<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年01月13日

当月限S.Q.は19,182.28円

1月13日
9:00 昨夜の米国時間で先物は18,940円まで売り込まれる。しかし引け間際に大きく戻す展開で、東京マーケットへ。寄付きは19,195円、昨夜の安値から250円程度の切り返し。13日の金曜日急落劇は回避へ向かう。
当月限S.Q.は19,182.28円、先物の寄り値とほぼ変わらず。20,000円の壁は大きいが値位置は確実に上げて来ている。


2017年01月12日

19,000円割れ寸前

1月11日
85,020

1月12日
90,020

17:30 指数先物は下げて19,110円で引ける。ユーロタイムに入ってさらに下げて19,050円、19,000円割れ目前となっている。20日の大統領就任を前に崩れそうな雰囲気となっている。明日のS.Q.通過後に崩れるパターンもある。フライングせぬ様に、十二分に引き付けて仕掛ける。下げなければ出動機会を失うが、動き出す事を期待している。

2017年01月10日

実質、今日から2017年が始まる

1月4日
168,100

1月5日
148,100

1月6日
55,020

1月10日
75,020

16:00 連休明けの東京市場は調整安、先物は19,310円で引ける。実質、2017年度は今日からのスタートで週末には当月限のS.Q.を控えている。先週末の米国経済統計の数字はやや弱い内容だったが、値は崩れず。GBPの新安値が気掛かりだが、市場は高値圏維持継続のムード。ただ、ここからの上値は米国、日本共々大台となるため突破には疑問が残る。トランプ期待先行で値位置を上げて来た相場なので、材料出尽くした時の行方は下方向しかないのでは?過去を振り返っても、1月は崩れる事が多い。また、トレードの成績も極端に悪い。何かが起こると思っている。

プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。