<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年02月29日

高値圏から500円の下落で安値引け

2月29日
147,776

16:00 週明けの東京市場は寄付きの高値圏から大きく下げて、先物は前週末比330円安の安値引け。高値16,465円から500円以上の下落幅となり前場で大幅安のプットもプラスサイドまで復活している。G20で、各国の通貨安誘導が課題となり円売り介入が無いと見た円高が進行。寄付きこそ小幅安だったが、時間の経過と共に円一段高となる。先物が円高を跳ねのけて強含んだところを売ってみるが、なかなか下げず。ポジションを切った途端、高値から落ちて来る。悔やまれる・・・。

2月のトレードは1月の損失を丸々取り戻す結果となる。次週のSQに向けての当限のポジションは遠いストラングルとプットのみ。大した動きは無いと思うが円高には注意が必要。為替介入が無いとなると、円買いを仕掛けて来る奴らがやりたい放題となる。110円を割り込めば、再度15,000円を割り込んで来る。当限が14,000円まで下げる事は無かろうが、次限月への移行は慎重に行きたいところ。上方向への動きは断たれた格好で、年内低迷の目が見えて来る。

2016年02月26日

113円台復活

2月26日
174,259

17:00 東京マーケットは続伸、高値は16,470円まで買われるが引け値は16,260円。割安なコールは修正高するも未だ理論値を下回るプライスとなっている。年初の安値14,800円から1,500円程戻した事になるが戻りの目処は?下落幅は約6,000円、半値戻しで18,000円、2/3戻しで17,000円となる。17,000円を一気に抜ける事は考えられず、このラインでモタつく事を想定している。当然、戻り一杯となる展開も想定する。個人的に来週の値動きは16,000円で値を固めるような小動きを期待する。


2016年02月25日

先物反発16,130円

2月25日
134,259

17:00 東京マーケットは反発、先物は16,130円で引ける。価格帯は16,000円付近で、この上ない値動きとなっている。プレミアムは未だプットの割高感があるが、今までの乱高下を思い出すと手が引っ込んでしまう。もう少し突っ込んで来たところを待ち構えたい。
2月も残すところ2営業日。割高な当限のプットを売り乗せたいが、サイズは控える事にする。最近は読みが当たっているが余り気が進まない。得てしてこんな時はガンガン攻めた方がイイのかもしれない。絶対と思った仕掛けは思わぬ結果を招くもの。逆に気が乗らないトレードは良い結果になる事が多い。

2016年02月24日

英ポンド連日下落

2月24日
223,605

16:30 東京マーケットは111円台の円高と米国株安から下落して始まる。前場は15,720円まで売り込まれるが大きくは崩れず、後場になって値を戻す展開。悪材料が重なっても、下げ幅は限定的で底堅い印象が残る。プレミアムもプットが小うるさく上げて来る場面が見られたが、結局値を戻して引けている。先物は前日比240円安の15,860円で大引けとなる。
GBP急落、USD111円台と悪い材料が出て来るわりに、強い印象を受ける。大きな値幅も確実に収まりつつあり、このまま16,000円付近での値固めに移行する事が予想出来る。為替もGBPが大きく下げているが、今の水準が適正値の様な感じもする。あれだけ叩かれた南アランドも下げ止まっている。必要以上に売られたり買われたりしたものは時間の経過と共に適正値に是正されて行くだけ。

2016年02月23日

GBP連日下落

2月23日
258,605

17:00 東京マーケットは小幅に高く寄付いて16,340円まで上値を伸ばす。後場になって円高に切り返すと上げ幅の全てを失いマイナスサイドへ転落。USDは一時112円を割り込むが、再度戻して112円台を死守。先物は円高のわりに売られる事無く小幅安で引ける。

夕場に入って再び円が買われてUSDは再度111円台まで下落、昨日に続きGBPの下げがキツい。先物は16,000円の大台を割り込み15,935円まで下落。USDも大きな下げには至らず、118円台後半を維持。大きな値幅は収束しつつある。

2016年02月22日

収益本年度初のプラスへと浮上

2月22日
148,605

16:00 週明けの東京マーケットは米国株小幅安、円高から200円程度の安寄り。オセアニア時間でGBPが下落し、他通貨も円高気味に推移しているわりに下げない印象。寄付いたその後は買われる展開。中国株の上昇を手掛かりに一気に16,175円まで上昇、上げ幅は400円に迫る。その後は高値から放れるが底堅く推移、引け値は16,075円。プレミアムは急降下、しかし未だプットは割高な値位置。

低迷していた収支が本年度初めてプラスへと浮上。今までの乱高下急落劇でこの成績なら良しとしなければと思う。オプションの売り方にとって、最悪な値動きを振り返る。損切りもある程度発動されたが、初動仕掛けロットが少なかった事に尽きる。難平気味にポジションを膨らませて、下げ止まる。不本意なプレミアムの上昇は資金力で踏み止まる。想定内と言えばそうなのだが、この大きな値動きが収束方向へと向かってくれる事を願う。

2016年02月19日

支援材料無ければ売られる展開

2月19日
-98,455

16:00 米国市場は小幅安、USDは再び113円。支援材料が無ければ必要以上に売られる先物は今日も500円近い下げ幅を示現。USDの持ち直しと共に値を戻して15,980円で今週の取引を終える。少しの円高や原油安、そして中国株安に敏感に反応して執拗に売られる日本株。今週は連日乱高下で、価格を追ってはまとのじゃいられない値動き。大きく構えて・・・なんて言っていると、損切り額が跳ね上がる。逆指値を大きく取れば、引っ掛かった時の損失がデカい。何とか今週は乗り切ったが、来週もこんな動きだと疲れてしまう。
損失は遂に一桁まで減った。今年は今まで2か月間、一体何をしていいたんだろうなんて思う。こんな年もあると割り切るが、以前もこんな事があったような気がする。年の始めは本当に勝てない期間と再認識する。

2016年02月18日

先物500円高

2月18日
-223,455

16:30 東京市場は反発、先物は500円高で引ける。昨日、海外高に逆行安していたので実質の上昇幅は少ない。USDは114円で値を堅めつつある。資源国通貨は久しぶりの水準まで上げて来ている。米国の株価と為替との理論値では17,000円辺りとなり、未だ修正は不完全。しかしここまで叩き込まれると戻り売り圧力はかなり大きなものとなる。17,000円は目先、大きな抵抗となる。
200万円を超えた借金も短期間で消えて来ている。残りあと20万円、今月中の完済を目指す。プレミアムは今日大きく下落。今後の下げ余地は少なくなって来ているので、大きな収益は望めない。コールは買えないし、プットは理論値を大幅に上回っている。C13500は理論値2.28円が60円、やはり買える価格では無い。大きな値幅の乱高下も、そういつまでも続く事は無い。

2016年02月16日

乱高下中

2月16日
-638,455

16:00 米国市場休場からの東京マーケットは続伸。小安く始まってプラスサイドへ、高値は16,335円。安値からの上げ幅は500円を超え、未だ乱高下の真っ只中。そんな中で15,000は下げ過ぎで、USDが踏み止まれば自然と値は戻して行く展開が予想される。上値の方は、ここまで売り叩かれた相場は簡単には元に戻らない。大きな抵抗が2つ3つと待ち構える。そうなれば16,000円を軸にレンジ相場へと収束してくれる事を願うだけなのだが。
悪化した収支はここ2営業日で急速に回復。今月中にプラスサイドまで持って行きたいところなのだが、ポジションが今一つ足りない。仕掛ければ裏目続きなので慎重にならざるを得ない。大きな痛手を負った訳では無い。攻めなければ結果は期待出来ない。

2016年02月15日

壮絶な切り返し

2月15日
-793,455

16:30 先週末の強烈な下げに、嫌気が差して全てを投げ出したプレーヤーもいた事と思う。追証に足、まさか魔坂の急落で全ての資金を失ってしまう。失うだけならまだしも、足が出て追加金を充当なんて事になったりする。マーケットはそんな時に反転するもの。今日の切り返しは壮絶で、前営業日比1140円高の急反発で引けている。下げも下げたり、上げも上げたりと言ったところか。
ポジションは損失回避が目一杯、攻撃的なポジションが小さく収益も限られる。しかしながら1日120万円は大きな切り返しで希望が見えて来る。今後の行方は前回の高値17,800円が全て。これを超える事が出来なければ年内低迷する事必至。戻ったところは売られる事になるだろう。

プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。