2018年12月31日

『It's a lemon.』「欠陥品だ。」

It's a lemon..png

『It's a lemon.』
「欠陥品だ。」


【直訳】
これはレモンだ。

【イメージ】
レモンを食べるとあまりに酸っぱすぎて「顔がしかめるほど」歪んでしまいます。

そこから、
欠陥品をつかんでしまった時の「しかめっ面」
をイメージてしください。笑

【例文】
I got the cheap used car but it was a lemon.
安い中古車を買ったけど欠陥品だった。







ブログランキング参加中です!
最後のひと押しお願い致します(^^)


人気ブログランキング




2018年08月30日

『cherry-pick』「いいとこ取り」「おいしい所をいただく」「都合の良い所だけ選ぶ」

cherry-pick.png

『cherry-pick』
「いいとこ取り」「おいしい所をいただく」「都合の良い所だけ選ぶ」


【直訳】
サクランボをつまむ

【イメージ】
たくさんある物の中から自分に都合が良い好きなものだけを選ぶイメージです。
もしサクランボが山ほどあってそこから一つ食べるとしたら、普通は一番良さそうなのをその中から選びますよね!



【例文】
My grandma gave me tons of cookies but I was already full, so I cherry-picked the best one.
おばあちゃんがたくさんクッキーをくれたんだけどお腹いっぱいだったから、一番美味しそうなのだけ貰っといた。



ブログランキング参加中です!
最後のひと押しお願い致します(^^)


人気ブログランキング




2018年07月12日

『bowl of cherries』「沢山の良い事」「愉快な事」「楽しい事」

bowl of cherries.png

『bowl of cherries』
「沢山の良い事」「愉快な事」「楽しい事」



【由来】
ボウルいっぱいのさくらんぼをイメージしてみてください。
さくらんぼ好きな人なら嬉しい気分になりますね。
このように、沢山の嬉しい事や楽しい事を表現する時に使います。


【例文】
Life should be a bowl of cherries.
人生は楽しくなきゃね




ブログランキング参加中です!
最後のひと押しお願い致します(^^)


人気ブログランキング







2018年07月11日

『go bananas』「クレイジーになる」「気が狂う」「頭がおかしくなる」「激怒する」

go bananas.png

『go bananas』
「クレイジーになる」「気が狂う」「頭がおかしくなる」「激怒する」




【由来】
猿にバナナを与えた時に、猿がとても興奮してバナナを食べる様子からこのイディオムができました。


【例文】
I'm going bananas.
気が狂いそうだ。
Have you gone bananas?
気でも狂ったか?
Tom went bananas.
トムが激怒した




ブログランキング参加中です!
最後のひと押しお願い致します(^^)




世界一周旅に向けて日々頑張っています!
興味のある方は是非チェックしてみてください(^^)




2018年07月09日

『cherry on the cake』「おまけ」「特典」「あることを完璧にする最後の仕上げ」

cherry on the cake.png


『cherry on the cake』
「おまけ」「特典」「あることを完璧にする最後の仕上げ」



【直訳】
ケーキの上のさくらんぼ


【由来】
ケーキにさくらんぼは必要ないけどもしあったら嬉しいですね。
このように、ある物事に対して必須ではないけど、おまけ的なものとしてあると嬉しいものとして使われるようになりました。



【例文】
The great weather was the cherry on the cake yesterday.
昨日は素晴らしい天気のおかげでさらに最高の日になった。

Sightseeig NY was great, but hanging out with you was the cherry on the cake.
ニューヨーク観光は素晴らしかったけど、君と一緒に遊んだことがこの観光をさらに良いものにしたよ。



ブログランキング参加中です!
最後のひと押しお願い致します(^^)


人気ブログランキング




2018年06月14日

『sour grapes』「負け惜しみ」




DA9A2BFA-9BA7-4841-8FA5-726EAD011236.jpeg
『sour grapes』
「負け惜しみ」

to pretend something that u wanted but couldn't get as u didn't want with excuse
欲しかったけど取れなかった物を、
「ほんとはいらなかったんだよ。」と言い訳して失敗した事を隠す

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【由来】

In the old fable by Aesop,
古い寓話のイソップ物語で、

a hungry fox noticed a bunch of juicy grapes hanging from a vine.
お腹を空かせたキツネが美味しそうなぶどうが木の上にぶら下がっているのに気付いた。

After several failed attempts to reach the grapes,
何回かぶどうに届かないか試して失敗した後、

the fox gave up
キツネはあきらめて

and insisted
言い張った

that "I didn't want them anyway because they were probably sour."
「どうせこのぶどうは酸っぱいだろうからいらないよ。」と。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【例文】
Mike always fail exams of English.
マイクはいつも英語の試験に失敗する。
He said "it's way too difficult every trme".
彼は「毎回難しい過ぎるんだよ。」と言う。
I think it's just a sour grapes.
私はそれはただの負け惜しみだと思う。





『top banana』「主役」「中心人物」「リーダー」




8846DD69-DDE1-44CC-AD4F-6B60272D8DB4.jpeg
『top banana』
「主役」「中心人物」「リーダー」


leader
リーダー

head of the group
グループの頭

the chief in a group
グループのチーフ


【由来】
むかし、米国の舞台でいちばん面白いコメディアンバナナをもらうという習慣がありました。
このことから
「トップの役者」を指して「top banana」と言うようになりました。
そして、
「リーダー」「重要人物」といった広い意味で使われるようになりました。


ちなみに私はバナナが大好物です(^^)




2018年06月13日

『hear it through the grapevine』「人づてに聞く」「噂で聞く」

『hear it through the grapevine』
「口コミで知る」
「人づてに聞く」
「噂で聞く」

grapevine/ぶどうの木/グレープバイン
to hear news from someone who heard the news from someone else
hear something through gossip
検索
【人生初の電子書籍が完成しました!】 『絵でパッと覚える英文法』 Amazon Kindle Unlimited で読めます! 絵でパッと覚える英文法.png →詳細はここから!
プロフィール
ぴんきさんの画像
ぴんき
海外1人旅のために始めた英語学習ですが、 今では趣味の一つになってしまいました! 覚えたフレーズを少しずつブログにアップしていくので一緒に楽しみながらレベルアップしていきましょう!
プロフィール

↑ ブログランキング参加中! ひと押しお願い致します!
↑ 世界一周旅に向けて日々頑張っています! 興味のある方は是非チェックしてみてください!
ファン
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ