google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2014年07月04日

うねり取りの最適商材



今日は今まで理論的にも、実践的にも、建て玉の操作技術で株式相場
の世界を乗り切っていきましょうと紹介してきた、「うねり取り」の最適商材
について説明したいと思います。

まずは単刀直入に申し上げますとその商材は相場師朗(あいばしろう)先生
の7step株式投資メソッドです。
【相場師朗】 7step株式投資メソッド



正直申し上げると、株式、FX、アフィリエイト等のWEB商材に関しましては
怪しい商材がほとんどで、株式の商材に関しましても、私が見聞きしている
範囲でもほぼ9割以上の商材が、儲からなかったり、実行不可能な手法で
あったりと、自信をもってお奨めできるものは余り多くありません。
そんな中でこの相場先生の商材は内容も秀逸で、この内容でこの価格なら
納得という大変優れた商材です。

勿論この商材といえども、買って見れば(動画)明日から誰でも大儲けできる
等という、どこかの株式本に書いてあるような事にはなりません。自分で利益
を出すようになる為には、それ相応のうねり取りに対する理解と、数多くの
実践練習を通じて、建て玉の操作を学ばねばなりません。

ただ、一般の投資家が自分の判断で上がるか下がるかの「当て物売買」を
して、運を天に任せているのに対して、うねり取りはきちっとした売買計画の
基、建て玉操作を駆使する事で、確実にほとんどの状況下で大きい小さい
の別はあるものの、利益を確保できる方法です。ですから売買の後は
偶然ではなく、自分の力量で利益を稼ぎ出せたという実感があるのです。

内容は全編動画での解説ですので、PDFの商材等とは違って大変わかり
易く、まるで現実のセミナー講座を受けているような感じです。項目は大きく
3つに分かれていて、本編動画ではうねり取りの細かな解説を、セミナー動画
では銘柄選定に集中したものを、そしてこれが一番のポイントとなる実践動画
では、実際の銘柄を題材にエントリーからエグジットまでを、一日毎の日足の
状況を確認しながら解説しています。

うねり取りの解説本は余り多くは出ていませんが、それでも何冊かは解説本を
読む事はできます。しかし解説本からこの実践の売買状況を理解する事は、
私もそうでしたが、まず全く出来ないと言って良いでしょう。そのくらいこの実践
セミナーは価値があると思います。正に百読は一見にしかずです。しかも実践
セミナーはその都度追加されます。

内容が豊富なので、一通り勉強するのにもけっこうな時間がかかると思います
が、自己流であちこち壁にぶつかりながら生産性の無い勉強するよりは、遥か
に効率的で間違いのない株式投資の技法を手にする事ができると思います。
簡単に学べる事は簡単に忘れる、苦労して学んだ技術こそ本物の価値がある
事を思い知らされる教材です。
うねり取りを学ぶなら ↓
。。
【相場師朗】 7step株式投資メソッド


紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2014年07月03日

私の一冊



今日は株式本の紹介をしたいと思います。以前の参考書のブログの
中でも簡単に紹介しましたが、この一冊という意味で再度詳しく紹介
してみたいと思います。

その一冊とは立花正義氏の「あなたも株のプロになれる」です。
私がこの本を最初に読んだのは20年以上前のことです。それまでも
同友館の書籍は、林輝太郎先生の書籍を中心に読んでいました。
林先生の書籍は株式売買について、曖昧な精神論や裏付の無い手法
などを悉く排除し、純粋に売買技術の向上に集約したところが好きだった
からです。

ただ、けっこう難解で、理解して実践に移して行く為にはもう少し噛み砕
いた表現のもので、実際の売買譜が見られるものが必要でした。林輝太郎
投資事務所に入会すれば会報などで勉強できたのでしょうが、当時はまだ
そこまでする決断ができていなかった時に、この立花さんの本に出会った
わけです。

立花さんの「「あなたも株のプロになれる」は、株式投資の道に入り込んだ
一般投資家が、天国と地獄を味わい、いろいろな相場の荒波に揉まれなが
らも諦めず精進していく事で、一流の相場師に成長していく過程が、何の衒い
も誇張も無く淡々と書かれているものです。

会社勤めをしながら株式相場や商品相場をしていた時代、慢心して大損をし
夜も眠れない日々が数ヶ月続き、不注意で足を切断する程の怪我を負って
しまう。傷が治っても片足が不自由な事で結局仕事に戻れず、退職勧告され
てしまい生活の不安に慄く日々。

障害者となって満足な仕事に就くことができなくなり、家族の応援もあって、
やっと何とか相場で生活していく事を決断するが、サラリーマンが会社勤め
をしながら株式投資をするのとは違って、専業となれば株式投資の失敗は
即、生活、家庭の破綻に直結する事の厳しさを思い知らされる。

このような環境の厳しさが、今までのお遊びの延長線上でやってきたような
株式投資のやり方を一変させ、いい加減な株式本や投資手法を徹底的に
排除し、独自の「うねり取り(リズム取り)」という手法に開眼していくわけです。

特に参考になるのが、P41の小豆相場の仲買店のおじいさんの話です。
これは本当に相場をする者にとって肝に銘じて置かなければならない名言
で、これだけでもこの本を買う価値があると思います。

それともう一点は第四章の「建て玉の操作」です。ここでは立花氏の売買譜と
その解説がなされていますが、個人の売買譜は普通はなかなか見る事が
できません。と言いますのは、下手な売買譜は見せるのが恥ずかしいですし
、上手なものは売買のコツを盗まれますので、あまりプロは見せたがりません。
それだけに貴重な資料で、大変価値のあるものだと思います。

私はこの売買譜を、大きなグラフ用紙に折れ線グラフで書き写して、一回一回
の売買について考察してみました。これは解説を読む以上に感覚として理解
する事ができ、自分の売買技術の向上に大変役に立ちました。

この「あなたも株のプロになれる」は、平易な文章で書いてある為にあっさりと
読んでしまいがちですが、中身は大変濃く、深いものです。私ももう何十回
読んだでしょうか。でもまだ毎回読み返す度に、新しい発見があります。
立花氏はもう故人となりましたが、氏の遺産とも言うべきこの本を、株式投資に
従事する皆様にぜひ読んでいただきたいと思います。


うねり取りを学ぶなら ↓

【相場師朗】 7step株式投資メソッド


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング







r
posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2014年07月02日

総括ー上達のコツ



いよいよ私の株式投資に関するブログも、一区切りするところまでやって
参りました。今日は今までの総括の意味で、上達のコツについて書いて
みたいと思います。

a0960_005798.jpg

〇上達のコツその@ 「自分なりの売買をしていく」
  自分に合った型を基準に売買するという事ですが、例えば銘柄は一つ
  に絞るとか、値動き等ではなく自分で実際にやって取り易い銘柄を扱う
  とか、最大トレード枚数を決めるとか、基本の分割回数決めるとか、最初
  は必ずためし玉から入るとか、私の場合は「うねり取り」という手法の中で
  、今述べたような細かなルールを作り、感情を出来るだけ排除し淡々と
  売買を進めると云ったところでしょうか。勿論ルールにはトレード日誌を書
  くとか、日経平均の過去10年間の日足を毎日見て、その変動感覚を養う
  なんてものも入ります。

  初心者の方でも出来るだけ早い機会に、自分の型というものを未完成
  ながらも作り、しつこいくらいに自分の技法に拘って、少しづつ完成させて
  いき自分流の売買の型を作って欲しいのです。
  隣の芝生は良く見えるの例えのように、周りで派手に儲かった手法の話
  など聞くと、特に自分の技法が未完成な内は、ふらふらと試したくなるもの
  ですが、所詮はそれは他人のやり方で、自分でやって上手く良くはずも
  ありません。自分を信じる事ができるかどうか、素人とプロの分かれ道
  です。

〇上達のコツそのA 「分割売買をする」
  株式投資の手法には、とにかくいろいろな手法が雨あられとございます。
  その@で述べましたように、手法については自分に合ったものを使えば
  良いわけです。デイトレ、スイング、中長期投資、投資期間だけでもいろ
  いろある上に、技法まで入れたら数え切れない程ですが、どのような技法
  を使うにしても、必ず分割売買をして下さい。チャートをはじめとした如何
  なる資料があろうとも、人間には先を見通す力はありません。天井も底も、
  暴騰暴落も後になってみないとわかりません。

  そうである以上は試し玉をするしないに拘わらず、必ず分割して売買して
  行く事で、リスクを抑えなければなりません。又、分割して行く事での売買
  の平均値を有利に持っていく事が、何をおいても利益を確保する為の、
  絶対条件です。扱う売買の量が大きくなればなる程、分割の回数を含めた
  計画性が大変重要で、例えその時は一括売買で成功したとしても、必ず
  いつかは破綻の憂き目に合います。兎に角一にも二にも「分割売買」
  覚えておきましょう。

〇上達のコツそのB 「ゼロを作る」
  これは意味合いとしては、売買に区切りをつける事と不利な玉を切るとい
  う事です。区切りをつけるという事は特に短期売買に於いては重要で、
  初心者程売買した玉を動かさず、だらだらとした売買を続けるものです。
  上級者は売買した玉については毎日のチェックを怠らず、次の買いをどこ
  で入れるかとか、不利に動けばロスカットするのか、両建てしてヘッジする
  のかとか、兎に角常にその玉が有利に動くように、調整していくわけです。

  ゼロを作るという事には他にも重要な意味があります。それはその売買が
  成功するかしないかに拘わらず、一回玉をゼロにする事で熱くなった気持
  ちを冷やし、冷静になった状態で計画を練り直し、再度相場に挑戦する事
  が出来るわけです。上級者と云えども不利な状況に立たされている時は、
  誤った判断をしがちです。そんな時に一旦手持ち玉をゼロにする事で、態勢
  を立て直すチャンスが出来るわけです。

  失敗は誰にでもあり、又、全てのトレードを成功させる事など絶対に出来
  ません。初心者は玉を動かせず失敗を重ねますが、上級者は不利な玉を
  切ったり、反対玉を入れたりと建て玉操作する事で、不利な状況を凌いで
  行きます。ゼロをきっちり作れるというのは、上級者の証でもあるのです。


という事でこの3つのコツは上級者になる為の試金石です。初心者の方はすぐ
には難しいでしょうが、諦めず一つ一つ実践で学んでいく事で、必ず上級者の
レベルに到達する日が来ると思います。それを信じて隣の芝生は見ないように
、うねり取りに精進して下さい。 それでは 又。
うねり取りを学ぶなら ↓

【相場師朗】 7step株式投資メソッド


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング




posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2014年06月20日

道具



今まで取引の道具については言及して来ませんでした。それはそれぞれ
個々の使いやすいものが良いので、あえて紹介する迄もないと思ったから
です。ただ初心者の方はそうは言われてもどんなものを使ったら良いのか
わからないと思いますので、私の使用しているものを紹介させて戴きます。

まずは場帳ですが、これは毎日の銘柄の終値を記帳しているもので、通常
は終値のみの記入ですが、売買のあった日には終値、始値、売買株数、
その時のポジション、そのポジションの平均値について記入しています。

場帳
場帳1.png
私の場合は取引はその日の寄り付きと決めていますので、始値=売買値と
なります。銘柄の始値、終値、高値、安値の4本値を記入している人もいま
すが、4本値だと全体が見難くなるので、終値のみとしています。それと表
を作る場合は、土日を入れた方が区切りができて見やすくなるようです。

この場帳を付ける事によって時系列に終値を確認できる事と、現在のポジ
ションの平均値が確認でき、売買の推移が一目でわかるという訳です。

次に取引表ですが、これは私のオリジナルではなく、浜島昭平さんの「ネット
投資家の戦い方」という本の中の取引表を参考にさせて戴きました。

ネット投資家の戦い方 (アスカビジネス)

新品価格
¥1,728から
(2014/6/6 15:44時点)



取引表
取引表

細かい事は浜島さんの本に譲りますが、左から日付、銘柄、コード、売買、
決済、付値、数量、信用、現物、諸費用、株式残高、現金残高、損益、
投資資金、備考となっており、要所には計算式が入っているので、日付
から数量までを記入すると後は自動計算されるようになっています。

これを月毎にシートに入れて使ってますが、決済したものは売買欄を色分け
して置く事で、ひと目で全体を見渡す事ができるので重宝してます。
これ以外でも各証券会社の物やフリーソフトで良い物が出ていると思います
が、どんな物でも慣れてしまった物が一番かも知れません。

それでは 又。

うねり取りを学ぶなら ↓

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング




posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
紫垣式「5つの株トレードメソッド」 google.com, pub-4264809028966157, DIRECT, f08c47fec0942fa0
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集