google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2020年07月31日

書評−旧友再会



今回は重松清著の「旧友再会」を取り上げてみた。重松氏と云えば「ビタミンF」
「流星ワゴン」「疾走」「ナイフ」「その日の前に」など、数々の名作を送り出し
ていますが、今回の「旧友再会」も特に「団塊の世代」と言われる人たちには、大
いに共感を持っていただけると思います。かく言う私もその一人ですが。

この短中編集は5つの物語で構成されています。
  @ あの年の秋
  A 旧友再会
  B ホームにて
  C どしゃぶり
  D ある帰郷
この内、どしやぶりが中編で、ある帰郷が超短編。
全編に共通するテーマは、ふるさと、親の介護、家族、旧友再会、仕事とは、そし
て生きるとはなど。結構重いテーマもありますが、物語は余り重さを感じさせず、
淡々と進んでいきます。

私が一番胸を打たれた物語は、「あの年の秋」でした。
博史君の家族はお父さんの三郎さん、お母さんの智恵子さん、お姉ちゃんの優子さ
んの4人家族。ある日お父さんから、おばあちゃんを3月まで預かる事になったと
の話。おばあちゃんはちょっと恍惚の人になってるみたいで心配。そしてそのおば
あちゃん君江さんは戦争で大変な苦労をし、悲しい思いをした人でした。

君江さんは戦争でご主人と長男と四男を失ってしまったのです。その後戦死と思わ
れていた横井庄一さんがフィリピンで生きていたというニュースを聴いて、長男の
隆一郎さんも生きているのではないかという考えが頭から離れず、軽い認知症もあ
って、精神が不安定になる事もあったのです。そんな君江さんを博志君一家は、当
初心配していましたが、認知症もひどくならず、落ち着いた生活が過ぎていきまし
た。

パンダの初来日のニュースが取り上げられ、博史君は早速三郎さんに上野動物園に
見に行く約束を取り付けた頃、またまたフィリピンで小野田さんが発見されたとの
ニュースが届き、君江さんの精神も不安定になるのですが、堪えている姿が痛まし
い程です。

ある日博史君がおばあちゃんの部屋で、パンダが来たら上野動物園に見に行く約束
をお父さんとした事を話したら、突然おばあちゃんの様子がおかしくなってしまっ
た。そしてキリンの赤ちゃんを見に行こうねと呟いた。そしてそれはまだ君江さん
の長男や四男が生きていた頃、家族全員で上野動物園にキリンの赤ちゃんを見に行
った時の思い出がよみがえったのだった。

それを聞いたお父さんの三郎さんが当時を思い出し、お兄さん家族も誘って、みん
なでおばあちゃんの為に、上野動物園にキリンを見に行くことを提案。当日、三郎
さんが途中から君江さんをおんぶして、それをみんなが励ましあって、思いやりの
ある楽しい行楽となった。

人は誰でもいつかは老いさらばえ、誰かの世話になってこの世を閉じる。それでは又。

旧友再会

新品価格
¥1,760から
(2020/6/10 16:12時点)





【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
株式投資ランキング










posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集