広告

posted by fanblog


風邪の症状に効果がある食べ物

ご訪問ありがとうございます。


風邪の症状に効果がある食べ物を紹介します。


風邪の予防をしたが、残念ながら、ウイルスに

体に進入されて犯されてしまった。



体の内部で、免疫細胞とウイルスとの戦争が開始です。



いろいろと、熱、せき、くしゃみ、鼻水、頭痛、だるい、

関節が痛いなど、症状出ているなら、迷わず病院、

診療所へ行った方がいいでしょう。




一番怖いのは、風邪が原因で他の病気に

発展してしまう事です。それこそ大変ですね。



医療機関から処方される薬を飲んで、ゆっくり休養

をとりましょう。





処方される薬は、薬局の薬剤師さんに何の薬かは、

きちんと確認しましょう。



もし副作用で悪化する場合は、すぐ診療所へ相談

しましょう。飲まないで直った場合もあります。




風邪の症状を和らげたりする食べ物を紹介します。


一つ目に、水分補給です。

具合悪い時は、食事量が減ります。

また、ウイルスとの戦いで、水分を消耗します。

その分、水分補給が必要になります。



二つ目に、紅茶を飲む。

紅茶に含まれるテアフラビンは殺菌力が非常に強く

ウイルスの増殖を防ぎます。


特に、ハーブティーが効果があるようです。

カモミールティー、シナモンティー、ミントティーです。



三つ目に、ビタミンCを多く取る。

ビタミンCは、風邪のウイルスに対する抵抗力を

高める働きがあります。



ビタミンCを含む野菜、果実をとりましょう。

りんご、みかん、なし、いちご、ゆず、さつまいも

じゃがいも、栗、グレープフルーツ、キャベツ、

パセリ、ブロッコリー、キウイフルーツ、れんこん、

ほうれん草など。



ビタミンCの1日の栄養所要量は50mgです。

しかし、ウイルスに感染した場合は200mgは

最低必要とされています。



参考でみかん一個あたり30mgです。

いちご一個あたり20mg、ジャガイモ一個あたり

30mg、さつまいも中くらい一本70mgです。



四つ目 その他


ネギ、しょうがは、血行促進、発汗作用と熱を下げる効果があります。

大根は、喉の痛み、せきを和らげる。痰を切るのによい。

ニラは、胃腸が弱った時効果がある。

梅、しそは、解熱作用がある。

みかんは、せきや痰を止める作用がある。


卵酒は、卵白に含まれるリゾチームは、細菌を溶かす働きがある。

     お酒は十分な眠りにつけるようにするのに役立つ。

葛湯(くずゆ)は、体を温め、悪寒などの症状を和らげ、

     熱が高い時は、解熱の効果がある。


風邪に感染してしまったら、体を温めて、

ゆっくり休養し、睡眠を多くとる方法しかありません。




風邪を引かないのが一番です。

風邪予防をしっかりしていきましょう。



見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

らでぃっしゅぼーや









コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。