広告

posted by fanblog


東北郷土料理の味 岩手の ぬっぺ汁

ご訪問ありがとうございます。


東北郷土料理の味 岩手の ぬっぺ汁を紹介します。


ぬっぺ汁は岩手県の郷土料理です。

ぬっぺ汁は、豆腐入りのすまし汁の上に

とろろを添えた汁物である。


とろろ汁


寒い冬の夜、体が温まる汁物として、たいへん好まれています。


このとろろですが、山芋をすり鉢かおろし金ですりおろし、

酢を少々、大根のしぼり汁、砂糖、卵を加えて作ります。



出汁ですが、かつお出汁、醤油(しょうゆ)、塩で作ります。

豆腐をいれて、煮すぎない様にします。



最後に、作ったとろろをいれて出来上がりです。


とろろ

また、とろろの変わった風味で、いいですね。


山芋の栄養と効能どうなのか。


山芋の栄養は、良質な、たんぱく質が豊富で、ビタミンB1、

ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、カリウム、食物繊維なども

比較的多く含まれています。



山芋の効能は、疲労回復、虚弱体質の改善、免疫力のアップ

消化を助ける働きがあります。



ネバネバは「ムチン」という栄養成分で、

このムチンもでんぷんの消化、吸収を圧ける働きがあります。



ビタミンB1は、食べ物の糖質(炭水化物)を

体のエネルギーに変える働きがあります。



ビタミンB2は、脂質を体のエネルギーに変える働きがあります。


ビタミンB6は、でんぷんをアミノ酸に分解して、体の筋肉、

骨、内蔵、ホルモンなどを合成するときに必要な栄養です。



その他、カリウムは体内の余分なナトリウム(塩分)を排出して、

高血圧や心臓病などを予防する効能があります。



この山芋のシーズンは、11月から2月が旬の時期です。

食べ方はさまざまで、山芋を切って食べる方法、とろろにして、

ご飯やそば、うどんにかけて食べる方法があります。



ぬっぺ汁のように、汁物にかけて食べる郷土料理もあり、

ご家庭でも簡単につくれますので、健康管理、風邪予防に、

是非食べてほしい一品ですね。







東北郷土料理の味 一覧


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ












コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。