<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年05月25日

コール踏み上げ

5月25日
1,453,096
16:30 東京マーケットはジリジリと値位置を上げて19,855円まで上昇。C20000、20250が踏み上げとなり値が飛ぶ。引値は19,800円となり噴き上がったコールは沈静化となる。未だ20,000円の壁は大きいと見て、先物売り、P19500売りをポジションに被せる。先物は両建てとなり単純なセンター19750のナローレンジのストラングルとなる。プレミアムが大きく剥げればそれで良し。片方向へ持って行かれた場合、少しややこしいポジション調整となる。


2017年05月24日

20,000円を射程に据える

5月16日
1,278,066

5月17日
1,087,968

5月18日
797,968

5月19日
737,385

5月22日
957,785

5月23日
1,053,096

5月24日
1,353,096
18:30 日中の先物は19,740円で終了、夜間取引に入っても小動き推移となっている。5月に入って19,000円台に載せて値位置を上げて20,000円まで上昇。大台はワンタッチで19,500円割れまで押され現在19,750円辺りで行ったり来たり。突発的な大きな悪い出来事さえ起きなければ20,000円は時間の問題と見る。その後は20,000円を軸に値位置を上げただけのレンジ相場を想定している。21,000円を目指す材料は円安くらいしか無く、下げたところで買いが入って来る事は見え見え。当月限メジャーSQは20,000円直前での決着を予想し、先物買い、C20000売りのポジションを採る。ユーロ系通貨の強含みも、そろそろ限界と見ている。


2017年05月15日

異常に高いスイスフラン

5月12日
1,188,066



5月15日
1,273,066
16:00 週明けの東京マーケットは安く始まって場中戻す展開。先物は小幅高まで戻して引けている。昨日の早朝に飛ばした北のミサイルも慣れれば何の事も無く、材料視されない。中東時間に移ると円安進行気味となり、市場は上方向賛成のムード。個人的には20,000円は割高で、日本株は米国株とは別次元で見なければと思っている。しかし現実には米国株に追随となっており、20,000円は射程内か。当月限は日柄良く、残り日数が少ない。逆に次限月F月限はフルに日数が残るため、仕掛けるには躊躇する。メジャーS.Q.当月限で勝負をかけたいところだが、プレミアムは既に冴えないところまで落ちている。

10年程前の為替の値段を思い出す。ドルは少し高く120円、ユーロが160円台でポンドは240円以上。キャンドルも100円を超えて豪ドルも100円台。南アランドは17円台!トルコは90円を突破している!!絶対的におかしいのがスイスフラン、98円程度で唯一現値の下で推移している。ここ10年間で一番強いのはスイスフランであって、その強さは異常な程。何でここまで高いのか?今後も続くのか?今以上に高くなるのか?そして、長年の修正が訪れるのか?ポジションは調整に傾きつつある。


2017年05月12日

当月限S.Q.値は19,991.27円

5月8日
665,131

5月9日
837,391

5月10日
1,067,391

5月11日
1,126,499

5月12日
9:30 東京マーケット、当月限S.Q.値は19,991.27円。C19750の売りポジションは、持っていれば入り込んだ結果となった。そう考えると値位置は高いように感じる。今回はE月限とのカレンダースプレッドが大きくヤラれ、コールが踏み上げ気味となった事が敗因。しかしコールの踏み上げは、プットの損失に比べれば非常に小さい。勝ち負けでは無く、金額ベースで戦略を考える重要性を考えなければと思う。S.Q.通過後は材料難から流れは上方向か?コールの価格は売るに足りず、十二分に引き付けてから・・・。


2017年05月02日

連休は3営業日の海外リスク

4月28日
953,886

5月1日
936,480

5月2日
995,356
18:00 連休前の東京マーケットは上昇して引けている。先物は19,485円と想定外の上値追い。北の挑発と米国の強硬姿勢はハッタリと市場は判断している。プレミアムもそれなりに下げており値位置は低い。当月限の得られる収益は小額。それに対するリスクを嫌い、当月限のポジションは全て撤収する。これで連休中にミサイルが飛んで来ても、また米国が北を攻撃したとしても困らない。ここに来て不調続きだったので、ここは仕切り直して再スタートとする。

プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。