google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2019年01月15日

書評−道標



今回も株に関係のない書評で恐縮ですが、この物語はこれから部下を指導する、
或いは基幹職になってチームを引っ張って行かなくてはならない人、自分の信念
を曲げる事無く、しかも大義に反しない仕事をしていく人、していきたい人にと
って、小説という形はとっているものの、大変参考になる書物ではないかと思う。
なまじハウツー本の体裁が無い為に、より一層心に響く。

物語は今野敏の東京湾臨海署安積班シリーズもの。臨海署シリーズは過去に沢山
出ているが、今回の「道標」は時間的には臨海署安積係長が現在に至るまでの、
新任警察官研修時代からの事件を軸に、時間を追って1回完結のオムニバス形式で
書かれている。

「初任教養」では後の交機隊の盟友速水との出会いを。「捕り物」では、交番勤務
時代の若さをさらけ出した経験を。「熾火」では刑事1年生の粘りを。「最優先」
では安積新任係長時代の鑑識班石倉係長との出会いを。「視野」ではベイエリア分
署刑事課強行班係長としての後の部下村雨との出会いとチーム作りを。「みぎわ」
では、新人時代の安積の先輩三国のアドバイス「我慢」が功を奏する。

まだまだ物語は続くが、私がこの短編集の中で一番感動したのは、何と言っても第
6番目の「消失」てす。安積の元バディで現在は部下の須田、体格も太っていてだら
しなく見えたり、動作も運動神経も鈍い。新人研修時代から皆のお荷物で、到底警察
の仕事には向いていないと誰でもが思うキャラクターです。事実これまでの部署では
散々な評価で、警察官を辞めろとまで言われる始末。只、安積だけは彼の不屈の闘志
と才能を見抜いていた。

「消失」のなかで彼は、犯人確保の為のウチコミ時に、犯人が部屋にいなかった事、
そして捜索をあきらめて引きあげようとした事に、全く納得できなかった。それは
彼の洞察力が人並み外れて素晴らしく、事件の核心を突く力が、捜査の撤収に赤信号
を感じたからだ。普段はおとなしく、上司に口答えなどしない彼だが、捜査が曲がっ
た方向に行こうものなら、例え自分がとのような反撃を加えられようと、言うべきは
言い、梃子でも考えを曲げない不屈の精神を持つ。「消失」では彼の考えが功を奏し
、犯人検挙に繋がるが、実際にはこういうケースは少ないと思う。

正直、普通の人間であれば、無用の軋轢を避けて長いものには巻かれろの大人の考え
になって行ってしまうものだが、今の時代そうした事なかれ主義が大きな欠陥となって
、会社の存続を脅かす事態を招くケースが後を絶たない。その意味でも今やこういう
人材が本当は必要なのかも知れない。

いずれにしてもこの本では、組織で上に立つ者の資質とチームワーク、そして警察官と
しての不屈の闘志、そして何よりも第1章「初任教養」の最後に出て来る警察官精神の
重要性が謳われている。

「何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従って、
公正に警察職務の遂行に当る事を厳粛に誓います。」

道標 東京湾臨海署安積班

新品価格
¥1,728から
(2018/7/22 10:01時点)




【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング





【このカテゴリーの最新記事】
posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7914818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
google.com, pub-4264809028966157, DIRECT, f08c47fec0942fa0
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集