google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2018年07月14日

小次郎講師A



さて今回は小次郎講師の第2弾、具体的な手法の内容に迫ってみたいと思います。
手法と言いましても何も特別なものではありません。株式投資にある程度携わっ
ている人なら、誰でもが知っている指標の活用です。

でもその前に小次郎講師も口を酸っぱくして言っている事の一つですが、大変重
要な事に「資金管理」というものがあります。ある意味これさえしっかり守って
いれば、悲惨な目に合う事も少ないと思うのですが、これを間違えると市場から
即退場という事にもなり兼ねません。詳しくは本を読んで勉強してほしいのです
が、例えば株式投資の総資金量、1銘柄1回辺りの投資額、損切りと利益の幅、
マックスの投資金額等々です。これさえ押さえておけば、例え損切りが増え資金
が一時的に減っても、何とか持ちこたえる事が可能です。

次にいよいよ使う指標についてですが、基本は移動平均線、MACD、ストキャス
ティクスの多くて3つです。何れも大循環分析というタイトルがついてますが、
移動平均線については指数移動平均線の5日、20日、40日の3つを使い、夫
々を短期、中期、長期移動平均線とします。そして

  第1ステージ  上から短期・中期・長期
  第2ステージ     中期・短期・長期
  第3ステージ     中期・長期。短期
  第4ステージ  下から短期・中期・長期
  第5ステージ     中期・短期・長期
  第6ステージ     中期・長期。短期

そして1から6への順次移行は順行、反対の移行は逆行とします。

例えば移動平均線が右肩上がりで第1ステージを移動している間は、安定した上昇
トレンドという事になります。少なくともこのステージ間は買い持ちで我慢する事
で、無意味な利確をしないで済むという訳です。

次に大循環MACDですが、これもMACDの指数として短期は5日、20日、9日、中期
は5日、40日、9日、長期は20日、40日、9日を使い、移動平均線のシグナルより早
いシグナルを狙います。只私の実感では、MACDは短期だけでも十分かとも思います。

最後に大循環ストキャスティクスですが、これはMACDよりも更に早いシグナルを感
知して、短期のトレードにも役立たせようというものです。勿論短期になればなる程
騙しも多くなるので、そこそこの注意は必要です。ストキャスティクスについては、
私は小次郎方式をとっておりません。と言いますのは私の使っているチャートでは、
上手く描写できないからです。そこでいろいろ試してみた結果、ストキャスティクス
では80日、40日というパターンが結構いろいろな銘柄に適する事が判りましたので、
私の場合はそれを使っています。

と言いますのも、あまり多くの指標を使い過ぎますと逆に判断に迷いが生じますので、
基本は移動平均線とMACD、迷ったらストキャスティクスで確認程度でも、十分成果
は狙えるからです。それでは又。

移動平均線 究極の読み方・使い方 儲かる! 相場の教科書



移動平均線大循環分析 第三巻 ─上級編 仕掛けと手じまい徹底研究 ()

新品価格
¥5,184から
(2018/5/16 11:21時点)



【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング










posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2018年06月15日

小次郎講師@



今回は今話題の株式投資セミナー講師の小次郎講師(手塚宏二氏)について、
書いてみたいと思います。

手塚氏を初めて知ったのは、いろいろなテクニカル指標の調べものをして
いた時でした。たまたまYOUTUBEで氏のテクニカル解説を見つけて何気
に見た時に、とても判り易い解説をする人だなあと感じたのが、一番最初
だったと思います。確か一目均衡表についての解説でした。

その後は氏のYOUTUBEでの講座を見たり、ブログでのセミナー解説を時々
参照するようになりました。只この頃の私は逆張り・うねり取りを勉強して
いたので、氏のどちらかというと順張りの手法には、あまり関心が持てませ
んでした。

改めて関心を持つようになったのは、つい最近の事です。それはうねり取り
のスキルアップの一環として、うねり取りを始めた頃の自分の売買譜を見直
していた時でした。初期の頃程当たり前ですが、買い下がりのスタートが早
すぎて、折角買い下がっても平均値がそれほど低くならず、利幅も取れてい
ない。寧ろ素直に売り下がって行った方が、短期間でそれなりの利幅になっ
ていた事に気付いたからです。勿論これまでも逆張り売買の度に感じていた
事ですが、とにかくうねり取りをマスターしたいという一心で、無視して来
た部分です。

うねり取りの難しさは買い下がり時の底値の判断が難しく、それはチャート
を何千枚も手書きする事で、その銘柄の変動感覚を理解するというある意味、
大変抽象的・感覚的なものです。大きな方眼紙に何十年分の日足のチャート
を1枚でも書いてみればわかりますが、1枚でも慣れないと大変な労力で、と
ても私のような営業職のサラリーマンにはできない相談でした。これを何百
という銘柄で、日足も月足もという事になったら、考えただけでもゾッとし
ます。

只現実にはこれをきっちりやって、大きな資産を作った個人投資家はいます。
いますというのは決して多くはないという事です。最近ではブログを公開し
ている白猫次郎さんやベトナムさんなどが代表的です。変質的でストイック
な性格が要求されます。正直誰でもは出来ません。でもこのスキルをマスタ
ーしたら、大変な武器になるでしょうね。

完全にはマスターできなくても、そのまねごとをしているだけで、私なんか
は時間はかかりましたが、年間損益をそこそこプラスにできるようにはなり
ました。でもよく考えてみて下さいね。一時の底を目指して買い下がって行
く訳ですから、当然分割買いのスタートから損益はマイナスになります。し
かも底に行くほど買いの株数を増やしていこうというのですから、正に一般
から見たらキチガイ沙汰です。当然何時かは反転して上げるはずとは判って
いても、大量の玉を抱えたら、そのストレスは相当なものです。ですから思
惑どうり株価が動いた時の利益は大きなものになりますし、まあ麻薬ですね。

話が小次郎講師から脱線してしまいましたが、こういう逆張りでなくても、
利幅は多少少なくなっても、ストレスフリーで稼ぐ手法もあるのよというの
が、小次郎講師のスタイルです。詳しくは次回。それでは又。

移動平均線 究極の読み方・使い方 儲かる! 相場の教科書



移動平均線大循環分析 第三巻 ─上級編 仕掛けと手じまい徹底研究 ()

新品価格
¥5,184から
(2018/5/16 11:21時点)



【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング










posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2017年11月24日

時には無駄も大切



最近とみに思うのは、行き過ぎた効率化は、本当に正しいのかと
いう事です。最近はAIブームで何でも人に代わって機械やロボッ
トがやるという風潮がありますが、自分なりにその行きつく先を
考えると、なんだかなあという感じがします。

AIというと難しいようですが,身近なところでも銀行のATMや各種
自動販売機、スマホのアプリ等いろいろあり、確かにATMや販売
機などは人を待たせないという面ではメリットの方が多いでしょ
うが、銀行の受付や税理士の相談、食事に関わる事等全てロボット
にお世話になるのは、どうなんだろうと思います。

未来予測では、AIに取って代わられる職種はかなりあり、銀行、
スーパー、デパート他販売店、食堂・レストランその他諸々。
ロボットだけのレストランなどあまり行きたくありませんが、
その内チューハイもロボットに注文するのかも。

私は昭和24年生まれです。戦後まもなくでまだ皆が貧しい時代で
した。子供の頃は魚は魚屋へ、野菜は八百屋へ、コメは米屋へ行
って買うのが当たり前でした。今考えると各専門店で専門の担当
者に選ばれた鮮度の良いものを買えていたわけで、相当贅沢な買
い方をしていたわけです。

目の前で魚を捌いてくれ、野菜の選び方を教えてもらい、もみ殻
から精米してもらっていました。その上その材料の一番美味しい
調理法まで教えてもらい、今よりお金は無かったのに、食生活では
リッチだったような気がします。その後はスーパーの誕生により、
小売店は衰退して行く訳ですが、心のどこかで本当に良かったのか
という疑念が、今でもあります。

話が相場とはどんどん離れてしまいましたが、小売店のおじさん、
おばさんのおしゃべりが本当に無駄だったのか、相場に関する勉強
にも似たようなことが沢山あります。

私は林輝太郎氏の本で株をスタートしたので、グラフ、場帳、玉帳
、値板等の重要性をいやという程勉強しましたが、終ぞグラフだけ
は続ける事が出来ませんでした。大きなグラフ用紙に日足、月足を
500枚、1000枚と描き続ける事は、当時サラリーマンだった私には
殊の外ヘビーで、幾ら変動感覚が身に付くと言ってもごめんなさい
でした。ましてや10年以上も描き続けた挙句、感覚が身に付かなか
ったらと考えたら、相当ストイックな人でないと無理と思います。

ただ実際にグラフを長年書き続けて大成功している人が現実に居る
ので、それだけやればどんな人でも何らかの感覚は身に付くのだと
思います。やらなかった私には言う資格はありませんが、一見何の
変哲もないグラフを見ても、我々凡人とグラフを書き続けた人では
、その景色、見え方が全く異なるのだと思います。

そしてこういう事が、相場で安定して稼ぐことが難しい所以だと思
います。無駄と思いつつもとことんやってみる重要性を痛感してい
ます。参考までに林氏関連の良書を載せておきます。

あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録

新品価格
¥1,944から
(2017/11/7 11:01時点)




自立のためにプロが教える株式投資

新品価格
¥2,097から
(2017/11/7 11:05時点)





【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング









...
posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2017年10月25日

株主優待&配当狙い



今回は標記のように株主優待と配当について、考えてみたいと思います。
従来私は株式投資を林輝太郎氏の本等からスタートした事もあって、確か
林氏の本では、株主優待や配当狙いで銘柄を決め売買する事は邪道である
との指摘があり、そのまま固く信じて来ましたので、今まで優待や配当を
余り気にした事もありませんでした。というより、銘柄のほとんどが低位
株でありましたので、最初から優待や配当はあきらめておりました。

ただ最近になって、桐谷さんの株主優待狙いみたいな事がクローズアップ
されたり、株主優待がその企業の株価の下支えになっているケースもあっ
たりして、優待狙いの売買もあるのかと感じた次第です。もちろん優待と
言っても商品やサービスもいろいろで、ここで全てを述べる事は出来ませ
んので、今回は食事券やクオカードに絞り、配当も含めてかなりサービス
している銘柄を選んでみました。

2702 マクドナルド 、3167 TOKAI HD、3371 ソフトクリエHD、
3387 クリレスHD、3543 コメダ、7616 コロワイド、8566 リコーリース
9861 吉野家HD、 9945 プレナス こんなところでしょうか。

優待と言っても株式投資ですから、これは配当銘柄にも言える事ですが、
ただ優待の商品が良いからとか高配当だからという理由だけでは、銘柄は
決定できません。企業のファンダメンタルはもちろんの事、株価もその時
点でどの程度の水準にあるのか等のチェックも必要です。株価水準はその
銘柄の月足10-20年位を見て、下値ゾーンを確認しそのゾーンに落ちてきた
ら分割で買っていく、又下値ゾーンに来るまでは売買を我慢するという忍
耐も、大変重要です。

yjimage.jpg

次に高配当銘柄ですが、これもファンダメンタル面や同族の中小企業などは
排除して検討してみました。

1852 浅沼組、 1916 日成ビルド、 1928 積水ハウス、 1929 日特建、 3258 ユ
ニゾHD 、4634 洋インキHD、 5020 JXTG 、5410 合同鉄、7177 GMO
FHD、 7201 日産自、 7270 SUBARU、7414 小野建、8002 丸紅、8304
あおぞら、8308 りそなHD、8316 三井住友、8601 大和証G、 8609 岡三、
8616 東海東京、8707 岩井コスモ、8725 MS&AD、8890 レーサム、9433
KDDIこんなところかな。

しかしやはり今の段階では、株価はかなり高水準になっており、すぐに手を出
せる銘柄はほとんどありません。せっかく3%以上の配当をいただいても、株価
が20%以上も下落したのでは、何の為の配当か判らなくなってしまいますし、
本末転倒です。ここは待つのも修行と割り切ってどっしり構えて行きましょう。
それでは又。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング






posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2017年06月16日

週足再考



久しぶりに株式投資に関する最近の考えについて、述べてみたいと
思います。

私の株式投資の原点は、林輝太郎氏の主に同友館の書物に出会った
事がスタートでした。そしてその後、立花氏、板垣氏などの実践家
の本に触れ、失敗しては又自分なりに工夫するというトライ&エラー
の繰り返しにより、亀の歩みのように少しづつ進歩して行った訳で
す。

林氏の本を読んでも最初はちんぷんかんぷんで、只書いてある事を
自分なりに解釈して、売買しておりました。そんな事ですから売買
については未熟ながら林流の手法で、当然売買は逆張り、ロウソク
足は日足と月足以外は見るなという事に何の疑いもなく、馴染んで
行ってしまった訳です。

今になってみれば、トレンドフォローの方が大きく利益となった年
もあったと思いますが、ひたすらこの手法を続けておりました。幸
い何とか年間でプラスの収益を挙げられるようになり、安定した売
買ができるようになりましたが、自分の売買については、まだまだ
反省点が多く、特に利幅を伸ばすという点については、これからも
研鑽を続けなければなりません。

私の手法は所謂スイングトレードで、時間軸的には数週間から数か月
というものです。最近になって売買譜を振り返ってみて感じる事は、
利益確定が早いという事で、もっと我慢していれば、或いはそこで
増し玉をしていればもっと大きく取れたのに、というポイントが多々
ありました。そして何気なく週足を見ていましたら、もし週足でトレ
ードしていたら、もっとゆっくり焦らずに行けたのではないかという
反省に辿り着きました。

無題.jpg

例として2016年1年間の週足チャートで見てみますと、チャンスは多
くても売り買い合わせて11-12回くらいです。そして週足ですので、
シビアーに天底を狙う必要もありません。2-3日エントリーが遅れても
、エグジットが遅れても大きな損失にはなりません。寧ろワンテンポ
遅れ気味くらいの方が、良い結果になりそうです。

改めて週足トレードの利点を見てみると、まずゆっくり考えてトレー
ドができる。仕掛けの範囲が広がる。利幅が大きく取れる。少ないチ
ャンスに集中して投資できる。等の優位性のある事が判りました。ど
ちらかというと私には、週足での売買の方が合っているような気がし
ます。

勿論、日足ベースで細かく拾っていく事も重要なスキルですし、それ
ができるに越したことはありませんが、私のように少し落ち着いてゆ
っくりやりたいという人には、週足での売買も一考かも知れません。
それでは又。


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング












posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
紫垣式「5つの株トレードメソッド」 google.com, pub-4264809028966157, DIRECT, f08c47fec0942fa0 アンケートモニター登録
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集