広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

八戸三社大祭の風情ある華屋台

ご訪問ありがとうございます。


八戸三社大祭の風情ある華屋台を紹介します。


近年、八戸三社大祭の行列の最後を飾るのは、

風情ある華屋台です。



華屋台では、名調子「八戸小唄」が流れ、踊りが

披露され、お祭りの余韻を残します。





八戸三社大祭の華屋台は、

お通りとお還りの最後に運行されます。


八戸三社大祭のお通り最後の華屋台(三日町付近)
華屋台1

八戸三社大祭のお還り最後の華屋台(六日町付近)
華屋台2

八戸三社大祭のお還り最後の華屋台(六日町付近)
華屋台3


八戸三社大祭の華屋台(はなやたい)とは何なのか?


八戸三社大祭華屋台実行委員会が中心となって運営して

おり、屋台の上では舞踊各流派の代表が八戸小唄などに

あわせて、踊りを披露している。




八戸三社大祭の華屋台の由来は?


明治時代に当時の鮫や小中野の芸者衆が三社大祭へ

唄や踊りを奉納したいという心を受け入れ 酒造会社老舗の

「河内屋」が屋台を寄進し 法霊神社行列に参加したことが

はじまりと記録されているようです。



屋台の上では三味線、太鼓、鼓を奏で、それに合わせて

芸姑達が唄をうたい踊りや舞を披露していたようです。



昭和に入って、戦後の混乱や社会経済の変還などで、

中断されていました。昭和39年中断に追い込まれ、

昭和41年に「河内屋」の協力により三ヶ年だけ復活したが、

昭和43年からは中断に追い込まれた。

平成9年に昔を懐かしむ有志の情熱と日本舞踊各流派の

方々や多くの市民のご協賛を戴いて、八戸三社大祭華屋台と

して、復活したのでした。



2013年の山車の中で、新井田附祭振興会「豊作加護」

三社大祭 七福神の山車引きの見返りの部分に華屋台が

表現されておりました。


2013後夜祭11

八戸三社大祭の行列の最後の、みどころですね。



2012年八戸三社大祭の紹介

2012年八戸三社大祭お通り

2012年八戸三社大祭の中日

2012年八戸三社大祭のお還り

2012年八戸三社大祭お通りの虎舞


2013年八戸三社大祭の紹介

2013年八戸三社大祭の中日

2013年八戸三社大祭の後夜祭


八戸みろく横丁の紹介

八戸みろく横丁のせんべい汁

八戸みろく横丁のイカソーメン

八戸みろく横丁の虎舞


三陸復興国立公園の紹介

三陸復興国立公園のウミネコ繁殖地 蕪島








八戸せんべい汁を探すなら、楽天市場へ

ポイント還元・送料無料・セール・アウトレットも充実。

http://www.rakuten.co.jp/




見て頂きありがとうございます。


ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

2013年八戸三社大祭の後夜祭

ご訪問ありがとうございます。


2013年八戸三社大祭の後夜祭を紹介します。


八戸三社大祭は日本一の山車まつりで有名で、

毎年7月31日から8月4日までのお祭りです。



平成25年8月4日(日)は後夜祭でした。


時間は午後6時から、場所は八戸中心街の

三日町、十三日町、廿三日町、市庁前市民広場で

行われました。



最終日の後夜祭は山車27台の展示とお囃子実演が

行われ、大勢の観客で賑わいました。



7月31日から8月3日までのお祭りの余韻があり、

8月4日は八戸三社大祭の最終日なので

お祭りの名残惜しさが残りました。



八戸中心街の廿三日町の様子です。

2013年最優秀賞作品の山車
吹上山車組 「春の六条院」光源氏 舞楽の宴です。
夜間のライトアップが、一際目立たせてくれました。


2013後夜祭2


八戸中心街の十三日町の様子です。

十六日町山車組の「安珍・清姫 伝説」 蛇身・清姫です。

2013後夜祭1


八戸中心街の三日町の映像です。

三日町のさくらの百貨前も、たくさんの観客です。

2013後夜祭6


類家山車組 変化道成寺で敢闘賞受賞です。

2013後夜祭9

類家山車組 妖怪たちの表現がすごいです。

2013後夜祭10


空が暗くなると、一段と豪華な山車が引き立ちました。

2013後夜祭8


左のちょうちんがある所が八戸みろく横丁です。

八戸みろく横丁の前にも大きな山車が並びました。


2013後夜祭5


八戸のウミネコが飛んでいる山車もありました。

2013後夜祭4


八戸市庁前市民広場には、

小便小僧がおしっこをしているのですが、

小便小僧もお祭りの衣類を着ながら、おしっこを

していたので、おもしろかったです。


2013後夜祭7


お祭りの行列の最後を飾る華屋台です。

新井田附祭振興会「豊作加護」
三社大祭 七福神の山車引きの見返りの部分です。


お通りとお還りの行列最後には、風味のある華屋台で

「八戸小唄」の歌で、移動しながら披露されます。


2013後夜祭11


後夜祭もあっという間に終わり、お祭りの余韻を

残したまま、車に牽引されて運ばれる山車を

見送りました。


2013後夜祭11


日本一の山車まつり、豪華絢爛の八戸三社大祭を

たっぷり味わい感動させていただきました。




2012年八戸三社大祭の紹介

2012年八戸三社大祭お通り

2012年八戸三社大祭の中日

2012年八戸三社大祭のお還り

2012年八戸三社大祭お通りの虎舞

2013年八戸三社大祭の中日


八戸みろく横丁の紹介

八戸みろく横丁のせんべい汁

八戸みろく横丁のイカソーメン

八戸みろく横丁の虎舞


三陸復興国立公園の紹介

三陸復興国立公園のウミネコ繁殖地蕪嶋








八戸せんべい汁を探すなら、楽天市場へ

ポイント還元・送料無料・セール・アウトレットも充実。

http://www.rakuten.co.jp/




見て頂きありがとうございます。


ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

2013年八戸三社大祭の中日

ご訪問ありがとうございます。


2013年八戸三社大祭の中日を紹介します。


八戸三社大祭は日本一の山車まつりで有名で、

毎年7月31日から8月4日までのお祭りです。



八戸三社大祭も歴史も長く、

お祭りが始まって、約290年になります。



巨大な時代絵巻物が、立体化されたのが、

道路を移動していきます。



2013年は、三陸復興国立公園開園もあり、

盛り上がるお祭りとなりました。



2013年8月2日の中日では、

人気子役の鈴木福君も初観覧されました。



8月2日中日は夜間運行で、日中の運行より

人気が高く、大勢の観客で賑わいました。



2013年8月2日中日の夜間運行です。


2013年最優秀賞作品の山車
吹上山車組 「春の六条院」光源氏 舞楽の宴です。
夜間のライトアップが、一際目立たせてくれました。


2013八戸三社大祭中日1


三陸復興国立公園開園もあり、八戸蕪嶋を題材とした
山車もお目見えしました。
糠塚附組 七福神に見守られ弁天天像 
       蕪嶋神社へ里帰り


横、上が広がる前の糠塚附組の山車です
2013八戸三社大祭中日4


横、上に広がった糠塚附組の山車です
豪快な山車に変身します。

2013八戸三社大祭中日2


山車の見返りには、たくさんのウミネコが飛んでいます。
2013八戸三社大祭中日3


山車は、道路脇や電線などの障害物に

ぶつからないように、広がったり、狭くなったり、

高くなったり、低くなったりして

山車は移動していきます。



横に広がって、高くなった時が

迫力ある巨大山車になります。



2012年八戸三社大祭の紹介

2012年八戸三社大祭お通り

2012年八戸三社大祭の中日

2012年八戸三社大祭のお還り

2012八戸三社大祭お通りの虎舞


八戸みろく横丁の紹介

八戸みろく横丁のせんべい汁

八戸みろく横丁のイカソーメン

八戸みろく横丁の虎舞


三陸復興国立公園の紹介

三陸復興国立公園のウミネコ繁殖地蕪嶋


皆様で、盛り上げるお祭りですから、

たくさんの方々に、見て頂いたり、

応援された事は、感謝したいですね。



見て頂きありがとうございます。


ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ







2012年八戸三社大祭のお還り

ご訪問ありがとうございます。


2012年八戸三社大祭のお還りを紹介します。


八戸三社大祭は

毎年7月31日から8月4日まで行われます。

7月31日は前夜祭、8月1日はお通り、8月2日は中日、

8月3日はお還り、8月4日は後夜祭となります。



山車の運行は、8月1日〜8月3日です。

8月3日はお還りで、山車運行の最終日になります。


八戸三社大祭のお還るの様子を紹介します。

巨大になった豪華な山車で迫力があります。

道路巾いっぱい、高さもいっぱいまで広がった山車です。

巨大すぎて、呆然です。迫力が感じられます。

後ろから次から次と来るのが見えます。


お祭りの迫力さが皆様を

明るく元気にしていったよう思います。



巨大な山車26台参加で、次々来る壮大な山車の行列は、

日本一の山車祭りだけあります。



壮大な山車もありますが、ちびっこ虎舞もあります。

この虎にかじられて見ませんか。いい事ありますよ。

なんかかわいいですね。



ちびっこ虎だったら、小さなお子様も怖がらないの

ではないかと思います。


八戸三社大祭虎舞の関連記事



2012年八戸三社大祭お還りを紹介しました。



見て頂きどうもありがとうございます。


ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ







2012八戸三社大祭の中日

ご訪問ありがとうございます。


2012八戸三社大祭の中日を紹介します。


八戸三社大祭は

毎年7月31日から8月4日まで行われます。


8月1日はお通りという、昼の運行です。


8月2日の中日は、夜の運行になります。

この夜の運行の模様を、ご紹介します。



山車がライトアップされ、日中で見るより、また違ったイメージです。

今にも虎が飛び出してきそうな勢いです。

観客は、皆様が山車が移動してくるたびに、歓声と拍手です。

山車の上は、上下するようになっており、高くまで、上がった状態です。
上までずっと高く上がるので、正面から見ると、巨大に見えます。



昼と夜で両方が見れるのは、八戸三社大祭のいいところです。


毎年違う山車を製作しますので、

毎年違うイメージの山車が味わえます。



2012年の八戸三社大祭の中日を紹介しました。



見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ








2012八戸三社大祭お通り

ご訪問ありがとうございます。


2012年八戸三社大祭のお通りを紹介します。


八戸三社大祭は日本一の山車まつりで有名で、

毎年7月31日から8月4日までのお祭りです。



2012年は、復興の願いもあり、

盛り上がるお祭りとなりました。


皆様で、盛り上げるお祭りですから、たくさんの方々に、

見て頂いたり、応援された事は、感謝したいですね。



八戸三社大祭も歴史も長く、

お祭りが始まって、290年になります。


巨大な時代絵巻物が、立体化されたのが、

道路を移動していきます。




2012年8月1日お通りの画像です。


八戸中心街を立体の絵巻物が交差点を
曲がって来るところです。




この二車線の道路いっぱいの山車で、
奥行きも長く、巨大な山車です。




2012年最優秀賞作品の山車です。
すごい迫力の時代絵巻の立体です。




この山車の後ろ側は、復興に願いが書かれてあります。




山車は、これより横に広がり、

高さもこれより高くなる仕掛けになっています。


道路巾や電線などにぶつからないように、

広がったり、狭くなったり、高くなったり、低くなったりして

山車は移動していきます。


全開に広がって、高くなった時が

迫力ある巨大山車になります。



2012年八戸三社大祭のお通りを紹介しました。



見て頂きありがとうございます。


ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ





2012八戸三社大祭お通りの虎舞

ご訪問ありがとうございます。


2012八戸三社大祭お通りの虎舞を紹介します。



平成24年8月1日のお通りの中で、虎舞がありました。


この虎舞は、陸奥、陸中、陸前の三陸沿岸部に普及しています。

主に大漁祈願・家内安全・火伏せのために行われています。



踊りの内容は、荒れ狂う虎をササラを持った子供の純粋な

神通力と火ノ神ひょっとこ(火男)が導くというもので



それによって虎の霊力が悪魔払いや火伏せに対して効力を

発揮すると考えられています。



八戸地方では虎舞に頭を噛んでもらうとその年は病気に

ならないとか、頭がよくなるなどと言われています。



虎にかじられるのは、子供優先で、私は見てるだけでした。

その様子を紹介します。


ササラを持った子供が虎に乗っています。
ひょっとこ(火男)が虎の前にいますね。



虎が暴れまくってきました。二人で一匹の虎の演技してますね。


あー、小さな子供が食べられちゃいました。
無病で、頭がいい子供になればいいですね。




東日本大震災で、陸奥、陸中、陸前の三陸沿岸部が、

津波被害にあいましたが、大漁祈願・家内安全・火伏せなど、

復興の願いが虎舞にこもっています。



見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ




   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。