<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年01月31日

月末の下落

1月31日
143,138

18:00 東京マーケットは小幅安で始まり安値を突いて23,150円まで下げる。安値は拾われて23,365円まで値を伸ばすが買いが続かず引け間際に売り込まれる。月末のポジション調整からの売りも加わり、大引け一段安で安値更新。先物は23,095円まで下げて1月の取引を終える。高値からの下落幅は1,000円程度となり、買いが入り易い水準。ユーロタイムに入ると南アランドが安値から切り返すと先物も23,200円まで上昇。米国時間で弱材料が出て来なければ、下げ止まりの様相。先物にヘッジの売りが建つ。
今日で1月の取引を終えるが、通貨ポジションの金利分程度の収益に終わる。新高値を更新してから1,000円の下げは、プレミアムを必要以上に押し上げる。高いところを買わされ安いところを売らされる。1,000円幅の下落は、買い場となるか下落のきっかけか?2月相場は上げ易く、下げに転じるとは思えない。かと言って、ここからの再浮上もパワーを要する。23,000円どころで、ひとまず落ち着いてもらいたいところ。当月限S.QはP23000は完全に射程に入る。P22500は先物ヘッジ売りとの複合でポジション維持とする。
通貨はここに来てスイスが高い。南アランドは高値圏維持、トルコとメキシコが安い。共に安値圏なので割り込んで来れば買い乗せる。商品は白金を持った途端にスプレッドの縮小が止まる。スポット無期限取引で、地の果てまでポジション維持の動向。

2018年01月30日

鬼門の1月

1月30日
-126,409

18:30 東京マーケットは調整安、先物は23,260円で下げ幅は300円程度となる。プットの踏み上げは大した事は無いが、為替が揃って円高となり収支がマイナスに振れてしまう。恐れていた1月マイナスが現実となってしまう。為替ポジションのマイナスなので仕方無いとは思いつつ、言い訳じみた内容である事は確か。ポジションはコールの仕掛け値をプットに合わせて被せるポジション。明日、上下どちらかに大きく動いてしまったら大きくマイナスとなるであろうポジションである。急反発の方向は現実味無く、急落に備えなければならない事と思っている。今夜の米国時間が山となるが、S.Q.までの日柄は良い。

2018年01月29日

米国株に追随出来ない日本株

1月23日
444,356

1月24日
479,356

1月25日
299,356

1月26日
334,356

1月29日
307,991

16:00 週明けの東京マーケットは高寄り後、値を消して行く展開。先物は先週末比5円安、殆ど動き無く終える。為替の動きも無く、プレミアムは大きく下落している。価格は高値圏にあって、比較的値幅の大きな動きが続いた1月。目標はあくまで勝ち難い1月をプラスで終えるという事。残すところあと2営業日、このまま何事も無くやり過ごして2月へと臨む。


2018年01月22日

パラジウムの下位に成り下がる白金

1月19日
395,771

1月22日
489,474

17:30 週明けの東京マーケットは小さな動き。先物は23,795円で引けている。通貨は朝方円高で、現在は円安へと切り返す動き。内戦模様のトルコも安値から復活。ユーロタイムに入って南アランドが値を伸ばす。ランドが伸びて来ると白金もようやく目を覚ます。ゴールドとのサヤは最大1,335円に拡がった昨年12月から一気に縮小して現在1,100円。パラジウムにも逆転された希少金属プラチナの行方はスポットストラドルで長期戦で臨む。上昇相場に乗り遅れた日本株。通貨と商品はこれから動き出す。

2018年01月18日

N.Y.ダウ急伸、225は高値から急落

1月15日
338,332

16:00 週明けの東京マーケットは小幅高で引ける。先物は寄付き23,800円から値を消して安値は23,665円、引け値は23,725円となっている。今夜の米国市場休場からか、プレミアムは下落して理論値へと近付きつつあるように見える。今後は24,000円を抵抗に、しばらく足踏みしてもらいたいところ。米国大統領の言動には警戒があるが、このまま何事も無い1月を願う。

1月16日
308,332

1月17日
288,332

1月18日
180,771

18:00 東京マーケットは窓を空けて高寄り、先物は一気に24,110円で始まる。米国株が大幅に史上新高値を更新した事と、円安が加わった事が原因。小さなポジションだが、C25000が引かされている事から先物をヘッジ買い。24,100円で買いが建つが、寄付き高値となってズルズルと値が消えて行く。24,000円を割り込むと下げ足を速めてマイナスサイドまで急落。まさか真坂魔坂の安値は23,685円。来る筈が無いと入れておいた指値が次から次へと買い約定。24,050円、23,900円と難平買いのポジションで急落に見舞われてしまい損失が嵩む。何の材料も無く急落した価格は大引けで23,770円。乱高下にプレミアムも強含んで踏んだり蹴ったりの1日。通貨ポジションの収益を全て食い潰して、訳の解らない値動きに翻弄される。ストラングルポジションはセンター23,750円、当月限の先物買いが損勘定で残る。今になっては後悔だが、ダウ買い/225売りのスプレッドが正解だった事になる。

2018年01月12日

約束(ルール)が成立しない民族

1月12日
267,612

10:30 東京市場、当月限S.Q.は23,723.19円で決まる。先物は寄付き23,750円、米国株新高値更新から上昇して始まるが現在マイナスサイドまで下落中。もう定番となりつつあるダウの史上新高値更新。スタート地点は今となっては信じられない7,000ドル付近。現在25,550ドルなので、その上げ幅は18,550ドルで3.5倍。対するNIKKEI225はスタートは同じ7,000円と単位は違うが解り易い価格。現在23,700円で、上昇幅は16,700円で3.385倍。ダウが先行高して、ある日突然急伸して追随するのが今の値動き。今日で376営業日、大きな下落は無い。いつか必ず訪れる調整クラッシュを決して忘れてはならない。

17:00 東京マーケット、S.Q.通過後は弱含み先物は23,640円で引ける。次週からの焦点は24,000円、調整中の為替と爆伸を続けるNYダウのどちらにサヤ寄せするか?。韓国オリンピックに北の参加は上げ材料となるようだが、一度国家間で交わした条約を白紙に戻すとんでもない民族。こいつらが合体して祖国統一なんて事にでもなったら、それは恐ろしい国が出来上がる。おかしな狂った者同士、だからこそ対立していた訳である。一過性の事と見るべきであって、この2国間に平和など訪れる事は無い。類は友を呼ぶ、所詮約束など通じる相手ではない。それに比べてマーケットの世界は極めて簡単なモノ。高いか安いか、価格操作などメジャーな市場では有り得ない事。どんな参加者にも平等であり不正など皆無。負ける事は自分自身に問題がある。勝てば官軍、儲けている奴がただ単純に偉い。ギャンブルと一緒で、負け続けている奴は市場に資金を供給し続けるアホでしかなり得ない。良い時代と認識しなければならない。

2018年01月11日

円安が止まる?

1月10日
239,273

1月11日
174,273

16:00 東京マーケットは下落、先物は23,650円で引ける。昨年末からの円安に調整が入り、各通貨1%程度の円高となっている。先物の安値は23,590円、押したところには買いの手が次から次へと出て来る感じで価格を押し戻す。為替が更に円高方向へ大きく進むとか、余程の弱材料が出て来ない限り押し目は限定的なムード。押し目待ちに押し目は本当に無いのか?24,000円を付けた先物に、1,000円、2,000円の調整は来ないのか?取敢えず明日の当月限S.Qは23,500〜23,750辺りでの決着模様。残っているポジションは少量、次限月2月限への仕掛けを急ぎたいところ。本命は日柄の良い3月限と見ている。高値の更新が終わり、調整安時の仕掛けが最高の仕掛け場となる。

2018年01月09日

売り方全滅の新高値更新

1月9日
129,536

18:45 連休明けの東京市場、先物は24,000円の大台をワンタッチ。このまま踏み上げかと思ったが、引けにかけて値を消して行く展開。先物は23,860円まで押し込まれて引ける。新年から1段高後の続伸で売り方全滅の新高値更新。踏み上げでコール急騰も予想されたが市場は冷静を保つ。24,000円直前でもたついてくれれば、割高推移のプレミアムも落ち着きを取り戻すはず。行き過ぎはいけない事、調整安に期待する。

2018年01月05日

今日も値が飛んで28年ぶりの新高値更新

1月5日
115,968

16:00 東京マーケットは今日も新値更新、先物は前日比305円高の23,730円で引ける。2営業日で1,000円の棒上げは、抜くのが難しいとされる日足線の形をあっさりとブチ抜いてしまう。先物終値23,700円は1990年11月22日、28年ぶりの価格で、今後の行方は過去に経験の無い値動きが待ち構える。長年、理論値を大きく下回っていたコールプレミアムが急浮上。今後は割高推移となる事は必至で、ファーアウト・コール売りの戦略に切り換わる事になる。
今夜の米国経済指標の発表で、更なる値動きが予想される。次週当月限S.Q.の落しどころは全く予想出来るもので無く、連休越えのポジションは遠いプットのみとする。目先意識する事は、1月に損失を出さない事だけに集中する。28年来の高値を更新中に大きなポジションを持つ事は愚か者の採る戦略。ボリュームを抑えて取り組んで行く事に徹する。

2018年01月04日

2018年は新高値更新のロケットスタート

1月4日
81,670

16:00 年初の東京マーケットは高寄り後、場中急伸で大幅高で取引を終える。先物は前営業日比660円高の23,410円で引ける。これで前年の高値を一気に更新、新年早々予想外の上昇に困惑してしまう。1月は毎年、勝つのが難しい月。大きく新高値を更新するスタートは要警戒で、今後の仕掛けはより慎重にと思っている。単純に買い持ちのプレーヤーは笑いが止まらない年初となっている事と思うが、反面同額の損失で始まるプレーヤーも居る事と思う。素人が得た泡銭の儲けは必ず循環される。割高コールは今後の収益へと必ず繋がる事になる。息の長い上昇トレンドは今までに無いコールの値動きが予想される。いつかやって来る急落劇を日々頭の片隅にメモして、新しいコールの動きを追いかける1年の始まりとなる。

プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。