招き猫左手右手どっちがなに?

ご訪問ありがとうございます。


招き猫左手右手どっちがなに?を紹介します。


猫は、縁起かつぎで有名で現在も愛されていますね。

十二支の話を聞いたことあると思いますが、

何故、猫は十二支にいないのか。

不思議だと思いませんか。



昔やっていたまんが日本昔話でやっていました。


神様が動物達に、「元旦に新年の挨拶に来るが良い。

そしたらその中の、1番から12番までをその動物の年に

してやるぞ。」とおふれを出したのです。



猫は、行く気まんまんで、ねずみにいつ行くのか聞いたら、

ねずみが二日の朝ですといったらしい。



猫は、二日にいって、まんまとだまされて、十二支に入ることが、

出来なかったのです。






そんなエピソードでございました。


招き猫(まねきねこ)は、前足で人を招く形をした、猫の置物。

猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除するため、

古くは養蚕の縁起物でもあったが、養蚕が衰退してからは

商売繁盛の縁起物となっている。



左手を上げた招き猫


左手を挙げた猫は開運とお客様を招くと云われております。

開店祝いや引越し祝いに向いています。


招き猫

右手を上げた招き猫


右手を挙げている猫は金運を招くと云われています。

金運を招くので宝くじを買ったときなどに適しています。


招き猫1


さて、あなたは、どちらを選びますでしょうか?

ほとんどは、金運のほうに目がいってしまうかな。



見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ











コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る