<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年01月31日

1月終了


1月24日 19:45 夕場は15460円の小幅高で始まり安値を突いてくる。板の薄いプレミアムはプットがクラッシュ、先行して上げる。今、思えば不自然な買われ方だったように思う。先物は15100円までも割り込み、現在までの安値は15085円。又しても400円近い下げを食らい、残ったプットの半分が損切りされる。通貨はいち早く暴落していたZARが更に一段安。目障りなのでポジションを一掃する。

1月25日 11:00  昨夜の急落劇がやっと終える。安値は14950円どころ、結局のところ安値引けとなった格好。週明けの東京市場一段安の可能性が5割以上の確率で起きる事が予想される。ユーロタイムの急落でプットポジションの殆どが差し替えられた。また、用を成さないコールポジションも一掃され、ポジションの構成は全く新しいモノへ建て直された。現時点での損失は55万円程。完全に仕掛けられた値動き。週末の夜間に起きた出来事で、準備対応出来なかったらと…考えるとゾっとする。ユーロタイムから明らかにプットが異様に買われていた事が確認出来る。また、今回もZARが先行して暴落している。積み上げてきた収益の全てをまたしても失う結果となってしまう。損切り値は3時の引け値より安く、早目に損切った割に損失額が大きい。それだけプットが執拗に買われた事と思う。
米国時間で一時は持ち直したかに思われたが、引けにかけて値位置がズルズル落ちて行った。積極的に建てたポジションが週明けどの様に影響するか予想が出来ない。レンジは合せたが、やや高く14900円が中心。ロットはやや大きいが、ネイキッドプットは皆無。
明らかに上げ過ぎなプレミアムだが、底が割れれば更なる上昇も見込まれる。来週は週明け早々キツイ展開となるが、このまま負けたままでは終われない。一矢報いたいところ。

1月27日 -356,219 8:50 寄付き、そんなに悪く無い感じ。ホっと・・・思いきや、やや高いプレミアムで始まる。指数は下げ止まり15000円に載せて再度ホっとすると戻りを売られてプレミアムが急浮上、高値を更新。切るべきラインへと到達したので更にワイドレンジへと差し替える。これにて今日の大敗が決定付けられる。現在-70万円程度。

16:30 後場は安定して15000円台での値動きだったが、引けにかけて値を消して14955円で大引け。落着き始めたプレミアムが再度蒸し返される展開。予想通り収支は-70万円程度を計上、早い段階での損切りの割に大きい数字となっている。すかさずSBIが建玉枚数を規制に動く。いつもながらの事だがもう少し猶予が欲しい困った展開。
円高一服となり現在修正円安が進行中。仕掛けレンジはやや高く14850どころ。この値位置からの一段安は白旗の準備。

1月28日 -285,879 8:50 昨夜変な展開から両建てになっていた先物を外しにかかる。弱いと見て、まずは買いを切る。切った途端に100円以上下落。久し振りの当たりに安堵。5分足は決定的な下げ線示現。ところが下げ続けるどころか、じりじりと値を戻す動き。これだけの陰線を覆す事は稀な事なのだが、これが又よく起こる事。下げる前の高値を突き抜けて信じられない線形のV字高値更新となる。曲がりはまだまだ続く。
米国市場は100ドル近い上昇で為替も円安。オセアニア時間で円安は更に進み、寄付き値は15200円を突破する計算。今度は上方向への大きな動きに対応しなければならない。

1月29日 -284,219  23:45 日中取引の400円高、ユーロ時間で強烈に円高切り返しとなり14920円まで急落。高値からの500円の値動きは強烈でプットが急浮上。信じられない値動きにプットのヘッジ買いにマウスの手が掛る。買わなければならないか・・・寸前のところ・・・。

1月30日 -366,899 3:00 一度は安値から放れ15000円台を回復した指数だが、再度売られてナイトセッションは14955円で終了。鎮まったプットも再燃して引けて、明日の日中取引の悩みの種。
年末の高値16300円から1500円近い急落、そして400円の急反発、500円の急落。16000円以上が上げ過ぎで、15000円どころで落
ち着くだけなのか・・・。それとも15000円でも高過ぎるのか・・・?どちらにせよ上方向の芽は完全に断たれた模様。

1月31日 -441,592 8:45 米国市場は下げ止まり反発、為替も円安修正となる。度重なる下値不安でプットの上昇が目立つ。特にユーロタイムでの売り仕掛けが強烈で、昨夜は堪らず先物にヘッジ売りのポジションを背負わされる。当然、ヘッジは不要で損失を計上する。結果論だが、ユーロ時間のプットは絶好の売り場であった。実際には5分足がガンガンに右肩下がりに下がって行く恐怖下では売る気も失せる。

17:00 前場100円以上の上昇でプットは消沈、値洗いが一気にプラスに傾き安心する。昼になって上げ幅を失い、後場に入ってまさかのマイナス圏突入。そうなると真坂の急落で14750円と、前日の夜間取引の高値から500円の下げ幅を記録。プットがまたしても復活し、連日の高値を軽く超えて来る。遠いと思われたA13250までも撤退、ポジションは縮小へと向かう。引けで多少戻すが安値圏の14850円で先物は終了。終わってみると散々な1月がやっと終わる。

16000円は完全に行き過ぎ。USDが100円を割れると14000円をも割り込む勢い。上げている時のコールは大した事は無いが、下げ相場のプットは別物で強烈。理論値を大きく上回る異常な価格はチャンスでもある。しかし、瞬間的に到達する高値が厄介な問題。そして急に襲ってくるルール変更。建玉数制限に証拠金の増額。

2014年01月24日

324,484

1月23日
575,545

1月24日
324,484
9:30 米国市場で円高となり指数は急落、安値で15300円をも割り込んでいる。油断して下か!って感じ。深夜のポジション調整を早い段階で実施。
去年散々ヤラれたFX。不調は今年も継続で信じられない値動きが起きる。買い持ちのAUDとZARが大幅安。売り持ちのNADは幅が小さく、CHFは逆に上げている。ロットは小さく、様子見程度のポジション。ここまで外すと呆れて来る。

16:30 指数は15450円で始まり下げ渋る。後場になって売り込まれて15300円をも割り込む。前日比400円以上の下げは行き過ぎとなり、引け間際に修正されて15440円まで戻して引ける。
先物主導で売り崩され、前日比400円を超える下落となればポジションは更なる調整を強いられる。仕掛けレンジは大きく、昨夜の内にある程度の調整を済ませた事で損失は限定される。
日足線から15000円は絶対的支持線となっている。夕場からのポジションメイクでコールを売らなければならないが気が進まない。再度のV字回復があるのか?上値は確実に重くなっていると思うのだが、為替次第では上方突破も起こり得る事と警戒する。

2014年01月23日

628,765

1月21日
514,705

1月22日
628,765
24:00 相場はレンジに停滞中。割高のプレミアムは連日下落に次ぐ下落。何の調整もしていないポジションが連日収益を積み上げるパターンは懐かしさを感じる。しかし今後の展開は厳しくなる。ここまで下げて来ると限界、何の策も思い浮かばず・・・。戦略が見付かるかレンジが動くのが先か、今後の動きに身を委ねる。

2014年01月21日

1/20

1月6日
-90,760

1月7日
-22,180

1月8日
37,760
16:00 新年早々、下へ600円上に300円と値動きは連日大きい。結局のところ昨日の安値が絶好の買い場となった模様。今後あっさりと高値を更新するような事があれば、この相場は本当に強いモノと判断しなければならない。
週末のS.Q.は16000円付近での決着が予想される。S.Q.を超えても連休を控える週末が控えているため、積極的なポジションメイクは差し控える事にする。

1月9日
161,500

1月10日
225,297

1月14日
88,457
9:30 東京市場が休場中に為替は大きく円高に切り返す。CMEは15500円をも割り込む急落となっている。連休明けの東京市場は15500円付近で始まる。ここまで値位置を下げるとプットは大きく上昇するが、上げ幅は冷静。プットの売り込みポジションが軽かった事が損失を軽微なモノに留めている。ここは積極的にポジションを建てて行く事にする。

16:00 後場になって円安が進み先物は下げ止まり15550円を超えるまで戻る。しかし14時過ぎに再度売り込まれて急落、安値は15375円でプットは更に上昇。朝方仕掛けたP13750は早くもポジション差し替えとなり、プットの仕掛け価格は更に下がる。先週末の終値からの下げ幅は500円を超えるがプットの上げは限定的。引け値は15420円、ここで下げ止まらなければ15000円割れが待ち構える。

1月15日
-164,383
9:30 米国市場は115ドル高い反発、為替は大きく円安に切り返しCMEは一時15730まで上げる。引け値は15700円付近で、昨日の500円安から一転して300円の上げとなる。安く売りこんだコールが追い詰められる事は必死。年明け早々、売り方にとって好ましく無い値動きが続いている。

24:00 15400円を割り込んだ指数は一転して15800円まで切り返す。大幅安、大幅反発とポジションを切らされる展開が続く。好ましく無い損勘定のポジションは解消あるのみ。建てたばかりのポジションが瞬時に損切る羽目となるのは残念な事だが、更に下へと400円下げられるよりは反発の方がマシと割り切るしかない。

1月16日
-33,315
23:30 東京市場は15840円で始まり15945円まで上値を伸ばす。プットの損切りの次はコールを損切る羽目となる。そしてプット同様、切ったトコロが高値となって反落して引ける。切ったコールはA17250が20枚程度。結果論だが切らなければ30万を超える損切りを防げた事になる。先日のプットの損切りは安値、今回の損切りは高値と完全に手が合わない状態。年越しの大きなプレミアムを完全に取り逃がしてしまった結果となっている。
今月は高値から800円程度急落し500円以上V字で切り返す値動き。これだけ振らされて、この程度の損失は良しとしなければと思う。ポジションはリスク回避のワイドレンジが主体となって立て直す。

1月17日
206,265

1月20日
441,965
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。