広告

posted by fanblog


まぐろ(鮪)のトロと赤みの栄養

ご訪問ありがとうございます。


まぐろ(鮪)のトロと赤みの栄養の紹介をします。


まぐろは、食生活でお刺身やお寿司などで、

よくお目にかかる食材です。



まぐろ寿司


外国では、日本料理として、お寿司が大人気で、

ヘルシーな食べ物として、親しまれています。




まぐろの栄養はどうなっているのでしょうか。


まぐろ赤身部分は高たんぱく、低脂肪で、

必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質が

豊富に含まれています。



血合い部分にはビタミンE、鉄、タウリンなどの栄養成分が

豊富に含まれています。


まぐろ刺身(赤身)
まぐろ刺身


トロ部分には、血中のコレステロール値を下げたり、

血液をサラサラにする効果があり、

生活習慣病の予防も期待される、DHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)などの不飽和脂肪酸が

豊富に含まれています。



トロのビタミン類ではビタミンAとDが赤身の約3倍以上、

ビタミンEが2倍以上含まれています。



トロは脂質が多いので、食べすぎに注意です。


まぐろ刺身(トロ)
まぐろ刺身トロ


以上が赤みとトロの栄養素です。


近年、マグロの栄養素のうち、DHAやEPAが注目されています。

このDHAやEPAは、

中性脂肪とコレステロールを減らして血液の粘度を下げ

て血栓を予防する働きがあります。



脳梗塞や心筋梗塞などを防ぐだけでなく、脳血管障害が

原因で起こる老人性認知症の予防や治療にも有効と

言われています。




脳梗塞や心筋梗塞はいつ誰が起こるかわからないし、

年齢が若いからといってならないとは限らないです。



こういう梗塞などの、血栓が出来ないようにする、

薬などはあるにしても、薬物中毒で、飲まないと、

直らないようでは、どうしようもなくなります。



日頃からこういう食生活での改善は大事ですね。


是非、まぐろを召し上がる時には、このような良い

効果がある事を考えて食べてはいかがでしょうか。



詳しいまぐろカロリー量目安の関連


吉川友 長田成哉 CM かっぱ寿司 特急レーン篇


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ















コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。