広告

posted by fanblog


年齢が若いのに老け顔になってきた?

ご訪問ありがとうございます。


年齢が若いのに老け顔になってきた?


そんな方に、老化に関する記事が

ありましたので紹介します。



老け顔の人は、早死にする可能性が高いという

研究結果があります。



老化は、外見の老化と体内の老化は、

密接に関係していると、考えられています。



近年注目を集めているのが、AGEsという物質です。


AGEs(エイジズ、エイジス)呼ばれる

老化物質の存在が発見された。



AGEs(エイジズ、エイジス)というのは、

「後期糖化生成物」一般を指すという意味になっている。



外部記事では、AGEs(エイジズ、エイジス)ではなく

AGEという名前で、紹介されておりました。



AGEとは何か

終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)

を指すという意味になっており、

「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のことです。



強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。


老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のシミ・シワや

認知症などかもしれませんが、それだけではない。



AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、

骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障の

一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を

及ぼしていると言えます。



体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなる

AGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが

大切だと言われています。



AGEをいままでどれだけ溜め込んできたかが、重要です。


AGEの量は、高熱で調理された揚げ物やファーストフードの

類い、甘い炭酸飲料にはAGEがたっぷりと含まれています。



いままで、紫外線をどれだけ浴びてきたかで皮膚にAGEが

どんどんできてくることも報告されています。



どれだけAGEを含んだ食べ物を頻繁に口にしたか、

紫外線対策をどの程度しっかりと行ってきたかでも

たまってくるAGEの量に違いがでてきます。



ストレスやタバコの喫煙で、AGEsが増える。


日常の生活でいずれも注意したい内容ですね。



日常の体を老化させない抗糖化のために出来る事


1、高熱で調理された揚げ物やファーストフードは、

  AGEの量が増える。食品をゆでる・蒸す・煮るで

  AGEの量を減らす。



2、加工食品やファーストフードをできるだけ減らし、

  出来るだけ自然な食品を食べる。



3、早食いは、食後に高血糖になるので、食事は

  ゆっくり時間をかけて食べる。



4、食事は野菜→タンパク質→炭水化物の順にとる。


5、お菓子やケーキなど、甘いものを必要以上に

  食べない、または、大量にお菓子を買わない。



6、運動不足を解消し、適度な運動を取り入れる。


7、ビタミンB1は糖化を防ぐ効果があるので、積極的にとる。

  
  ビタミンB1を含む食品

  豚肉、うなぎ、ぶり、落花生、ナッツ、たらこ、大豆、ごま、

  そらマメ、エンドウマメ、枝豆、きな粉、玄米、大麦そば



  ビタミンB1含有量一覧


8、タバコを禁煙する。


AGEの最新情報

平成25年8月3日に、AGE測定推進協会の記事で

糖尿病のラットに

オレンジやライム、レモン、柚子など柑橘系の

果物に含まれるクエン酸を毎日摂取させたところ、

AGEの産生が抑制された、

という実験結果が発表されています。




体内のAGE値を測定する方法もあるようです。

気になる方は、医療機関へ相談されてみては

いかがでしょうか。




参考関連記事


AGE測定推進協会

AGEs - ウィキペディア - Wikipedia

ヤフー知恵袋 記事 一部参照

エイジングとか、アンチエイジングって何?


参考関連書籍








見て頂きありがとうございます。


ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ












コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。