

東京都(41.29)、茨城県(41.25)、愛媛県(40.46)、

の順となっています。

カッコ内は定点あたりの報告者数です。



年齢別を見ると、5〜9歳約35万人(16.4%)、

10〜14歳約30万人(14.0%)、30代約26万人(12.1%)、

0〜4歳約25万人(11.7%)、40代約23万人(10.7%)、

20代約20万人(9.3%)の順となっている。



全国で159万人が感染していることになります。


国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、

AH3亜型(A香港型)の割合が最も多く検出されている。



以上の結果となっています。


特に目立ったのが、首都圏でのインフルエンザ患者が

激増して、蔓延している事です。



また、インフルエンザでの死者も出てきております。



インフルエンザ



インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、

くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、

鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。



インフルエンザが大流行してきましたので、

うがい、手洗いなどしっかり、外出した後は、必ずしましょう。



どうぞ、油断大敵ですので、お気をつけください。


インフルエンザの詳しい内容、予防はこちらをご覧ください。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ







2013インフルエンザの状況(1月25日発表)

ご訪問ありがとうございます。


2013インフルエンザの状況を紹介します。


平成25年1月25日の厚生労働省発表の

インフルエンザ発生状況を見ると、

インフルエンザのシーズンに現在入っており、

各地でインフルエンザがかなり増加してきています。



都道府県別では福島県(38.63)、茨城県(36.18)、

群馬県(35.66)、長崎県(34.50)、千葉県(34.17)、

福岡県(32.92)、埼玉県(32.13)、栃木県(32.08)、

佐賀県(31.45)の順となっています。

カッコ内は定点あたりの報告者数です。



年齢別を見ると、5〜9歳約20万人(14.3%)、

30代約19万人(13.6%)、0〜4歳、10〜14歳、

20代、40代がそれぞれ約16万人(11.4%)の

順となっている。



国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、

AH3亜型(A香港型)の割合が最も多く検出されている。



以上の結果となっています。

特に多く発生している地域では、感染症のため、

人から移ることが多いので注意が必要ですね。


インフルエンザ



インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、

くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、

鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。



インフルエンザが流行してきましたので、

うがい、手洗いなどしっかり、外出した後は、必ずしましょう。



感染した方はわかると思いますが、猛烈な高熱と喘息気味の

咳が出ますので、通常の生活やましてや仕事などできなくなり

ます。どうぞ、油断大敵ですので、お気をつけください。



インフルエンザの詳しい内容、予防はこちらをご覧ください。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ







2012風邪・インフルエンザ対策と予防一覧

ご訪問ありがとうございます。


2012風邪・インフルエンザ対策と予防一覧をまとめました。


風邪・インフルエンザ対策は、自己防衛が非常に大事です。

日頃の予防が重要ですので、すべて記事をまとめましたので

どうぞ、ご覧ください。



青空


風邪の予防はどうしたらよいか

インフルエンザワクチン摂取の効果


風邪の予防に良い食べ物

風邪の症状に効果がある食べ物

風邪予防・唐辛子(とうがらし)の栄養・効果

風邪予防に効果がある紅茶

風邪予防に効果があるお茶


ビタミンAの知っておいてほしい事

ビタミンCの知っておいてほしい事

タンパク質の知っておいてほしい事

ムチンの知っておいてほしい事


冬の風物詩の柚子(ゆず)


風邪が原因で病気になりました

風邪を甘く見ると痛い目にあいますよ

風邪を甘く見て入院しました


風邪予防に効果があるR−1ヨーグルト


明るい未来


一番最後に、厚生労働省からの、現在のインフルエンザ状況

インフルエンザQ&Aを載せておきましたので、参考にして、

日頃万全の対策をしてください。



厚生労働省 インフルエンザ発生状況(一週間ごと発表)

厚生労働省 インフルエンザQ&A


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

友近さんダイエットに成功。自分史上初のボディーへ

嫌なぱちぱち静電気防除対策グッズ

『週刊ダイヤモンド』定期購読なら最大45%OFF!特典&全国送料無料




ムチンの知っておいてほしい事

ご訪問ありがとうございます。


ムチンの知っておいてほしい事を紹介します。




ムチンといわれてもさっぱりわからないと思いますので、

説明したいと思います。



ムチンといって、わかりやすいのが、口腔や喉などの、

ねばねばした物質といえばわかりやすいでしょうか。



動物の分泌する粘液にはほぼ全てムチンが含まれており、

口腔、胃、腸をはじめとする消化器官や鼻腔、腟、関節液、

目の表面の粘膜は、すべてムチンに覆われている。



ウナギをはじめとする一部の魚類特有の体表のぬめりも

ムチンである。



それがどうしたのと、いうことになりますが、このムチンは、

粘膜の表面をカバーし守ってくれているのです。



外部からたくさんの菌やインフルエンザウイルスなど、

体内に侵入を防止しています。



ムチンには、胃の粘膜をうるおし、保護する働きがあります。

肝臓や腎臓の機能を高める作用もあり、細胞を活性化し、

老化の防止に役立ちます。


消化を促す作用もあり、便秘を改善します。


このムチンが不足すると、

体内に菌やウイルスが侵入しやすくなります。

結果的に、病気になる可能性が高くなります。




どうしたらよいの、という事になりますね。

ムチンの含む食材を食べるといいのです。




ムチンの含む食材を紹介します。

ヤマノイモ、ナガイモ、 サトイモ、 レンコン、 オクラ、 モロヘイヤ

ツルムラサキ、 コンブなどの海藻、 ナメコ、 エチゼンクラゲ

納豆などです。



納豆など、毎日食べてる方は、粘膜が機能していて

いいでしょうね。



こういうねばねばが、体を守っていることがわかれば

幸いです。どうぞ、健康管理に留意してみてください。



風邪の予防に良い食べ物


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

製菓材料


プレゼントにぴったりなロールケーキタワー


カップケーキ・ウーピーパイのチャプチーノ




風邪予防に効果があるお茶

ご訪問ありがとうございます。


風邪に効果があるお茶を紹介します。


お茶は、日本人がもっとも親しみが

ある飲み物ですね。


お茶の中にも免疫力を高め、風邪予防、抗菌、

抗ウイルスに効果的を発揮するものがあります。



また、効能がかなりあるため、他の体の予防対策に

効果を発揮します。



お茶にもそれぞれ種類がありますので、

自分にあったお好みのお茶を選ぶのがいいですね。



日本茶 緑茶(カフェイン含み)の成分と効果



カテキン効果 11〜17%
抗酸化作用・血中コレステロール低下作用・血圧上昇抑制作用
血糖上昇抑制作用・抗菌・殺菌作用・抗ウイルス作用
虫歯・口臭予防(脱臭作用)・発ガン抑制作用・抗腫瘍作用
突然変異抑制作用


カフェイン(苦味成分)1.6〜3.5%
覚醒作用・強心作用・代謝促進・利尿作用


テアニン(甘み・旨味成分)0.6〜2%
リラックス効果


フラボノール類0.6%
口臭予防・血管壁強化


ビタミンC 0.3〜0.5%
抗壊血病・抗酸化作用・抗がん作用・免疫機能改善
ストレス解消・白内障予防・シミ、ソバカスの抑制
風邪予防


γ−アミノ酪酸(GABA)0.01%
血圧降下作用


サニポン 0.2%
抗喘息・抗菌作用・血圧上昇抑制


ビタミンB2 1.2%
口角炎・皮膚炎防止・脂質過酸化抑制


食物繊維 3〜7%
抗がん作用(大腸がん)・血圧上昇抑制


ミネラル類
味覚異常防止・免疫機能低下抑制・皮膚炎防止
虫歯予防(フッ素)抗酸化作用



板藍根茶(バンランコンチャ)ノンカフェインの効果

新型インフルエンザの予防にもなる。


風邪対策に効果抜群
皮膚疾患(ニキビ、吹き出物、湿疹)改善にも良い



黒にんにく茶(ノンカフェイン)の効果



にんにくと言えば風邪対策の代表格
皮にも栄養素が豊富に含まれています。



黒にんにく成分のS-アリルシステインとポリフェノールには

どちらも優れた抗酸化作用を備えており、動脈硬化やガン、

アルツハイマー、高血圧、心臓疾患の予防など、

さまざまな疾患への効果が期待されています。



黒にんにくの成分のスコルニジンの作用で基礎代謝が向上し、

脂肪燃焼率がアップ。



1日の消費カロリーが増え、痩せやすい体となります。

また、基礎代謝向上によって体内の血行が良くなるため、

冷えの解消にも有効とされています。




柿の葉茶(ノンカフェイン)の効果



緑茶の約20倍の天然ビタミンCを含む(レモンの約10〜20倍)
柿の葉のビタミンCは熱に強いのでお茶にしても壊れない
カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心



アロエ茶(ノンカフェイン)の効果



血糖値を下げることで糖尿病予防に有効
二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドを減らす作用がある
アロインという物質が便秘を解消する
免疫力をアップして風邪を予防する
カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心


アロエには様々な効果があります。

美肌効果 = アミノ酸など
胃腸病の改善、心臓疾患の改善 = アロイン、アロエエモジンなど
抗菌作用、抗ガン作用 = アロエシン、アロクチン、アロミチンなど
解毒作用、免疫力の向上 = アロエチンなど
血糖値の抑制 = アルボランA・Bなど



オオバコ茶(ノンカフェイン)の効果



アウクビン、ビタミンA・C・K、有機酸スルフェオラフェンなどを豊富に含む
乾燥させたものは日本薬局方に収録された生薬
漢方医学でも用いられる
風邪の諸症状に作用



菊花茶(ノンカフェイン)の効果



ビタミンB1、ビタミンE、アミノ酸が美容に効果的
中国では2000年以上前から栽培されている代表的な生薬
風邪対策やアンチエイジング対策の面でも注目されています
カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心



苦丁茶(くうていちゃ)ノンカフェインの効果



中国で2000年以上前から愛飲されている健康茶
解毒作用、解熱作用、咳止め作用、殺菌作用で風邪対策に最適
カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心


苦丁茶(ノンカフェイン)の詳しい成分

緑茶と比較してカテキン類(約1.7%)は含有量が少ないが、
ルチン(約0.4%)はより多い。
ミネラルとして亜鉛、マンガン、銅、セレンを緑茶より
多く含むと報告されている。


一方、アミノ酸やアスコルビン酸(ビタミンC)は緑茶より少なく、
カフェインは含まれていない。





お茶には、あまりにもびっくりするくらいたくさん効能があります。

一番お手ごろに、手に入る物ですから、飲まないと損ですね。



お出かけの際でも、持って歩くくらいしてもいいのでは、

ないでしょうか。



見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

風邪予防に効果がある紅茶

ご訪問ありがとうございます。


風邪に効果がある紅茶を紹介します。



通常、紅茶でうがいするだけでも、殺菌作用があり

効果を発揮します。



紅茶を飲むことで、免疫力を高め、風邪予防、抗菌、

抗ウイルスに効果を発揮します。



通常の紅茶の葉中には、

重量にして3%程度カフェインが含まれる。

この量はコーヒーの3倍の量に当る。



紅茶にはカフェインが入っているもの、

入っていない紅茶があります。



では、いろいろな風邪予防に効果がある紅茶を

紹介してみましょう。



カモミールティー(ノンカフェイン)の効能



安眠、リラックス、疲労回復に作用する
風邪の初期症状や月経痛を緩和する
歯肉炎や口臭予防に役立つ
抗酸化作用でガン予防&老化防止&アレルギー症状の緩和



シナモンティー(ノンカフェイン)の効果



免疫力アップ、抗酸化、血行促進、血糖値を下げる
風邪、解熱・鎮痛作用



ペパーミントティー(ノンカフェイン)の効果



爽快感のある香りで気分リフレッシュ
殺菌作用で風邪対策



生姜紅茶(カフェイン含む)の効果



便通がよくなる
冷え性やむくみを改善
代謝がアップしてダイエットに良い
精神的な落ち込みを改善(うつ病)
免疫力アップで風邪対策



ローズヒップティー(ノンカフェイン)の効果



女性が不足しがちな栄養を豊富に含んでいる (ビタミン、鉄分など)
美肌、眼精疲労、風邪の予防、利尿作用に効果的



エキナセア ハーブティー(ノンカフェイン)の効果



化膿した傷口の洗浄と治療に効果的
免疫力を高め、風邪予防、抗菌、抗ウイルスに効果的
カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心



オリーブティー(ノンカフェイン)の効果



ポリフェノールの一種であるオレウロペインを豊富に含む
オレウロペインは抗菌&抗ウイルス作用が高い
オレウロペインは体内のコラーゲン生成をサポートする
ルテオリン、ケセルチン、アピゲニン等のフラボノイドを含む
カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心



紅茶にもそれぞれ種類がありますので、

自分にあったリラックスできるお好みの紅茶を、

選びたしなむのもいいですね。



風邪に効果のある紅茶の種類を紹介しました。



風邪は日頃からの予防が一番です。

どうぞ、風邪の予防にお役立てください。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

製菓材料


プレゼントにぴったりなロールケーキタワー


カップケーキ・ウーピーパイのチャプチーノ




    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。