広告

posted by fanblog


日本式キムチと韓国式キムチの違いの重要性

ご訪問ありがとうございます。


日本式キムチと韓国式キムチの違いの重要性



韓国式白菜キムチ


キムチ(김치)とは何か?


キムチ(김치)は、白菜などの野菜と、塩、唐辛子、魚介塩辛、

ニンニクなどを主に使用した漬物です。



朝鮮半島で生まれ、現在は世界各地で食されるようになった。


唐辛子の強い刺激、野菜の甘味、乳酸発酵による酸味、

うま味と塩辛さが混じり合った風味が特徴です。



キムチの作り方で、

魚介類(もしくは魚醤や塩辛や塩あみなどの漬物)や

ニンニクなどを使用しているキムチは、刺激や匂いに特徴がある。



キムチには、日本式と韓国式があります。


日本式では、

浅漬けの製法(白菜の塩漬けに調味料を加える方法)で

キムチが作られており、浅漬けキムチ、和風キムチと言われます。



日本式のキムチは、化学調味料(グルタミン酸ソーダ等)で

味を補うものがほとんどです。本来使うべき魚介類

(アミやイワシ等)の塩辛類を全く使わないものが多い。



キムチの乳酸菌は、魚介塩辛に由来するものがほとんどなので、

発酵による酸味では無く、人工的に酸味料などで酸味を演出する

ような国産キムチも多いが、乳酸菌の効果はあまり期待できない




韓国式では、


韓国本来の製法では魚介の塩辛が発酵し、濃厚なうまみとともに、

酸味が生まれる。この発酵臭とニンニクや魚介の香りが混ざった

強い臭気が伴うので日本では好みが分かれるようです。



多くの日本のスーパー等で販売されている国産のキムチは、

浅漬けに調味液によるキムチ風辛み味付けをした物で、

味覚的にはあっさりした物が多い。




キムチの乳酸発酵されているか、されていないかが問題になる。

日本産でも、しっかり本来の韓国キムチ製造で、作っている商品は

乳酸菌の効果があるということになります。



お店で買う時は、成分表で、魚介類(もしくは魚醤や塩辛や塩あみ

などが入っていると、乳酸菌の期待できそうです。



是非、しっかり見て、購入して見てはいかがでしょうか。


納豆キムチの効果と効能

見て頂きありがとうございます。


ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ






コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

こんばんは。

キムチの製造法に違いがあるのは知りませんでした。
食べるだけなら国産を買うことにします。

ポチ完了です。
ワゴンR|2013年09月03日(Tue) 22:52
   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。