<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2013年05月29日

-2,786,666

20:30 米国市場は新高値。為替は資源国通貨安でZAR独歩安。昨夜14600円を突破した先物は日中売られ続けて14200円で大引け。夜間取引に入り売り崩しが始まる。ZAR一段安、CHF独歩高、USD101円割れ、先物14000円割れとポジションを次から次へと崩される。痛いところを突かれて撤退が続く。

23:20 押さえ込もうとして何度も跳ね返されるプレミアム、正に魔の6月限。再度大きな値動きがあるのか?これで高値更新なんて事があったら・・・。本当、再起不能になりそう・・・。

-2,857,669

5月28日
17:30 米国市場は休場、為替は小動き。東京市場は14000円を割り込んで安寄りスタート。昨夜の夜間取引の安値13680円からは大きく値を戻している。夜間取引は関係無いのか?薄い板で価格操作が容易な事は解る。解ってはいても手を出したくなる値動き、また今の苦しい状況。
場中は円安となり、やっと安値を放れた感じ。USD102円台は買い安心感を誘い14400円台まで上値を伸ばす。SQまでに16000円の高値更新は起こり得ない事とC15570を売建てている。日足チャートを見る限り、高値の更新は超低確率なのだがコールの買いが勢いをつけて来る。コールで長い時間苦しめられて、プットで半殺しに合い、コールでトドメを刺される訳には行かない。夕場に入って円安が更に進行。USDは102円台を固める動きで先物は一段高の14500円。信じ切っていたC15750が噴いて来てC16000へと差し換え。プット、コールのポジションは同値にまとめ単純化。こんなところで死ぬ訳にはいかない。開き直ってポジションを次から次へと差し換える。手数料は嵩むが、大きく引かされる事を思えばどうでもいい金額。

プレミアムはリーマン後の高値と同様な推移。検証すると、その高値は1ヶ月以上続いていた。当時は安値6990円、高値は9600円で今の価格帯は14500円。更なる上のリスクも考えられるが状況は違う。値位置が高い事は気になるが、逃げる訳には行かない。

恐怖の対象を直視する事無しに恐怖心をコントロ−ルする事は、不可能である。
追い詰められたところで戦いを挑まないような、そんな受動的な人に出来るビジネスでは有り得ない。

遠い昔、幾度と無く読み返した本。

24:30 深夜時間の指数は一段高の14660円まで。安値売込みの当限C15750を90円で損切り、16000へと差し換える。先週も、この様に値段を追ってポジションを修正していれば・・・と悔やまれる。人並みに眠いだの体調が悪いだの、負け組みに言い訳は許されない。この世に生きて何の価値も無い人間に成り下がり、これ以上の損失は人に迷惑をかける人間のクズと自負している。この訳の解らない乱高下相場がいつまで続くのか・・・1ヶ月でも1年でも構わない。急落して10000円割れでも、新高値更新の16000円でも、付いた値段が全て。受け入れるしかない。

2013年05月27日

-2,696,748

18:30 東京市場は14160円で始まる。先物の板が薄く、100円程度数秒で動いてしまう。場中の円高推移に14000円を死守。後場からは日銀の買いも入った模様で14200円台で安定推移。しかし引け間際に売込まれて、先物は安値圏で引ける。先物は先週末比500円を超える大幅な下げだが、高かったプレミアムは反応せず。下手な先物トレードが20万程穴を開けている。

18:30 夕場に入って先物は売込まれ13750円まで。日中取引の引け間際の売り仕掛けの影響か、何の材料も無く売込まれる。14200円で買った先物が瞬殺され、残ったストラングルのプットポジションが撤退させられる。買いヘッジが無く急激な切り返しも想定されるが、安いプットにコールをあてる。当限の16000円の芽は完全に経たれ、ここまで売込まれると15000円さえ大きな抵抗帯となる。下落相場で大きくやられる原因は、プットの損失を補うコールの売りが無い事。狭く挟めば寝る時間が無くなるが、この場面ではしょうがない事とあきらめる。
ガンガン下げる場面。P12000が65円で損切り、P11750を55円で差し換える。5枚ロットで50000円、50円の差し換えで100000円。完全に撤退する訳では無い。こんな簡単な事が何故出来なかったのか?今になって疑問に思う。

SBIが色々とやってくれる。問い合わせの電話は23日からほとんど繋がらない。証拠金の倍増、50枚の制限を30枚、20枚と一方的にやってくる。更には追証が掛かり、切ったポジションにさえ追証を負わせる???問い合わせしようにも電話は繋がらない。23日に口座はロックされ、現在も使えない状態。損金(足)が出た訳では無いので、全く意味不明。
これからは今まで以上に口座が細分化され、操作に手こずる事になる。大きく負かされて、不利なルール変更を強いられる・・・これもこの世界では良くある事。

2013年05月26日

-2,523,528

5月23日
-3,729,632
14:00 指数は昨夜15995円と16000円に迫る上昇を見せる。USDは103円台後半まで上昇、売り建てた先物は瞬殺される。その後指数は16000円に届かず、値を崩して行く。通常、節目(16000円)は突破する事が殆どなのだが今回は突破出来ずに押し戻されている。懲りずに売りを入れて夜間取引を終える。

米国市場は80ドル安となり高値から放れる、東京市場は15750円どころで始まりお決まりの上昇。利益の乗った売りポジションは、その多くを削って切らされる事になる。そして再度16000円にトライするが、15955円で失速し遠く及ばず。16000円の壁は厚く2度の失敗は大きいと見て懲りずに売りを入れる。

後場になって安値を突く。そして一気に崩れ落ちる。指数は15000円までもを割り込む急落となる。売りポジションが利益を積重ねるが、プットが炸裂。13時過ぎにはパニック買いとなり、値洗いは信じられない程悪化。端数のロットを切って行くが、この上げ方は異常。株価急落にプットのオプション買いヘッジ。想定はしていたが、ここまで買われるとは・・・。本日の大敗濃厚にがっくり来るが、乱高下する価格を追い続ける。

プレミアムの売りポジションのヘッジに先物を売る。プレミアムの上昇は一過性で、レンジを外れなければ必ず価格は帰ってくる。そして時間の経過と共に消えて行く。ヘッジポジションの利益は損失を補うもの。そして利益を積み上げるもの。

24:00 指数は驚きの1140円安。信じられない様な値洗いは-50万円。引け間際にその値洗いは-200万円を突破してしまう。損切りが遅く他の口座でもプットがやられている。一番高いところで損切りを余儀なくされる。サーキットブレーカーが20分も発動され、何が何だか解らないまま何故か冷静だった事が変に不思議・・・。場が引けて300は持っていかれた事は覚悟して計算・・・。驚きの-555万円!!・・・敗因は損切りが遅いに尽きる。口座の分散も敗因の一つ。愚かで自分自身の能力の無さに嫌気が差す。ポジションは夜間取引で整理され、V字回復の芽は絶たれる。指数は現在14400円。今までの上げが異常であって、今の値位置がいやに納得している。大きな調整を想定していたにもかかわらず対応出来なかった事に情けなくなって来る。今日の損失は・・・大きい・・・。

変に先物を売り建てて相場は急落。含み益が150万円に迫る。何故か安心してしまいプットの損切りを放置。-50万、-110万、ここでしばらく値洗いは止まる・・・余りの急激な下げと踏み上げで ”値段が付かなかった” だけ。一気に-200万円でようやく損切りを開始。建玉制限から他の口座のプットも散々な状況。更に-50万、-80万、-50万に-90万円。先物の売りで100万取って、プットで650万の損切り。ポジションが複雑かつ多過ぎて管理出来ず、対応が遅れてしまう。50万の損切りに躊躇して550万の損失を被る。何をやっているのやら・・・。

5月24日
-2,523,528
16:30 550万の大損失から一夜明けて東京マーケットは小反発して始まる。昨夜の米国市場は安値から戻して小幅安で引けている。結局のところ、日本株だけが大幅安となっただけ。理由は単にその前に上げ過ぎただけと判断する。
前場はジリジリと値位置を上げて15000円まで上昇。昨日損切りに追い込まれたポジションが少し惜しく思うが仕方無い。当限にワイドストラングルを仕掛ける。残ったポジションは遠いプットが50枚程度。その遠いプットの半数がF月限。午後からの急落で指数はマイナスに転じる。下げの速度は速く、高値15000円から一気に14000円を一瞬割り込むまで下げる。まるで昨日の悪夢が蘇ったような値動きに、小うるさいF月限のプットの値が飛ぶ。理論値から大幅に放れた価格だが、昨日の今日では致し方無く損切り。前場では200万程の切り返しを見せたが、後場の急落で半分を失ってしまう。そして再度作り上げたポジションにも綻びが出てしまい、損切り建て直し差し換えと忙しい。乱高下する先物の価格を見据える事は出来ず、下手なデイトレードは今日も不発。
大きく痛め付けられて散々な日々。乱高下する値動きに恐怖さえ感じるが逃げる訳には行かない。プレミアムは異常に高い価格が続く。ワイドレンジを大きなロットで攻めるか、ミドルを小ロットで仕掛けるか悩むところ。こんな時こそ、狭いレンジで攻めた方が良いのかもしれない。

1日550万は非常に痛い。ただ単に、自分の無能を再認識する。今回は金額が大きいだけに、今までのようなディーリングでは駄目。新しい戦略を練らなければならないと思っている。

5月26日
14:00 週末の米国市場は安値から放れて小幅高まで切り返して引ける。急落パニックの東京市場とは何の関係もないような動き。為替は円高継続で買い持ちのUSD、AUD、ZARが急落、売り持ちのNZD、CHFの下げ幅が小さく最悪な展開。夜間取引では小うるさいプットの上昇で先物をヘッジで売らされる。売ったところがボトムで何度も何度も買戻しを強いられる。何の為のヘッジやら解らなくなってくる。大きな損失の直後は、これ以上の損失が受け入れ辛くなり得てしてこの様な状況に陥れられる。20万、30万円を瞬時に失う最悪なディーリングが続く。

550万という損失額。正確には5,540,736円なのだが、この金額は大きい。日本人の平均年収を上回る金額。寒い日もあれば暑い日もある。病気をおして働いた日、辛い仕事をこなした日・・・1年は長い。そんな年収以上の金額を1日で失ってしまう。ディーリングの経験は15年以上だが、1日の最大損失額を更新してしまう金額である。せめてもの救いは最高収益付近からの発生と、翌日に100万円の巻き返しがあった事。当日、最悪な体調で集中力を欠いていた事。しかし、どんな言い訳をしようが原因は至って簡単。損切りの手が遅れた事。数秒、一瞬の判断の遅れが、-100万円を-200万円に、そして550万円まで持っていかれる。実際に起こり得る事で、今になってグダグダ言う事では無い。

再起するには・・・。今回は体調のせいもあって、当日はこの損失の実感がなかなか湧かなかった。参ったな・・程度で残ったポジションの処理に追われる時間が過ぎて行く。若い頃なら、机を蹴飛ばして塞ぎ込んで酒に逃避していた。どんな職業であっても、災難は訪れる可能性はある。その事実を正確に受入れる。詳細な原因を突き止める。正確な損失額を割り出す。勤め人であれば、上司やら社長から散々なお咎めを受けるだろうし解雇さえあり得る事。誰からのお咎めもない自分は、自分自身で全てを受入れなければならない難しい状況。原因を追求して再発を防止する。目を背けたくなる様な醜態を大きく明示し目の届くところに貼り出す。身の回りの整理整頓、清掃を行う。データの記録、収集はいつも通りに終える。

逃げたら終り、隠せば延命処置であって最後に地獄が待ち受ける。

明日から、まずは年間収支をプラスサイドへ戻す事。その後にキッチリ550万円の損失も取り戻す事。過去の記録を見返すと、7営業日で437万円の損失がある。その時は数ヶ月で取り戻している。大きく取り戻す事は考えず、少しずつ取り戻す覚悟を据える。大した事では無い。

2013年05月22日

1,811,103

5月18日
1:00 EUR時間で売り込まれるZAR、その下げ幅は大きく対する売り持ちのCHFはプラスサイド。大きく引かされる状況に、損切りの選択肢が頭に過ぎる。ZARは時に尋常ではない下げ幅を平気で出す通貨。損切りを踏み止まり場を放れて米国時間。今度は一気に切り返しプラスサイド、CHFはマイナスサイドで値洗いは大きく改善。この通貨、一体どうなっているのやら。僅かな時間で1%以上の値動きは当り前、買いポジションを維持するのが大変難しい通貨である事は間違い無い。
USDは一気に103円を突破、想定外の動きに指数も15300円を超えて新高値更新。差換えた当限C17000も大きくマイナス勘定となる。C17250、17500の新設が遅過ぎるのでないだろうか。

5月20日
1,908,041

5月21日
1,941,941

5月22日
1,811,103
18:00 連日のように株式市場は高値を更新する。円安の勢いは弱まるが、東京市場は上昇スピードが加速する。今日も計算以上の上げ幅で、夜間に入り更に100円程値位置を上げて15800円まで値を飛ばしている。連日、コールは損切りとなり仕掛け直したポジションまでも夜間取引の上昇で損切りとなる。買い持ちのZARが連日下落して、為替ポジションのフォローが受けられず収支は低迷する。個別株買いの一般投資家は、利益が更なる儲けを呼んで大儲け。かなり焦るが仕方無い。15800円は上げ過ぎで、久しぶりに売りを入れてみる事にする。ストラングルのポジションは、連日の損切りで疲れ気味。ロットを抑えてレンジを維持。プットは13750、コールは17500まで上り詰めて後が無い。

2013年05月17日

1,840,801

5月16日
1,853,354

5月17日
14:00 米国市場は小幅に下落、為替はやや円高でZARをはじめ資源国通貨が弱い。昨夜から売りを建てては踏まされる。踏んだら下げ出す悪循環に夜間の大引けまで付き合わされる。週末の手仕舞い、利食い売りを想定して、執拗に売りを建てる。
東京時間は14900円を割り込む寸前で下げ止まる。売りポジションはそのままで、週末の手仕舞い売りに備える。しかしその後は買われて利玉は損切りとなり、再度売込むも損切りが続く。15000円を回復して15150円まで値を伸ばす。週末の手仕舞い売りではなくて、”手仕舞い買い”?なのか・・・。想定外の値動きに、コールの売りを再度損切り差し換える事になる。

16:30 結局指数先物は15180円、終値ベースでの新高値更新引けとなる。変な思い込みから建てた売りポジションがすべての利益を吐き出してしまう。売っても売っても取れない先物とコール。一体今までに幾ら損を積み上げたのやら・・・。為替ポジションでは買い持ちのZARが連日売られる展開で、今もユーロタイムで大きく売り込まれている。微妙に利益を上げるオプション、それを飛ばしてしまうトレード。その逆もある訳で、もう少し様子を見る事にする。
指数は15250円から15500円へと向い、16000円が見えて来る。日足チャートでは値段軸が継ぎ足しとなり、一方的な右肩上がりの形。下げればそれ相応の下げ幅を食らうだろうし、上方向への放れも警戒しなければならない。完全に頭を押さえ込まれたAUDとZAR。先行した下げも考慮して、今はついて行く行くしかない。

2013年05月15日

1,888,194

17:00 東京市場は一気に15000円を突破。上げ過ぎで、昨夜仕掛けたコールの売りが瞬殺される。先物買いと円売りの収益を全て吹き飛ばしてしまう値動き。売っても売っても踏まされるコールの売り。積重ねた損失は一体幾らになるのか・・・。黙って個別株を買っていさえすれば大儲けの日々。複雑なオプションのポジションを連日深夜まで売り買いしてこの程度の収益では納得が行かないがしょうがない事。やられてもやられても、やるべき事をし続ける事が全てであり、それしかない。当限C16250、16500は撤収して16750へスイッチ。更に損切りでポジションは半減、C17000の出現が待たれる。F月限C17500も踏み上げられて撤収、ポジションは試玉程度。全体的にプレミアムは連日上昇で、今までの値位置は忘れた方が無難。今後は更に値位置を上げる事が想定される。売り方にとってはチャンスとなるが、リスク管理には十分に気を付けなければと思う。レンジは今まで以上に広く、仕掛けロットは少なく。

1,868,149

5月14日
24:00 東京市場は小幅安、14760円で引ける。下げそうで下げない、為替の円高調整も影響無く強い相場が続く。

EUR時間で円高が更に進む。指数は14750円で下げ渋り米国市場へ。調整安が濃厚の場面で想定外に切り返し、CMEは14990円!まで値位置を上げる。USDは再び102円台、EUR系は強いが他通貨はマイナス推移のまま。やや強引な買い上げが見え見えの状況下、当限C16250、16500を早めに16750へと差し換え。明日の15000円載せが現実味を帯びる深夜の一段高。

2013年05月10日

1,772,191

5月10日
19:00 東京市場は14500円を突破して始まり為替の円安と共に続伸して14607円で引ける。USDは一気に101円を突破、他通貨も新値を更新する円安となる。S.Q.値も大きく買われて14602円、その後も買われて夜間取引で14780円まで先物は買われる。

遠いコールが噴き上がり、売っても売っても取れない状況。そしてプットまで下げなくなって来る。損切りが重なるが、円売りポジションが大きくプラスとなり久しぶりに収益更新となる。

値動きが荒く調整安にも備えなければならない。ポジションを縮小したい気にもなるが、収益更新時にはやってはいけない事。ストラングルの売りはより遠くへ、円売りポジションと先物買いは調整が入ればポジションを増やす心持で、継続継続・・・・。

USD 怒涛の100.50円

3:15 深夜の米国市場で想定外のUSD100.50円。他通貨も値を大きく飛ばし大きく円安となる。指数は一気に14550円まで値が飛ぶ。今の内に噴かないコールを切っておく。週末の東京市場がどうなるのか判らないが、深夜の想定外の値動きに困惑する。円売り、指数買いのポジションは継続継続・・・。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。