<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2012年08月24日

3,447,504

8月23日
3,545,244

8月24日
16:30 米国市場は続落、下げ幅は100ドルを超えるが未だ高値圏。為替は小動き、EURの買戻しが続く。東京市場は100円程度安く始まり動きが止まる。前引けでTOPIXが1%の下落を回避。従って後場にETFの買いが発動されず。いつもなら指数先物に売り崩しが入るパターンなのだが、今日は動かずに9070円で大引け。今週上げたコールも結局収まり、プレミアムは下落して週末となる。

昨日まで強烈なサヤ修正を演じた金と白金。昨夜から再度逆ザヤに進み一時70円程度まで戻してしまう。250円まで縮小した逆ザヤは、今日の引けで300円。チャートからは、350円辺りまでが戻すライン。方向は修正同ザヤから順ザヤへ。順ザヤへの動きは、突然に、大きく、一気に訪れる事と思っている。動かない225指数に比べ連日大きく動く金と白金の市場。資金シフトを考える時に来ている。

2012年08月22日

3,434,064

8月21日
3,288,051

8月22日
21:30 米国市場は下げるが、下げ幅は限定的で高値圏継続。東京市場も大きな動きはなく、最近の高値圏での取引が続く。為替市場はEURがCHF共々連日戻し、他通貨は下落気味に推移している。プレミアムはさすがに下げ過ぎで、今日は小幅に上げて引けている。

金と白金の逆ザヤは今日も縮小し300円。何の事は無く、このまま適正なサヤ、価格形成へ向かう事を望む。ほんの1週間前逆ザヤは550円だったので250円縮小した事になる。金1枚白金2枚で25万円。4枚8枚で100万円の収益。連動性のある、類似商品を両建てしてサヤを取る ”ストラドル” 数年前ならこのセットは 金50枚/白金100枚 程度で仕掛けていた事が記憶に新しい。それでいて狙える収支は100万円程度。今となっては恐ろしい仕掛け枚数だが、今では5枚10枚で申し分無いスリルと恐怖を味わうことが出来る。原子番号78 Pt の今後は・・・・。たかがAu 金ごときの下位に位置し続けるのか、行方を見守る程度の心構えで臨む事にする。 

2012年08月20日

3,171,149

8月20日
18:30 週明け、盆明けの東京市場は閑散小動きが継続、動き少なく9200円どころで引ける。日足チャートでは新高値を更新し、次の高値は一気に9700円まで駆け上る。下値サポートは9000円、8800円、為替次第の展開と見る。当限S.Q.までは丸々4週間も残しており、安過ぎるプレミアムの売り込みは控えたい。買い持ちのI月限のP8750、C9250も売り込まれている。
金と白金の逆ザヤは先週末からの2営業日で200円の訂正となる。しかし未だ350円の逆ザヤで、同ザヤから順ザヤへの動きに期待する。

2012年08月18日

2,842,061

8月16日
2,522,356

8月17日
2,842,061

8月18日
9:00 毎年大きく下げる8月、今年は大きく上げている。週末の東京市場は一気に新高値更新、引値は9170円。大きく上げたコールは、引け間際に落ち着いて小幅高で引けている。夜間取引でも海外市場の堅調で、更に続伸している。週明けの東京市場は9200円台での取引が予想され、レンジを完全に上放れる展開。
EURが買い戻され、USDは小幅に上昇。何故かAUDとZARが下落する週末となる。特にZARの下げ幅が大きく、来週の下落を先導するのか。
金と白金はようやく逆ザヤ大幅是正。東京市場で90円、夜間取引で更に50円縮小する。550円どころで裂かれたままの逆ザヤは、一気に350円近くまで縮小する。予想通り、訂正される動きは異様に速い。安値売り込みの参加者を置き去りにして、一気に同値、順ザヤまで走って欲しい。そして金価格は4000円を割れて新安値を更新。3000円を一気に割り込み、高値掴みの愚か者のパニック売りに2000円をも割り込む暴落・・・。と、なってくれれば最高なのだが。

2012年08月15日

2,666,584

8月13日
2,550,467

8月14日
2,527,615

8月15日
16:30 毎年大きく動き出す8月だが、今年は動かない。連日の小動きでプレミアムは安値圏に沈む。P8750/C9250の当限とI月限のサヤが異常に縮小、タイムボックスを仕掛ける。このまま動かない日々が続くとは思えない。
550円を超えた金と白金の逆ザヤは昨日今日と修正される。8割800円、更には半値2000円まで悲観視したが今日は戻す場面。実際の価格形成は、欧州不安で白金価格が下落。金も同様に下落するのが普通なのだが、経済不安から買われ続け割高に推移。白金の価格はある意味適正で、金価格が異常に高いという事。異常に安いまま放置されるモノは過去に幾らとなくあった事だが、割高なモノがここまで割高であり続けている事は記憶に無い。ただ、他の商品と違い、現物の入手方法や保管方法は極めて簡単な事。異常なサヤがいつまでも続く事は考えられないのだが、実際ここまで続いていると嫌気が差してくる。対メジャー通貨での円高もそうだが、永遠に続くトレンドなど有り得ない。そろそろの時期なのでは・・・?果たして愚か者は自分自身なのか?それとも高値圏で金を買い漁った者達なのか。年内には答えは出ることになる。

2012年08月11日

2,567,516

8月10日
2,567,516

8月11日
8:15 米国市場は終始小動き、引け間際に買われて40ドルの上昇で高値更新。EUR時間で買われた円も上げ幅を削って引けている。圧倒的に強い米国株独歩高の様相。
週末のS.Qは9000円に届かずに決着する。日中取引は動きがなかったが後場から売られて100円程度の下げで引ける。その後、夕場で更に下げて円高が進行。このまま高値を放れて週末を迎えるかと思いきや米国時間で復活、週明けは小幅高で始まる計算となる。今後の行方は、やや上方向と見られるが今まで同様に為替の動向次第の展開が続きそう。上値は9150円、下値は9300円となる。
白金は連日売られて逆ザヤ拡大。米国市場では550円まで拡大し600円、750円、2割安の800円がターゲットか?来週の動向が大きな節目となる事が予想され、目が放せない。

2012年08月09日

2,545,570

17:00 米国市場は小幅高、為替は小動き。東京市場は昨日の高値からは放れて8800円台で始まる。為替は動かず、日銀の動向は空振りと上げ材料が無いのに上げて来る。昨日届かなかった9000円にワンタッチして、その後も高値圏で推移。引値は8980円。材料の無い上昇は大きく上げる事が多い。明日のS.Q.を通過して、尚高ければ本格的に上げて来るパターン。8月は下げる事が多い月だが、大きく上げる事になれば年末にかけて大きく上げるパターンも起こり得る。直近の9150円、9700円を超えれば久しぶりの10000円台が見えて来る。安易なコール売りは控えたい。

金と白金はショボく逆ザヤ縮小。株価の上げに対して反応は小さい。個人的に金の下落は近いと見ている。永遠に続く上げ相場など絶対に無いし、一度下げだせば数年分の下げとなる。4000円台(換算)で買い漁った愚か者が投売りする日はそう遠くない。下落速度は速いので、その時にポジションを持っていたい。

2012年08月08日

2,403,106

8月7日
2,693,611

8月8日
2,403,106
17:00 米国市場は連日上昇、新高値を更新。為替は小動きで円、高止まりのまま。株価は上げても、金と白金の逆ザヤは解消されず。東京市場は8890円で始まり値位置を上げて、高値は8960円。先物とHC9500が買い煽られる。HC9500の売り玉は16枚。前日比20円を超えたところで損切りのスイッチが入る。切った値段は37円。その後は44円まで急騰し、指数の反落と共に27円まで逆戻り。本当ならば前日の内に仕掛けレンジを上に上げなければならなかったポジション。Pは離れ過ぎて、ネイキッドCの状態となっていた。今日の上げは完全に予想外。米国株に散々遅れをとっていた事を加味すると、9000円を超えても何らおかしくはない。早めに損切り、ポジションを軽くする。切った後は反転して上げ幅を大きく削り8870円で大引け。結果論では高値で切らされた訳だが、今日の買い煽りは強烈。ただ単に商いが薄かっただけなのか?
ヘッジの白金買い、円売りはまるでヘッジの機能をせず。収益を上げられないどころか、100万円近い凹みとなっている。残念ながらV字復活の芽は今日の損切りで摘んでしまう。防戦一方の熱い夏は始まったばかり。苦しいトコだが、小さい利益を積み上げて踏み台を固める。

うんざりする円高継続。理不尽な価格形成を続ける金と白金の逆ザヤ。限界点と思われる500円のサヤで膠着。金が必要以上に買われているだけなのか?白金の産金コストは限界点?大きな資金が逆ザヤ拡大のポジション持ちなのか?プラチナが ”プラジウム” になってしまうのか?次に来るのは750円と1000円。走り出せば損切りのスイッチが入る。

2012年08月06日

2,782,084

8月2日
2,583,429

8月3日
2,624,701

8月6日
2,782,084
22:00 週末の米国市場は強い経済指標の発表で大幅高、為替も大きく円安となるがGBPの戻りが小さい事が気に掛かる。週明けの東京市場は8700円に載せる展開となり、引値は8735円。週末のS.Q.は8750円付近で落ちる事になりそう。プレミアムは安値圏で売り込めない。金と白金はうんざりするような逆ザヤが継続。毎年売り込まれる ”8月” なので、安易に買いも入れられず・・・。戻りを売るにも、安値圏。ここはレンジを放れるまで大きなポジションは採らない事に徹する。

2012年08月01日

2,656,454

17:00 米国市場は下落、為替は円高に振れてUSDは日銀砲発射圏内へ突入。東京市場は8600円を割れて始まるが大きく売り込まれる事はなく、TOPIXは前場で1%を少し超える下げに留まる。後場はETFの買いが支え価格を切り上げる。為替も円高から円安へと切り返し指数は8630円で大引け。安値圏のプレミアムは小幅に上昇、金と白金の逆ザヤは膠着。週末のイベントを控え、大きく動き難い展開が続く。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。