google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2020年01月16日

書評−我が家のヒミツ



久しぶりに良質の短編小説集を、耽読させていただきました。その本は
奥田英朗氏の「我が家のヒミツ」です。奥田さんの本は「空中ブランコ」
等で、いつもその変態的な登場人物で楽しませていただいておりましたが
、今回の我が家のヒミツは、70代になった私にとって、とても重いテー
マを含んだ短編集でした。奥田さんの小説の素晴らしいところは、このよ
うな重いものも含んだ題材にも拘らず、読後感がとてもすっきりしている
事です。

目次は
   @ 虫歯とピアニスト
   A 正雄の秋
   B アンナの十二月
   C 手紙に乗せて
   D 妊婦と隣人
   E 妻と選挙
となっています。

ある意味で誰にでも起こりうるテーマですが、その顛末が、いかにも奥田
さんらしい展開で、大いに楽しめます。

内容は読んでのお楽しみですが、私が特に感動したのは、AとCとEです。
「正雄の秋」は同期の河島に次期局長職を奪われてしまった主人公の植村
正雄が社内での噂や、閑職に追い込まれる事、本人に何と言葉をかければ
良いのか等で悶々と思い苦しむ。自分のほうが実績を上げているとの自負
もあり、正直この人事には納得できず、河島を妬む。

そんな中会社から有休消化の為の休暇を提案され、妻の美穂の希望もあり、
二泊三日の四国への温泉旅行に出かける。その途中で同期河島の親父さんが
亡くなったとの訃報。いろいろと考えるところはあったが、自分の父の葬儀
にも河島が参加してくれた事もあり、旅行途中から夫婦で河島の実家に向か
う。

河島の育った地域や、親戚の方々の話などもあり、河島は親戚中の希望であ
り、重い期待を背負って頑張って来た事も理解できた。段々と河島に対する
妬みの気持ちも消え、心から河島に弔いの言葉をかけることができた。

「手紙に乗せて」は53歳の若さで脳梗塞で亡くなった妻の思い出から回復
出来ず、うつ症状となり、食事も出来ずに体調を崩し弱っていく父親。その
様子を息子若林亨の会社の上司石田部長が心に留め、自分の妻も同じく若く
して亡くなった時の経験と心情を手紙に認め、息子に託す。その手紙を読ん
だ父親も同様に石田部長に手紙を託すが。同年代の妻を亡くした男同士の心
の交流が胸に沁みる。

最後の「妻と選挙」。直木賞作家の大塚康夫の妻が突然、市議会議員選挙へ
の立候補宣言。驚きの康夫は妻の気まぐれと放任していたが、どんどん話が
具体的になり、立候補する事になってしまった。当初は応援にも消極的であ
った康夫だが、妻の懸命の選挙活動と挫折に黙っていられなくなり、直木賞
作家としての知名度を生かして、苦手だった応援演説もしてしまう。妻の知
名度も徐々に上がり遂に選挙当日を迎えるが、なかなか当確マークが出て来
ない。選挙を通じ一体となれた家族の運命は?

タイトル通りどの家族もいろいろな問題を抱えているわけですが、夫々の家
庭のテーマ(ヒミツ)によって、更に固い家族の絆を実現していく物語です。
それでは又。

我が家のヒミツ

新品価格
¥1,540から
(2019/10/18 09:36時点)




我が家のヒミツ (集英社文庫)



【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
株式投資ランキング







【このカテゴリーの最新記事】
posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2020年01月01日

書評−スマホを落としただけなのに



今回の小説は志駕晃氏のものですが、とても小説上の架空の話などではなくて、
実際にいつ起きても可笑しくないというか、その一部は実際に起きている事件
でもある。

良く便利さとリスクは比例すると云われるが全くその通りで、株取引などはリ
ターンとリスがクは1対1だが、スマホに関して言えば、1対5以上かもしれない危
険性を孕んでいる。この作品を読んで、私はしみじみガラケーで良かったと思っ
たくらいである。私は昔からスマホのセキュリティを信じていなかったので、便
利とは思ったものの使わなかったが、正に現在のスマホはポータブルコンピュー
ターと化し、その情報量の多さと失くした時の危険性は図り知れない。

さて話を内容に戻すが、様々な事件は主人公の稲葉麻美の彼氏富田誠が、自分の
スマホをタクシーに忘れ、それを拾った男に麻美が富田と間違えて電話するとこ
ろから始まった。富田のスマホは返却されたのだが、そのスマホの全ての情報は、
拾い主の男に盗まれてしまう。

時を同じくして神奈川県の山中で、山菜取りをしに来た女性により地中に埋められ
た遺体が発見される。神奈川県警刑事部の毒島と加賀谷が事件を追うが、一向に
被害者の身元が判明しない。しかもほぼ同じ場所から更に3つの遺体が見つかり、
この遺体の身元も不明という事で、事件は混迷の度を増していく。

一方麻美は親友加奈子の勧めもあり、今まであまり興味のなかったフェイスブック
に、のめり込んでいく。フェイスブックに投稿するうちに友達承認も増え、ある日
富田と同じ会社の小柳という男からコメントがあり、最初はまめに返事をしていた
が、だんだんプライベートに踏み込んで来るようになったので、どうしたものかと
悩むようになって行く。

実はこの小柳こそ富田のスマホの拾い主の成り済ましで、盗んだ富田の個人情報から
、富田の人間関係は基より、麻美やそれを取り巻く情報を全て引っ張り出し、麻美を
手に入れたい一心で、仕掛けて来たのであった。さて麻美のこれからの運命は如何に
は本書を読んでのお楽しみという事ですが、この後も話が二転、三転、四転と転がっ
て行って、最後まではらはらさせられます。

この小説を読んで、もちろんストーリーも大変面白いのですが、それ以上に、本当に
スマホを落とした時の恐怖感が、甦ってきます。初めにも云いましたが、私はスマホ
のセキュリティをあまり信じておりませんので、ネットは自宅パソコンで、電話と一
部のメールはガラケーで、支払いはクレカとそれに付随した電子マネーと現金でとい
う風にしてますので、カードを失くした時に対応するくらいで、あらゆる自分の個人
情報が一度に盗まれるという事は、パソコンをクラッチキングてもされない限りあり
ませんが、スマホをお持ちの方は、それなりの覚悟が必要かもしれません。
それでは又。

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新品価格
¥435から
(2019/9/25 11:48時点)




【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
株式投資ランキング
posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2019年12月16日

書評−夜の塩



山口恵以子氏の作品では、「月下上海」「愛よりもなほ」を読んでおりますが、
明治から昭和初期頃の薄幸な女性を描かせると、天下一品ですね。まず雰囲気が
ありますし、当時の情景が、私の生まれる前の時代でも、くっきり浮かび上がる
から不思議です。

山口さんのキャッチフレーズは「食堂のおばちゃん」で、そのシリーズ物も面白
いのですが、私は圧倒的にこれらの薄幸美人ものが好きです。山口さんは社員食
堂勤務時に作家デビューしたので、そのイメージが強いのですが、経歴を見てみ
ますと、早稲田大学文学部を卒業後、松竹シナリオ研究所で脚本を学んだりして
いますので、かなりのキャリアの持ち主です。

今回の「夜の塩」も昭和30年代を背景にした物語で、主人公は国立大学を卒業
して、名門私立女子校で英語の教師をしている篠田十希子。もうすぐ恋人の相葉
寿人と結婚をするという矢先に、母保子の心中事件が勃発した。保子は高級料亭
千代菊に中居として勤めており、相手は千代菊の客だった商社マンの前岡孝治だ
という。しかし十希子にはあんなに結婚式を楽しみにしていた母が、その前に心
中してしまうという事が到底納得できなかった。母の心中で婚約破棄をされた事
や、何とか真相を自分の手で確認したいという一念で、十希子は母の勤めていた
料亭千代菊に勤め、情報を得ようとする。

慣れない中居仕事を経験していく中で、実は千代菊は与党幹事長の久世龍太郎が
女将なみ江のパトロンだという事が解って来た。つまりは久世の派閥に便宜を図
ってもらう為、久世に取り入りたい政治家や会社の幹部が、千代菊を利用すると
言うわけだ。その中に母保子と心中したといわれる男の会社・三晃物産もあった。
その三晃物産は鉄鋼会社との間で架空取引を行い、多額の使途不明金が発覚して
特捜が捜査を進めており、心中した前岡も召喚して事情を聴く予定になっていた。

その一連の取引の橋渡しをしているのが、久世の元秘書だった糸魚川。そして保
子は糸魚川の会計担当であった。十希子も保子の娘という事で糸魚川に気に入ら
れ、会計担当になる。しかし十希子の本心は糸魚川を通じて、更に母の真相に迫
る情報を手に入れる事であった。

そんな中、母の事件を面白おかしく取り上げたゴシップ新聞の記者津島が現れる。
最初は憎み敬遠していた十希子であったが、津島が元は大新聞の熱血記者だという
事が解り、自分が千代菊での情報提供することにより記事にしてもらい、世間に母
の事件が仕組まれたものであり、その結果として検察に再捜査を求めたいとの思惑
で、津島に協力することになる。

その結果として物語は思わぬ展開に。ここから先は本文を読んでのお楽しみという
事ですが、一つだけ注文を付けさせてもらえれば、糸魚川さんずるい。恰好良すぎ。
私だってこんな若くてかわいい彼女がいたら、良い恰好しいになります。
それでは又。

夜の塩 (文芸書)

新品価格
¥1,836から
(2019/9/16 10:51時点)




【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
株式投資ランキング












posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集