<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2013年08月15日

-3,136,866

8月13日
-3,254,346

8月14日
-3,286,866
18:00 東京市場は昨日と今日で500円以上の上昇。下がる時もそうだが、行き過ぎた値動きはまだまだ続く。乱高下する値動きにプレミアムは高値圏で推移。ある日急に下落するので、その日を待ってポジションは維持。14000円を中心に、おとなしい値動きに戻る事を期待する。

8月15日
11:30 米国市場は100ドル以上の下げ。為替はやや円安で引ける。下げ賛成のポジションで昨日の引け間際の急浮上は困った事。今日こそは下落するかと思っていたところ、先物は13820円から始まり13985円まで買われる。こうなると14000円に載せてプラスサイド復活!となるのだが急反落して13850円。大きな難しい値動きは今日も健在。
市場は盆休みの為閑散で出来高は少ない。今週参加している者は外国人か負け組みか?年初の上げ相場を取ったトレーダーはいち早く市場から離れている模様。自身、儲かっていようが今年の様に損していようが10年以上平日に市場から離れた事は無い。それが良い事とは思わないが、少し位の見返りは欲しいモノ。今日も長い一日は続く。

13:30 14000円目前まで上げた指数は13755円まで売られる。直前の高値を更新して、直前の安値を更新する下落。値動きとして、起こり難い事が簡単に起きてしまう毎日。高値を掴まされて安値を売らされる・・・。こんな異常な値動き、一体いつまで続くのか・・・。


16:30 結局安値は13700円、大引けは戻して13800円で引ける。プレミアムは下落して終える。この値動きは単に閑散で板が薄いのか、それとも今までの大きな値動きが継続しているのか・・。レンジは形成しつつ、13500円から14500円。

2013年08月08日

-3,479,506

16:30 米国市場は50ドル程度の下げ、為替の円高は1円程度。東京市場は昨日の大幅安の自立反発で一時14000円台を回復。13時頃までは安定した値動きとなる。その後、昨日同様に売込まれて、高値から500円を超える急落となり安値は13540円。引値は13630円でポジションの多くは損切り差換えを余儀なくされてしまう。一体何なんだ?何か恨みでもあるのか、この値動きは!・・と思わず叫びたくなる。連日、少ない収益を積み上げてはぶっ壊される日々。プレミアムを買っても取れる相場でも無く、勝てる唯一は売りの放置プレーか?そんな事は出来る訳が無く、やるべき事をやるしか手段は無い。ポジションをとって、損切り修正を繰り返し、総合的に小さな収益を積み上げる。こんな値動きが続けば、損切りや手数料のコストが嵩み、ただでさえ小さい利益を食い潰してしまう。

連日の動きは乱高下。しかし日足からは見えて来るモノがある。16000円目前で高値を付け急落して12500円で支持。15000円目前で戻り高値となり下落し安値を切り下げる。これで余程の材料が出ない限り16000円の芽は絶たれる。そして15000円も大きな抵抗となるはず。安値の目処は12400円まで見当たらず、今の値段から1200円もの値幅が待っている事になる。

2013年08月07日

-3,304,526

8月5日
-3,233,746

8月6日
-3,192,586

8月7日
18:00 米国市場は90ドル程度の下落。東京市場は97円台の円高が下げ幅を増幅し13824円まで下げて引ける。SQを目前に控えての576円安は強烈。動きとしては1200円下げて800円戻して700円程度の下げ。為替や米国株に大きな動きは無く、東京市場が単独乱高下というところ。

何の理由も無しに1日500円以上動く相場。当月限のポジションはほぼ撤収。H月限はポジションが少なかったので傷は浅い。レンジを大きく拡げてH月限ストラングルを積み上げる。13600円どころは支持線となり、今後の動きに注視する。ここは積極的にポジションを取る事にする。切るべきラインに達したら、損切りあるのみ。

2013年08月02日

-3,431,226

8月2日
18:00 昨日に続いて今日も異常な値動きが続く。先物は14470円、500円近い上げ幅となる。何の材料も無く1000円以上下げて僅か2日間でV字回復。売り方にとっては最悪の値動きで、ポジション調整が非常に忙しい。今夜の米国経済指標の発表で頭を打つ事も予想出来るが、ここまで買われると戦意喪失ポジション離脱となる。

ヤル気が失せる理由がある。ある証券会社からメールが届き ”追証拠金” の催促だ。遠いストラングルを6枚ずつ売っているポジションで、昨日から約定は無く値洗いが20,000円程度マイナスになっただけ。口座残高は3,500,000円程で不思議に思いTELする。ふざけた事に今日の値動きで必要証拠金が増額されたとの事。G月限C15500の売り建てが1枚726,400円!!プレミアムが6円なので、6,000円の上限収益に対して70万円以上の証拠金!!??6枚売っていれば400万円以上の証拠金が必要となる。何の根拠があってこの異常な証拠金が要るのか理解に苦しむが、きっと何の経験も無いド素人が決めているに違いない。こんな証券会社は直ぐに出金してさよならしたいところだが、追証発生中の為出金出来るのは3営業日程後になる。8/7まで金が返ってこない!最悪な証券会社は未だ健在!ちなみにH月限C15500の証拠金は約86万円。プレミアムは260円。あと4営業日で落ちる当限が72万円で、SQまで1ヶ月以上も残っているH月限が86万円。プレミアムは6円と260円。金額にして25万円以上の差。証拠金の差額は僅か14万円!?こんなアホな証券会社は使いたくないが、建玉制限で使っていたがここまでアホだと付き合いきれない。

2013年08月01日

-3,333,776

7月31日
-3,355,676

8月1日
-3,333,776
17:30 意味不明に売込まれる東京市場に修正高の430円高。米国市場は為替共々動きは小さい。東京市場だけが乱高下する日々。先物の板が薄く、行き過ぎる値動きが続いている。必要以上の修正安に対する単なる価格修正とも見れるし、大きな買いが入ったのかもしれない。SQを目前に、未だレンジが定まらない。下値12750円、上値15250円ではショボ過ぎるプレミアム。手が出せない苛立ちを感じるがチャンスを待つ。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。