広告

posted by fanblog


東京駅にある銀の鈴

ご訪問ありがとうございます。


東京駅にある銀の鈴を紹介します。


東京駅の地下一階にある銀の鈴。

銀の鈴


何気なく、待ち合わせ場所として利用されている方も

多いのではないでしょうか。



この銀の鈴は、東京駅の駅員さんのアイデアで

作られて、誕生したものです。



銀の鈴の歴史は、1964年に東海道新幹線の開業や

東京オリンピックの開催に伴って、東京駅の利用者が

増加していた。そこでわかりやすいように待ち合わせ

場所を作ろうと提案がされ、1968年に今と別な場所の

1階の新幹線乗換口前に設置されました。



初代の鈴は、ダンボールに銀紙を貼った手作りのもの

でした。これが反響を呼んだため、

1969年には2代目の鋳銅製の鈴で、

鈴の音がなる仕掛けになっていました。



1985年に、3代目の銀の鈴。

1994年に、現在の4代目の銀の鈴として、

地下1階の現在の場所に移されました。



そもそも何で、待ち合わせに鈴なんだろう。


鈴といったら、神社に行くと、拝殿に仕掛けられた

鈴があります。神社では、参拝前に鳴らす鈴は、

神様を呼び集めるためのものですが、

これをヒントにして、人が集う場所という意味を

込めたものとして誕生しました。



東京駅では、毎日大勢の方が行き来しています。

乗り換えだけで、東京駅を通過する方も多いと

思いますが、時間に余裕があれば、新東京駅の

完成した姿や東京駅の地下1階にある銀の鈴を

見学されてはいかがでしょうか。



東京駅リニューアルした外観

東京のおみあげって何!

東京駅AR設置マーカー


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ













コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。