<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年04月29日

16,000円割れ

4月29日

9:30 東京マーケットは休場、従って為替の動きも小さい。米国市場はやや値位置を下げて終了。USD108円台死守、GBP4円以上の下落、CMEは16,300円辺り引けている。今夜の海外市場で16,000円割れが視野に入って来る。そうなれば週明けの東京市場でプットがうるさくなって来る。連休を直前に15,000円台の取引はロングの参加者を苦しめるには十分過ぎる値位置。連休どころでは無くなってしまい気が気でない時間を過ごす事になる。逆に今夜の海外市場が今の値位置を維持出来れば比較的おとなしい週明け相場になる。敢えて今夜の反発は想定しない事にする、可能性は極めて低い。当然起こり得る出来事は前者であり誰かが描くシナリオ通りの展開。

USDは3週間かけてチビチビと戻した4円を日銀砲不発で消し去ってしまった。108円は大きな下げ止まり線で重要な節目。正確には107.60を割り込めば新値の更新となる。そうなれば101円まで一気に下げて来る公算が大きい。先物は2014年前半の水準まで下げて来る。しかしその値段は14,000〜15,000円で思った以上に深くない。現値から2,000円程度の下げを想定しておかなければと思っている。

マーケットに長時間とどまって行くのだと決心する。今から20年後でも自分はトレーダーであり続ける。

今後、何ヶ月、何年にもわたり、マーケットは存在し続け、その間、今よりもっと良いチャンスが必ず訪れる。

トレーダーがお金という目標をいったん失うと、たちまち行き詰る。

プロは鉄壁の脱出計画を持っている。プロと素人の主要な違いのひとつは脱出計画である。

気が弱くて小さな損失を受け入れることが出来ない素人は結局大損することになる。

怠惰なトレーダーは市場の恰好の餌食になり、市場は態勢のの整っていないレーダーに絶えず新たな策略を仕掛けている。

単に「平均より優れている」だけでは十分に優秀とはいえない。群衆から抜きん出て優秀でなければならない。

トレーディングは戦争の次に最も危険な人間の行う事業である。

自分自身を敗者といっている限り、損失を回避することに集中できるはずである。

人間の覚醒レベルは4つ。1:寝ている状態 2:寝ぼけている状態 3:平常心 4:不安、修羅場、興奮状態

修羅場や喧嘩に慣れて常時 ”平常心” を保たなければならない。→信じられないような急落時、混乱の中でさえ、やるべき事(損切り)は冷静に実行しなければならない。


今、再認。






2016年04月28日

日銀砲不発

4月28日
954,425

17:00 本日の東京市場は米国株高から高寄りし続伸、17,580円まで値を伸ばす。コールが再燃して小うるさくなって来る。後場になると一転、日銀砲不発で急反落。USDは一気に108円割れ寸前まで叩き込まれる。111円台後半から4円近い下げは一体何なのか。GBPは162.55から5円下げて157.59まで、EURとCHFも3円程度の下落。比較的資源系通貨の下げは小さい。先物は16,540円まで1000円幅の暴落。途中少し戻す場面も見られたが引け間際に再度売られて安値を更新、16,510円の安値引けとなる。

日銀の追加緩和など大した内容が出て来ない事を皆知っていた事。高く引っ張っておいて激しい売り込み。見え見えの内容なのだが手が出せない。連休を前に積極的に行けるモノは限られた人物。当然、24時間ヘッジ可能な海外市場の口座を有している事と思われる。また休みを前に、仕掛けて行く勇気を有するモノも限られて来る。下方向への大き過ぎる動きに、ただ単に戸惑うだけ。


2016年04月27日

終始小動きな一日

4月27日
795,809

17:30 東京マーケットは終始小動き、小幅安で引ける。このままおとなしく連休に突入してもらいたいところ。下げはいいが上値追いが困るポジション。日足から見ると18,000円は大きな節目、19,000円など有り得ないなんて思ったりしている。
最近の戻りでコールの踏み上げ損失が約90万円。差換えのコール売りのプレミアムが25万円。ネイキッドのファーアウトへの移行プットが約20万円。45万円の損失が確定された訳だが取り返すポジションは無い。連休を控えて小さ目だったポジションが傷を浅くしている。
全ては連休明けから。直前に大きく振れれば、遠いプットは仕掛けて行く。

2016年04月25日

不自然な買い

4月25日
656,241

18:30 週末の米国市場は訳の解らない内容。米国株は小幅高だが円が大きく売られて引けている。CMEは17,750円どころで引けている。週明けの東京マーケットは早朝のオセアニア時間で円一段安。東京時間に移る頃に円高へと切り返し先物は17,630円で始まる。場中は更に円高が進み17,400円まで下げてマイナスサイドへ。週末に踏まされたコールが悔やまれるが、次の展開を考えて行かなければならない。上げの勢いは小休止して先物は17,450円で引ける。価格調整が進んだコールも今日は下げる。
夕場に入って17,350円まで下げたところで切り返して来る。プラスサイドまで買われて17,500円。明らかに不自然な買いが入っている気がしてならない。

2016年04月22日

コール踏み上げ

4月22日
621,509

16:30 東京市場は朝方こそ安かったが、後場に入ってプラスサイドまで上昇。コールは連日踏み上げられて、ポジションは調整の連続。積み上がった損切りが為替ポジションの収益全てを飲み込んで行く。連休を前に全面撤退も視野に入って来る。17,500円までの切り返しは想定外。何でここまで買われるのか不思議でならない。

2016年04月21日

連日コールの踏み上げ

4月20日
804,762

4月21日
662,136

17:30 東京市場は大幅高、先物は前日比525円高の17,400円で大引け。2週間で2,000円近く上げた相場は連日コールが踏まされる。連休を控えてプットの仕掛けが緩く、コールの損失を補えない状態。プットの深追いは避けたいので損切りしてレンジを上へ上へと仕掛け直す事ぐらいの戦略しかない。そろそろ上げ止まってくれねばと思っている。

2016年04月19日

ユーロ時間で17,000円を突破

4月19日
865,561

18:00 東京マーケットは大きく切り返す。指数は前日比600円高の16,874円で引けている。地震の影響など皆無とばかりにユーロ時間で一段高、17,000円を軽く突破している。超安かったコールが小うるさく上げだすが未だ理論値以下の価格。九州無視の上げ相場に戸惑うが、明日の価格帯次第ではコールが踏まされる事になる。為替の値位置に対して高い指数が疑問だが、付いた価格が正当な値。ここに来てコールが踏まされる事は想定外だが、切るべきラインに達したら切るのみ。

2016年04月18日

地震円高大幅安

4月18日
760,561

18:00 東京市場は予想通り、円高から大幅安の展開。週末にGBPを売り持ち出来なかった事が残念。引け間際に指値が入らず。今後の行方は地震次第。更なる大きな地震が起きれば15,000円台へ。このまま収束に向かえば下げ止まるが、上値を追う事は難しくなった。当限18,000円の芽は断たれた格好で、年内18,000円も苦しいのでは。低空飛行を維持する事は難しく、悪いニュースが出れば下へ下へと向かう相場。

2016年04月16日

週明け円高一段安

4月15日
825,561

4月16日
15:30 週末の海外市場は小幅安で引ける。今日になって九州地震の被害が深刻になっている。週明けは一段安と円高が想定される事になると思うのだが・・・。
プレミアムは想定していた事だが週末に来て強含んでいる。来週、再来週も大きな下落は期待出来ない事と予想する。更にはこの地震、少し不気味な気がする。先日の震度7には驚いたが、その震度7が前震と気象庁は発表している。本当の地震は今朝の震度6であって、現在も続いている異常な連発自身が余震との事。震度3以上が半日で100回とは驚き。5分おきに揺れている事になる。余震では無く、でっかいのがやって来るのかもしれない。とんでもなくデカいヤツが・・・。火山の噴火と連動して、九州がとんでもない事にでもなったら・・・。何が起こるか本当に解らないのが最近の市場。100年に1度のの出来事が頻繁に発生してしまうのが最近の流れ。



2016年04月14日

まさかの2連騰

4月14日
713,926

16:00 東京マーケットは続伸、2日間の上げ幅は1000円に迫る棒上げとなる。コールは早期撤退したが次のポジションが完全に捕まってしまう。コールは未だ理論値の半値以下。昨日買えばよかったが結果論。仕掛けるには絶好のチャンスだが、限月の日柄が悪過ぎる。

プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。