2018年08月08日

危ない高齢者が多い

最近やけに怖いというか、危ない高齢者が多い。

今日電車降りようとドア付近で立っていて、ドアが開いたら降りるのが先なのに、高齢のじいさんが俺のことお構いなしに強引に電車に入ってきた。

俺も思わず「なんだよこのクソじじい!」と怒鳴ったが、聞こえてないんだろうね。

この前だって俺の目の前を歩いたいた高齢のじいさんが、突然持っていたゴミ袋、しかもたぶん弁当の食べ残しが入ったのを横の上水に投げ込んでいた。

俺が後ろにいるのに何考えているんだ?

あまりにムカついたんで、そいつの前に割り込んでやったけど、注意できなかった。

んー。今は注意しちゃいけない世の中なんですね・・・

多分正義感で文句を言っても相手が逆切れしてくるだろうし、

そんな高齢者と喧嘩したら俺が勝つに決まってる、しかもそんな高齢だから命落としてしまうかもしれない。うかつにそんなのと喧嘩などできない。

でもそんな高齢者に限って逆切れしたり態度悪かったり、喧嘩吹っかけたりしてくるんだよね。

でもやらんけどね。

そもそも俺より倍近く生きているようなじいさんに何言っても無駄。

できない人間なのよ。いい歳こいて。

そんな高齢者に相手するだけ無駄。

少なくてもそんな輩にも存在意義はある。

それこそ、我々は奴らのようにならないための反面教師の先生だ!

悪い見本!こんな老人にはならない!ってね!
posted by 40ojisaninfo at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社

2018年08月05日

東京医科大の不正採点問題について

東京医科大の試験で女性の採点を意図的に操作し、落としていたという問題でサンジャポで西川史子が思いもよらぬ発言をしていた。この記事

はじめは、何でこんな不正なことやっているんだろうと思っていたが、西川の発言はすごい説得力がある。しかも同じ女性の発言だ。

いわく、女のほうが頭がイイ。これはそうかもしれない。そうなると、

女性が成りたい医療の先生ばかりが増えてしまい、男手が必要な医師が減ってしまう。なので操作しているのだと。

操作は良いとは思わない。いや、悪い。

だけど、男女の比率を考えるときにやむなしとも思える。

男尊女卑とか、男女平等という風潮があるが、どうしても体格的、性格的な問題で男がメインになることだって多い。

話は飛ぶが、とび職って女ができるだろうか。一部の屈強の女子はできるが、大多数の女子ができる仕事じゃない。そもそもとびって男すら厳しい仕事だ。

なので必ずしも男女平等である必要はない、持ち場持ち場というのがあるので、適材適所で頑張ればいい。

西川史子!やるな!俺と同じ年だけどね。

俺は賛同するな。
ブログランキング
応援おねがいしますm(__)m
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
最新記事
リンク集
プロフィール
日別アーカイブ