広告

posted by fanblog


2013インフルエンザの状況(2月15日発表)

ご訪問ありがとうございます。


2013インフルエンザの状況を紹介します。


平成25年2月15日の厚生労働省発表の


インフルエンザ発生状況を見ると、

インフルエンザのシーズンに現在入っており、

各地でインフルエンザが蔓延しています



前回よりインフルエンザの状況は2週連続減少してきています。


都道府県別では愛知県(42.47)、鹿児島県(40.69)、

新潟県(39.62)、愛媛県(36.52)、広島県(34.48)、

岩手県(34.19)、富山県(32.38)、秋田県(32.11)

の順となっている。

カッコ内は定点あたりの報告者数です。



年齢群別では5〜9歳約25万人、0〜4歳約20万人、

10〜14歳、30代がそれぞれ約19万人の順


44都道府県で前週の報告数よりも減少がみられた。


国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、

AH3亜型(A香港型)の割合が最も多く検出されている。



以上の結果となっています。


インフルエンザ



インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、

くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、

鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。



インフルエンザは全体では、2週連続減少してきていますが、

各地で、まだ蔓延している状況で、警戒は必要です。



油断は禁物ですので、

うがい、手洗いなどしっかり、外出した後は、必ずしましょう。


インフルエンザの詳しい内容、予防はこちらをご覧ください。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ













コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。