広告

posted by fanblog


秋保温泉奥州の名湯

ご訪問ありがとうございます。


仙台で有名な秋保温泉(あきうおんせん)を紹介します。


秋保温泉(あきうおんせん)は、宮城県の鳴子温泉、

福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯になります。




秋保温泉は仙台中心街から車で20分〜30分の

所の近い位置にあります。



そのため、宿泊温泉も利用できますが、日帰り入浴の

利用も出来る温泉です。




秋保温泉の由来は、


開湯時期は不明だが、古墳時代にはすでに存在したと

する説も存在する。秋保温泉が歴史に登場するのは、

第29代欽明天皇の代である。在位中(531年〜539年)に

小瘡(皮膚病)に感染し、八方手を尽くして治療を行った

ものの一向に治らなかったが、秋保温泉の湯を搬送させ

入浴したところ数日で全快したとされる場所です。



秋保温泉は皇室の御料温泉の一つとして位置づけられ

「御湯」の称号を賜われております。



秋保温泉の泉質と効能を紹介しましょう。


秋保温泉は、一種類の泉質になります。

泉質  ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

効能  切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童





私はこの秋保温泉を、2回宿泊して、まったりと

温泉や料理を満喫して体を癒しました。



たくさんの温泉ホテルが立ち並んだ温泉街です。


秋保温泉の読み方は、初めて見る方は、

間違って、あきほおんせんといいそうです。

正しくは、あきうおんせんです。



531年といわれても、ぴんとこないと思いますが、

聖徳太子が登場する以前の古墳時代です。


だいぶ結構古くから、ある温泉ですね。


泉質は一種類ですので、選ぶ必要はありません。

温泉のお湯は、無色透明ですね。


秋保温泉施設では、泉質が同じなので、ホテルや旅館選びが、

重要なポイントになってきますね。



仙台市街が近いので、温泉と観光を一緒に楽しめる

スポットです。



仙台へご旅行の際は、秋保温泉もありますので、

是非、温泉もご利用ください。



詳しくは、秋保旅ガイド情報をご覧ください。

↓  ↓  ↓

秋保旅ガイド (秋保温泉旅館、秋保観光施設、秋保グルメ情報)







東北癒し温泉情報 一覧

東北郷土料理の味 一覧


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ












コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。