google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2020年02月01日

書評−資産を作るための株式投資 資産を残すための株式投資



久しぶりの株式本書評で長いタイトルですが、石川臨太郎氏の遺作です。
石川氏の投資本は,私も何度か読み参考にしていました。そして最近又新刊
を出したという事で楽しみにしていましたが、よもやそれが彼の遺作になっ
ているとは思いもしませんでした。まだ60代という若さで、末期のガンだっ
たそうです。

彼の投資手法は典型的な中長期バリュー投資で、私も基本的には同じで、彼
のスタイルは大変参考になりました。彼も本書の中で書いていますが、自分
の手法を決めるに際して、時間軸に関してはデイトレから長期投資までいろ
いろあるが、自分で実際にやってみてしっくりするものを選ぶという意見に
、異論はありません。

本書は以下の3部から構成されています。
@ 資産を作るための株式投資
A 資産を残すための株式投資
B これからの世代に書き残しておきたいこと

@Aについては真っ当なバリュー投資とそれによって得た資産の活用法で、
多くの人に参考になると思いますので、ぜひ読んで勉強して下さい。

私がこの本で特に紹介したい部分は第3部の第2章「株式投資は簡単ではな
いけれどすばらしい。たくさんの宝物を与えてくれる」です。この宝物は
全部で11節からなっていますが、どの1節を取っても珠玉の名言で、ある程
度の投資経験者ならうなずく事ばかりです。

株式投資により資産を増やす事ができた。己を知ることができた。悪しきプ
ライドを捨てることができた。リスクの管理ができるようになった。感情の
コントロールが身についた。コントロールできないものがある事を知った。
ストレスとの付き合い方が身についた。敗北とは何かを知った。失敗と成功
について学べた。克己心を高めることができた。最後の株式投資は人生より
もやさしいと知ったについては、私は未だその境地にはなっていませんが、
究極のレベルになるとそう感じるのかも知れません。いずれにしても石川氏
にとって、株式投資は人生そのものであったという事だと思います。

何の道でもそうですが、1つの事を突き詰めていくと人生そのものにぶち当
たるのかも知れません。そういう意味でもこの本は、単なる投資本という捉
え方ではなく、人生の指南書として読むへきかも知れません。彼もまだまだ
やりたい事は山ほどあったでしょう。そういう残り少ない時間の中でこの本
を上梓した、そのどうしても伝えたかった気持ちを汲み取りたいと思います。
それでは又。

資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資 ――余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え




資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資 ――余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え (現代の錬金術師シリーズ)

新品価格
¥3,080から
(2020/1/17 10:44時点)




【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
株式投資ランキング







【このカテゴリーの最新記事】
posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9564350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
最新記事
最新コメント
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集