広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月07日

危険な化粧品は使いたくない「酸化チタン」について

こんにちは。日々しみと戦っているあずきです。

先日、ミネラルファンデの中に含まれる「酸化チタン」に危険性がある

と書かれてある記事を発見しました。

私が見た記事はミネラルファンデーションのみの危険性が書かれてありましたが

「酸化チタン」ほとんどのファンデーションや日焼け止めに使用されている

物質でミネラルファンデーションに限ってのことではないので

ファンデーションや日焼け止めを使っている方であれば少なからずリスク

があるかもしれません。

海.jpg

キレイになりたいと思って使っているファンデーションや日焼け止めが実はお肌を傷つけているとしたら・・・

考えたら、とっても怖いことですよね。

私たち消費者側も多少の知識を持つことでリスク回避することが可能ですので

気になったことがあれば危険性や安全面を調べてから購入するようにしたいですね。
酸化チタンの安全性について

酸化チタンには発がん性があると、ネット上で書かれている記事を見かけますが

本当にお肌や体に悪い物なのでしょうか?

一体どんなもので、どんな影響があるのか調べてみました。

右向き三角1右向き三角1酸化チタンとは? >>>※日本チタン工業会より

チタン鉱石を原料に生成されたものです。

塗料・インキ・紙・プラスチック・繊維・ゴム・化粧品などなど

私たちの生活の中に日常的に使われているものが多くあります。

食品にも含まれており日本では食品添加物に指定され着色のみと限定されています。

食品を白くする効果がありアメ・チーズ・ヨーグルト・ホワイトチョコなど色は違いますが

ケチャップにも使用されています。

ナノチタン.png※クリックで拡大します

種類は3種類ありますが一般的に使用されているのはルチア型とアタナーゼ型で

ナノ粒子の状態で使用されていることが多いようです。

右向き三角1右向き三角1日常的に幅広く使用されている”酸化チタン”の何がいけないの?

一般的に危惧されているのは、発がん性、アルツハイマー、不妊のリスク

があるといわれています。

化粧品としては粒子を小さくし過ぎると皮膚の細胞にまで入り込んでしまい健康被害の懸念が心配されています。

またコーティングが不十分だと酸化発生し肌の老化につながります。

アメリカの癌学会では地球上で最も発がん性を有する物質5つのうちのひとつと言われていますが

日本チタン工業会は発表している報告には酸化チタン使用による発がん性に

明確なるデータをもとに十分な証拠はないと結論付けています。

人への発がん性リスクは今後とも多くの検証と時間が費やされると予想し

酸化チタンの発がん性の疑いは十分な情報が得られていないというのが現状です。

では、私たちはどんなファンデーション・日焼け止めを選べばいいのか?


過度に怖がる必要性はないものの、私たち消費者側が安心して化粧品を使用するために出来ることは

酸化チタンで肌を酸化させないように

ナノ粒子でない酸化チタン、そしてコーティングされているもの

選ぶようにすると良いでしょう。

そして、自分ではわからない事や不安が残るようなららメーカーに直接聞いて

不安を払しょくしてから購入するのがいいと思います。

それで答えが返ってこない企業の商品は買わない方が賢明だと言えます。

私もミネラルファンデーションをこれからも安心して使いたいので

オンリーミネラルにミネラルファンデーションの危険性について質問しました。

早速、ご回答を頂けましたので抜粋して一部のみご報告します。

残念ながら質問しても回答がもらえず放置状態の企業もある中

こうやってすぐに回答して頂ける企業は信頼できるし商品も安心して使うことが出来ます。

>>>酸化チタンにつきまして、ご案内致します。

もし酸化チタンを含む化粧品に発がん性が疑われるようなら
市場の大半の日焼け止め製品は回収となりますが、
実際にそこまでの危険性は確認されていないということです。
それよりも、紫外線による肌の老化は証明されていますので、
酸化チタンによって防御することの方がメリットがあると考えております。

薬用美白ファンデーションは、一部酸化チタンをホホバ油にてコーティングしております。
酸化亜鉛はすべてマイクロ粒子(ナノ粒子ではない)で、コーティングはされていません。

ナノレベルではなく、お肌への吸収はございませんので、ご安心下さい。


自分の肌に使用するものなのでリスクと安全性を理解したうえで

購入するように心がけたいものですね。


ポチして頂けると励みになります

人気ブログランキングへ



2016年09月15日

ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体の違いを知って自分に合ったシミ肌ケアを!!

こんにちは。日々しみと戦っているあずきです。

このシミさえなかったらもっとオシャレが楽しめるのに・・・
たったひとつのシミがあるだけで気持ちも前向きになれない

などなど、私も含め世の中にはシミに悩む女性がたくさんいます。

なんとかシミ肌とサヨナラしたいと、
やみくもに高い化粧品を使ってみても効果は得られるでしょうか?

私は公告や口コミに惹かれ、今までに時間も費用も化粧品にかなり費やしてきました。
それでも、キレイにシミがなくなったということはありません。

強い成分が含まれた化粧品を使用しようとする場合、
買う側も買おうとする化粧品がどんな成分が入っているのかある程度の知識を得ていないと
時間とお金の無駄になってしまいます。

何より使用する前に化粧品の主な成分の情報を少しでも
知っているか否かで気をつけないといけない留意点が見えてくるし対処も出来るようになると思います。
ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体の違いとは?

そもそもハイドロキノンとハイドロキノン誘導体の違いは何でしょうか?
名前は似ていますが全くの別物で成分も効能も、全く違うものです。
違いを知って正しい知識を身につければ何倍も効率よくシミ肌とサヨナラ出来るはずです。
ハイドロキノン

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれフェノールという物質を酸化させて作られたものです。
ビタミンCやプラセンタなどの美白成分の約10~100倍の効果があるとされています。

メラニン色素を作るメラノサイトに働きかけメラニンの生成を制御します。
また出来てしまったシミや色素沈着だけでなくニキビ跡やシワにも有効とされています。
非常に強い成分なので間違った使用をすれば逆にシミが増えたり肌を痛めたりする恐れがあります。
一般には洗顔した清潔な肌にハイドロキノンを塗布するのですが水分が多いと浸透されにくいので
20分ほど経ってから塗るようにします。
シミがない所にハイドロキノンを塗ると白斑が出来るトラブルがあるためシミのみに塗るようにしましょう。

※使用前に腕の内側でパッチテストをするのが良いでしょう。

ハイドロキノン誘導体

コケモモなどの天然植物を由来とした成分でメラニン色素を作る酵素チロシナーゼを阻害する作用があり
美白効果があるとされています。
その効果はハイドロキノンの1/100と言われており肌に優しく安全性が高いので多くの化粧品に配合されています。
副作用もほとんどありません。

使用する際の注意点を知り自分の肌は自分で守ろう

ハイドロキノン

紫外線を浴びるとシミが濃くなってしまうのでUVケアを必ずするようにしましょう。
顔全体に塗布してしまうと白斑の危険性があるのでシミのみに使用する。
かぶれたり赤くなったりヒリヒリ感を感じる方もいます。
また酸化しやすいので長時間放置しておくと劣化し効果が得られなくなってしまいます。
長期間使用することによって肌が弱くなってしまいますので長期間の使用は避ける。
ハイドロキノン誘導体

安全性が高いためハイドロキノンと比べ効果を実感しにくい。

成分の性質を理解して使用してシミ肌とサヨナラしよう


ハイドロキノンがどれだけ配合されているかで効果も変わってきますが
一般的には安全で効果が期待される目安は2~4%の配合とされているようです。
4%でも刺激は強いので3カ月以上の使用は避けた方が無難です。

ハイドロキノンを使用する場合は、使用法を必ず守り管理を徹底して行って下さいね。


ポチして頂けると励みになります

人気ブログランキングへ




検索
カテゴリーアーカイブ
溺愛中。クレンジングの度に透明肌になれる。 溺愛中。上質シンプルスキンケアでシミと戦う。 溺愛中。ファンデしながら美白へ導いてくれる。
記事ランキング
最新記事
写真ギャラリー
プロフィール
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ファン
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。