広告

posted by fanblog


風邪の予防に良い食べ物

ご訪問ありがとうございます。


風邪の予防に良い食べ物を紹介します。


風邪は万病の元。

風邪をひきやすい人と風邪をひきにくい人がいるのは、

日ごろの食生活が強く関係しています。



風邪をひきやすい人は、

しっかりと野菜や果物を食べてますか?





風邪予防には

ビタミンAとビタミンCを摂取することが大事です。



それでは、

風邪の予防に良い食べ物を紹介します。



一つ目は、水の補給です。


ウイルスは、水が苦手なのです。

適度に約1時間に一回は、

水分を補給し、喉を潤しましょう。





二つ目は、ビタミンA、βカロテンです。


ビタミンAβカロテンを含む野菜をとりましょう。

ビタミンAを多く含む食品

レバー、ウナギ、アナゴ、牛乳、卵、

乳製品(チーズ、ヨーグルト、生クリームなど)



ニンニク・ニラ・ネギ・ショウガなど「精のつく野菜」

また大根・キャベツ・たまねぎなどの「白い野菜」



ビタミンAは、ウイルスの進入を防ぐ体の粘膜を

形成する働きがあります。



これが不足すると、ウイルスが体に進入しやすく

なります。



βカロテンは、体に入ると、適度にビタミンAに、

変化するものです。



三つ目は、ビタミンCです。


ビタミンCを含む野菜、果実をとりましょう。

りんご、みかん、なし、いちご、ゆず、さつまいも

じゃがいも、栗、グレープフルーツ、キャベツ、

パセリ、ブロッコリー、キウイフルーツ、れんこん、

ほうれん草など。



ビタミンCは、風邪のウイルスに対する抵抗力を

高める働きがあります。



ビタミンCの1日の栄養所要量は50mgです。

参考でみかん一個あたり30mgです。

いちご一個あたり20mg、ジャガイモ一個あたり

30mg、さつまいも中くらい一本70mgです。



四つ目は、たんぱく質


たんぱく質は体の修復に必要で、からだの抵抗力を

高める免疫抗体の主成分。

たんぱく質を多く含む食品

魚類(アジ、イワシ、サンマ、サバ、鮭、マグロ(脂身)、

ウナギなど)、肉、卵、牛乳など。




五つ目は、唐辛子です。


こちらは、白血球の働きが活発になり、ウイルスへの

抵抗力が増します。




六つ目は、紅茶です。


紅茶に含まれるテアフラビンは殺菌力が非常に強く

風邪やインフルエンザの予防にも効果を発揮します。



七つ目は、緑茶です。


緑茶に含まれる、カテキンには、強い抗酸化作用

からくる免疫力の強化や風邪の予防効果があります。

またビタミンCも豊富に含まれているのも、効果が

あります。




八つ目は、納豆、山芋、オクラに含まれる、ムチン

納豆や山芋に含まれるヌルヌル成分 ムチン


「ムチン」は納豆や山芋などの粘りの成分です。

ムチンは、人の体内では気管や消化管、

目などの粘膜の表面をカバーし守ってくれて

いるのです。



このおかげで、風邪やインフルエンザなどの

感染症にかかりにくくする効果があります。



九つ目はヨーグルト、納豆キムチ


ヨーグルトや納豆キムチなど腸内環境を整えて、

免疫力を高めます。


ヨーグルトR-1乳酸菌は最近、注目されています。




その他、ビタミンE、硫化アリル、亜鉛、フコイダン

ビタミンDは、免疫を高める働きがあります。



たくさんありますが、ビタミンAやビタミンCは、

基本で、摂取していった方が、予防になりますね。



日頃から風邪の食生活の予防もしていきましょう。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

製菓材料


プレゼントにぴったりなロールケーキタワー


カップケーキ・ウーピーパイのチャプチーノ










コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。