google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2021年06月30日

テクニカル指標に頼り過ぎ




keiさんシリーズ第7弾です。このテーマは自戒を込めて、考察してみたいと
思います。

現代のトレードで、テクニカル指標を全く参考にしないでトレードしているト
レーダーは、皆無だと思います。ファンダメンタリストで長期投資家であって
も、エントリーの段階ではチャートを参考にするはずです。只、チャートとい
うものは大変紛らわしい部分があり、うっかりのめり込んでしまうと、結果的
に拙いトレードに繋がってしまうという側面があります。

テクニカル指標には大きく分けてトレンド系指標とオシレーター系指標の2種
類があり、トレンド系は主に順張りで、オシレーター系は主に逆張りで使用さ
れる傾向にあります。又、夫々の指標には細かく多くの指標が存在し、それな
りの存在理由を持っている訳です。

無題.jpg
トレーダーが夫々の系統のどの指標を幾つくらい使うかは、そのトレーダーの
トレード手法や気質によっても異なりますが、絶対という指標が存在しない事
だけははっきりしています。テクニカル指標というのは飽くまでも過去の実績
を積み上げ、系統立てて、今後のトレードの参考にしようとするものです。で
すから過去のトレード環境と同じ場面になれば、同じような状況が繰り返され
る傾向が強いという考えを前提にしていますので、当然必ず同じようになると
は限りません。所謂「だまし」という状況がけっこう存在します。

テクニカル指標を使うという事は、そのような「だまし」がある事を前提とし
て使用するわけですが、それでも歴史は繰り返しますので、結構重要な案内役
となり得るわけです。只テクニカル指標を勉強していくと、知らず知らずの内
に、トレードは優秀なテクニカル指標さえあれば勝てるようになると勘違いし
てしまい、所謂「聖杯」探しに明け暮れるようになってしまいがちです。

そして最後には多くの指標に頼るようになり、どれが本当に信頼に値するもの
かわからなくなってしまうというジレンマに陥ります。結果トレードに自信が
持てず、最後まで自分のトレードの優位性も判らず、退場となりがちです。

はっきり言える事は、テクニカル指標は飽くまでも自分のトレードの参考の一
部とする事と、出来るだけ最小限に抑える、つまりは多くの指標を使わずに1つ
の指標をとことんマスターして使う事が重要です。そして「だまし」と判断した
ら速攻で損切するくらいのスタンスでトレードに臨む事が、必要ではないでしょ
うか。それでは又。

相場ゼミ 2期


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録

posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

勝率に重きを置いている




keiさんシリーズ第6弾です。これもよく言われる金言の一つですが、
私も含め初心者の頃はよく勘違いする概念です。相場を単なる勝負事と
勘違いして勝率さえ上げれば、相場で利益を上げる事が出来ると考える
ところから間違いがスタートします。

前のコラムでも書きましたが、相場の世界では全勝することは絶対にあ
りません。よく勝率8割とか謳っている株やFX関係のネット商材を目に
しますが、瞬間的にはあったとしても、長期に勝率8割はあり得ないと思
います。現実の世界では3−4割が良いところではないでしょうか。

ですから本来は、この3−4割の勝率の中で、どうすれば利益を生み出せ
るのかを考えるべきなのですが、特に初心者の場合は精神的にロスカット
を嫌う為、どうしても勝率に目が行き易いという事になります。

無題.jpg
又、利益についても、どうしても毎日の勝ち負けに(特にディトレの場合)
こだわってしまいがちですが、利益は毎日でもなく、毎月でもなく、年間
で利益になればOKくらいに考えるべきでしょう。その方が毎回の取引に
余裕が生まれて、つまらない手を打たなくて済むようになります。

ここでしつこいくらいに繰り返しますが、相場は勝率ではなく、一連の取
引の中で如何に利益を上げるかが大切で、1回1回の取引に余りこだわる
必要は無いという事です。手法的には一連の取引が損小利大になっている
事が、一番重要という事です。

勝率にこだわる初心者の段階から、経験を積んで多少利益の出る中級者の
段階になると、余り勝率にこだわっていない自分に気付くと思います。無
意識に体が反応してロスカットできるプロの領域になると、勝率はほとん
ど意識されなくなります。プロの世界は、一連の取引の最後に利益が出た
か出なかったかという結果が全てで、取引過程は反省の材料にはなります
がそれだけの事です。

勝率にこだわっている内はまだまだ初心者で、自分のトレード手法の精度
と広がりを自ら狭めていると、反省すべきと思います。
それでは又。
【相場師朗】のショットガン投資法



紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録





posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

2021年04月30日

取引回数が多い




keiさんシリーズ第5弾。このテーマも相場の世界では頻繁に言われている
金言ですね。相場の世界に初めて参入し利益が出た時や、自分なりのトレー
ドスタイルが出来つつあり連勝している時など、もったいなくて次々とポジ
ションを持つようになる時があります。所謂ポジポジ病というやつです。何
かお金が道に落ちているのに、拾わなくてどうするんだという感覚でしょう
か。

確率の世界で勝率5割とは、どういう事でしょうか。10回勝負して5勝5敗
なのでしょうか。1000回勝負して500勝500敗なのでしょうか。まあ、
そういうケースもあるのでしょうが、少ない勝負回数程勝率の乖離が大きいと
いうのが定説ですね。つまり10回の勝負では10勝0敗やその逆も大いにあ
り得るという事です。

無題.jpg

又、相場の世界の優位性を考えてみても、5割を大きく超すような手法は実在
しないように思います。ですから現実には5割をほんのちょっと超す程度の手
法の優位性があれば万々歳で、実際は勝率だけで言うなら3割程度でも利益を
残せる手法、技術で戦っている訳です。

このように考えて来ると、成果に裏打ちされているルールも優位性もなく、い
たずらに多くのポジションを持つという事が、如何にリスキーな行為か判断が
つくと思います。

デイトレでも中長期のトレードでも一番重要な事は、こういう形になれば自分
はかなりの確率で勝つ事ができるという自分の勝ちパターンが来るまで、ひた
すら待ち続ける事が出来るかという事です。このような忍耐力を身に着け、一
般的にどんなおいしそうな場面が来ても、自分の勝ちパターンでない限りむや
みにエントリーしない、この鉄の意志こそが相場の世界で生き残れるかどうか
の一つの試金石ではないでしょうか。

一般の投資家は特に大きく損を出した場合、それを取り戻そうとボリュームを
大きくしたり、取引回数を多くしたりしがちです。しかし敗因は自分の取引手
法やルールの誤り、またはその不徹底に原因のある事が多いので、その対策も
講じないまま、そのままの状況で取引量や回数を増やしても更に墓穴を大きく
するばかりです。

つまりは、自分のエントリールールを順守する。そして形勢の悪い時や一相場
終わった時には十分な休みを取る。こんな事でしょうか。
それでは又。

アンケートモニター登録
【相場師朗】のショットガン投資法


紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録
posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

2021年03月31日

損切がへた




これもkeiさんのメルマガからですが、損切されど損切という感じですかね。
損切の言葉上の重要性を知っている人はほとんどだと思いますが、本当に
心から実感している人は、損切出来ずに大穴を開けたトレーダーと、そうい
う経験を通じて利益を出せるようになったトレーダーだけと思います。

誰でも損失の確定は嫌なものです。数パーセントの損切でも回を重ねると
メンタル的に負担となって来ますし、使っている手法に対する不信感も芽生
えて来ます。そして遂には損切をしなくなるか、遠いところへ損切ポジショ
ンを置くようになってしまいます。それがまずい事だとわかっていてもです。

a0002_001027.jpg

非常にデリケートでメンタルな課題です。但し、損切が大事と言っても、ト
レードのスタイルによって、はさほど神経質になる必要もない場合もありま
す。特に長期投資に於いては、極端に高いところで買っていない限り、シビ
アな損切は必要ないと思います。但し、デイトレに代表される超短期、短期
売買に於いては絶対です。

さてここで改めて考えてみたいのですが、何故損切かは当然含み損の拡大を
防ぎ、致命傷を負わないための防止策です。という事は買いや売りでエント
リーした後、自分の思惑とは反対に相場が展開した段階で機能しなければな
りません。要するに自分がエントリーした理由が無くなった時点やポイント
に、損切ポイントを設定するという事です。

但しここが一番難しいところで、理想的な損切ポイントの設定は、そう簡単
ではありません。そのトレーダーの取っている時間軸、前の高値安値、テク
ニカル指標、各種線形、トレーリングストップ等要素は沢山あるからです。
現実にはそれらの中から自分のトレードスタイルに合った設定を、トライ&
エラーしながら探し調整してていくのが一番かと思います。

一つだけ言える事は、短期の時間軸を取れば取るほどにシビアな小さい損切
ポジションを設定しないと意味がない、という事でしょうか。そして優れた
トレーダーは例外なく損切が上手という事です。それでは又。
【相場師朗】のショットガン投資法


紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録
posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

2021年03月30日

狙う値幅がわからない




keiさんのメルマガシリーズ第4弾ですが、値幅というか利益幅については
、どちらかというと超短期のトレーダーの重点項目でしょうね。私はスイン
グと長期の手法なので、余りシビアーに値幅を限定した事はありませんが、
デイトレに於いては特に重要な課題だと思います。

デイトレに於いての値幅は、損切ポイントとのバランスという事になるので
しょうが、keiさんの分析動画を見てみますと、曖昧な表現になってしまいま
すが、異なった時間軸でのトレンドと直近の高安値やバンド幅等を利用してい
るように思えます。

このような超短期のデイトレに対し中長期のトレードでは損切と利確を自分
のトレードスタイルに合わせてパーセントで決めているトレーダーもいます
が、一般的にはトレーリングストップやテクニカル指標での利確を決めている
トレーダーが大半だと思います。それとボリュームにもよりま
すが、大きな数量の場合は分割して利確していくのが一般的だと思います。

a0002_011705.jpg

当たり前の事ですが、時間軸が短くなればなるほど狙う値幅は小さくなって
いかざるを得ません。テクニカルの分足、日足、週足、月足どれをメインに
使っていくかによって、値幅の決め方も変わってきますが、どの時間軸を使う
にしても、自分なりの理屈のあるおおよそのエグジットポイントを決めておく
事が大変重要という事です。

トレードで損を出している人のやり方を聞いてみると大体がアバウトで、何と
なくとか上がりそうな感じがしたとかの気分的な感情でエントリーし、どこで
利確するというはっきりした理由を持っていない人がほとんどです。言葉を返
せば、そういうアバウトさでトレードをしている事が損する最大の原因なのに
、本人は全くその事を感じていません。

もちろん決めたからと言って、必ずそのとうりになるとは限りませんが、いや
そのとうりにならない事が大半です。だからこそ自分なりのルールを決めてお
き、予想外の状況になった時の策をあらかじめ想定しておく事が、利益を出す
トレーダーになる為の越えなければならない大きな壁の一つです。

エントリーからエグジットまでいかなる状況になろうと、すべて想定内のトレ
ードとなるのが理想ですが、実際にはそんな事はできません。できないながら
も四苦八苦しながら理想のトレードに近づけていく事が、プロへの道という事
になるのでしょうか。それでは又。
【相場師朗】のショットガン投資法


紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録
posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集