広告

posted by fanblog


東北郷土料理の味 宮城の油麩丼

ご訪問ありがとうございます。


東北郷土料理の味 宮城の油麩丼を紹介します。


油麩丼は、宮城のB級グルメです。


油麩丼


油麩丼 一覧



油麩丼も由来について


宮城県登米市では油麩丼(あぶらふどん)と呼ばれるが、

他の地域では「仙台麩丼」(せんだいふどん)と呼ばれる。


1980年代に生まれたとされるが、

詳細な発祥時期は不明である。



宮城県登米郡登米町(当時。現・登米市の一部)にある店において、

肉を食べられない人のためにカツ丼あるいは親子丼の代わりとして

提供し始めたのが最初とされる。



その後は登米町の一般家庭にも浸透していった。


カツ丼のカツの代わりに油麩(仙台麩)を使うところ以外は

基本的にカツ丼と作り方が同じであるが、

油麩(仙台麩)がカツより水分を多く吸収するため、

だし汁を多めに使用する必要がある。



人によって、お肉が食べれない方には、

カツの変わりになるので、

昔の人の知恵というか、今も受け継がれていますね。



油麩丼のレシピ

全国油麩丼のお店(食べログ)


宮城には油麩丼のほかに、宮城の油麩はっと汁も有名です。

東北郷土料理の味 宮城の油麩はっと汁と油麩の由来


是非、宮城の油麩丼を味わって見てはいかがでしょうか。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

製菓材料


プレゼントにぴったりなロールケーキタワー


カップケーキ・ウーピーパイのチャプチーノ


『週刊ダイヤモンド』定期購読なら最大45%OFF!特典&全国送料無料









コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。