広告

posted by fanblog


タンパク質の知っておいてほしい事

ご訪問ありがとうございます。


タンパク質の知っておいてほしい事を紹介します。


私たちのカラダに必要な三大栄養素は「脂質・糖質・タンパク質」。

その中の一つがタンパク質になります。







私たちのカラダは、約60%が水分、

そして約20%がタンパク質でできています。

残りは脂肪約10%です。




タンパク質が不足するとどうなるのか。


タンパク質不足で基礎代謝が低下

タンパク質が不足すると、筋肉の量が減ります。



筋肉の量が減るということは、

基礎代謝の量も減るということです。



代謝の量が減る と運動をしても脂肪が燃えにくくなり、

ダイエットの効果が下がってしまいます



からだの恒常性を維持しているホルモンや、

異物からからだを防衛している免疫の働きが悪くなり、

抵抗力が弱まって、

感染症をはじめとした病気にかかりやすくなります



タンパク質はカルシウムとともに骨の主要成分で、

カルシウムの吸収を助ける働きもするので、

タンパク質不足は骨をもろくします



タンパク質には鉄分の吸収を助ける働きもあるため、

タンパク質不足は鉄分の不足にもつながり、

貧血を招く結果にもなりかねません



その他にも、抜け毛、下痢やむくみなどの症状

出る場合もあります。



なんだか、タンパク質の不足は、

ろくな事がない、内容ばかりですね。




タンパク質はどういう食品があるか。


魚類(アジ、イワシ、サンマ、サバ、鮭、マグロ(脂身)、

ウナギなど)、肉、卵、牛乳、納豆などです。



肉、牛乳は脂肪多く含まれているので、

筋トレで、筋肉をたくさん付けたい方には、お勧めです。



ダイエットなどをお考えであれば、牛乳は低脂肪牛乳や

卵など、脂肪が少なめのものが、良いですね。



一日のたんぱく質の必要量

(成人男性で1日に60g、女性で1日50gが必要な量)


タンパク質の食材も多いので、

下記のたんぱく質の含有量一覧表をご確認ください。

食品100g当たりのたんぱく質の含有量です


タンパク質含有量一覧表


タンパク質の食べ物は食中毒が多い。




ボツリヌス菌による食中毒

腸炎ビブリオによる食中毒

サルモネラによる食中毒




タンパク質の食中毒予防の共通点


食品の鮮度に気をつける。

温度が高い場所に食品を放置しない。

調理する時、食べる時には手をよく洗う。

できるだけよく加熱してから食べる。



一番は、古い刺身や古い生肉など食べない事ですね。



タンパク質に関しての結論

タンパク質は、体に必要なものです。

食べ過ぎるのも、肥満の原因で、よくありません。


適度に一日のたんぱく質は必要量を確認して、

摂取していきましょう。


ただ、アレルギーの方もいると思いますので、

自分にあったタンパク質を取るのが、よいでしょう。



たんぱく質は体の修復に必要で、からだの抵抗力を

高める免疫抗体の主成分です。


詳しくは下記をご覧ください。

風邪の予防に良い食べ物(関連記事)



見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

製菓材料


プレゼントにぴったりなロールケーキタワー


カップケーキ・ウーピーパイのチャプチーノ










コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。