リンク集
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
最新コメント

広告

posted by fanblog

2016年03月21日

不動産屋さんのかわいい営業マン

昨日の帰り道、気になる看板を見つけました。

「リフォーム済賃貸物件、18000円から30000円」
確かそんなことが大きく書かれていました。
写真はきれいにリフォームされた室内。部屋数も1k、1LDK、2LDKと
ちょうど探している範囲でした。

ところが川の橋沿いにかかっていて交差点でもあり、夕方のラッシュに押されて留まることもできず連絡先の電話番号を覚える時間がありませんでした。
今日は先にそこへ行ってみようと意気込んで、午前中もう一度あの看板のところに行きました。
川を渡って、売地看板のある古い建物の駐車場に入り、看板まで行きました。すると昨日振り返れば見えた位置に、青い長屋のようなアパートが見えました。そのベランダにも同じ看板がかかっていて
ははあここだなと思いました。
その場で電話をかけましたら、外国人の女性がでました。
「アー、スイマセン、もういっぱいです」
満室なのか。看板が目立ちすぎて喜んでしまったではないか。

こういうのを良い広告というんだろうな。

無いなら仕方ないので、ついでに近隣を周り、この近くに不動産屋があれば寄っていこうかと思いました。
ネットで賃貸物件を探すと、同じアパートでも複数の業者が名を連ねていたりする。
わかりやすく同じ写真を使うし、値段もいっしょなのでこちらからすればどこでも連絡がつけばいいと思いますよね?
ある駅の周辺に、値段の手ごろな物件があったが、同じ建物の複数の空室を取り扱う会社は5社!
5社全部がすべての空室を管理しているのだろうか。
目星をつけた物件には、昨日も言ったさくら屋さんもあったのだが、
違う不動産屋ならば他の違う物件を知っているかもしれない。
ネットが普及しているが、この差は見えにくい。
ナビで向かってみた。電話すればよかったのだ。休みだった(^^;

仕方ないので(ひどいなあ)さくら屋さんに行った。
電話しないで行きましたら、昨日の親切なベテラン男性はおらず、昨日隣で接客していた女性が出てきてくれた。
アパートの場所と値段を言うと、ネットで見ていたアパートを探し当てて印刷してきてくれた。複数ある同じ建物の空室の中から一つを選び、連れて行ってもらった。
思った以上にきれいな部屋で即決した。

物をかう(今回は借りたのですが)ときは、私の場合直感で即決してしまう。
値段、部屋数、駐車場の有無など普通の件ももちろん重要だが、
雰囲気、嬉しいと思うか、欠点を探し出しても許せるか、
あとはやっぱり売り手の人柄だと思う。
いくらいい物件でも、こいつから買うものかと思ったら絶対買わないですよね。
若いお姉さんは最初は緊張していたが、質問には正確に答えてくれたし、気さくな世間話もできる余裕があって好感が持てた。
相性もあるでしょうが、わからないことはわからない、調べますという姿勢。
いいものはいいという姿勢。
今回は私もたくさん話ができたので、現地で部屋に入ったとき、彼女もテンションが上がり

「いいですね!私も住みたい!」と言ったのだ。

こういうの、大事だなあって思いました。
ミスった…名前聞いてないんですよ。
おねえさんありがとう。気持ちよく即決できました。
ご縁がありましたら足利のさくらや屋さんに行ってみてください。たぶんこの人だなあって思える人が数人います(笑)
女性がきびきび働いていて、スタッフ同士が支えあっている印象を持ちました。

あとは私が審査に通るかだ(^^;

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★

2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!

■■■■回答者全員に5000円!!■■■■



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4871999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。