<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2011年12月26日

-298,613

12月21日
-398,613

12月22日
-398,613

12月26日
-298,613
16:30 海外休場中の東京市場は閑散商いとなる。引値は8480円で先日の8270円の安値がボトムとなりつつある。金と白金も大きくサヤ修正で、結果論だが残念な展開となっている。今年はこんな事ばかり。最後まで曲がり続けるのか?

2011年12月20日

-540,396

12月14日
-68,144

12月15日
-273,144


12月16日
-268,144

12月17日
-580,396

12月20日
23:00 年末に来て東京市場は年初来安値を伺う展開。海外市場は既に2011年が終わったような値動きが連日続いている。今年最後の望みは見事に断たれ、8270円の安値で投げさせられる。集中力の欠如から、発注ミスや訳の解らないポジションが大きく足を引っ張る。ここからの仕掛けは無理があり、年内マイナス圏がほぼ確定してしまう。新規にポジションを採りたくても、プレミアムは安過ぎてリスクばかりが先行してしまう。8250円まで頑張れば・・・・プラス圏浮上で・・・・。今年はこんな事ばかり。切るべき時に切らなければならない事飛ばす机も無いので、黙って己の無力を受け入れる。は解っていても、ボトムをピンポイントで投げさせられると本当に腹立たしい。蹴飛ばす机も無いので、黙って己の無力を受け入れる。

2011年12月13日

-38,144

12月12日
10,656
12月13日
23:30 東京市場は今日も大きな動きは無い。8500円前後の動きが続いている。プレミアムは越年にしては安過ぎる値位置。安易な売り込みは死を招く水準だが、ここまでレンジ取引が継続している事を思えば当然の価格なのか?果たしてこのまま年を終えるのか、それとも一波乱起きるのか?下値は8100円割れで底抜けとなり7000円台に沈むシナリオ。高値は年末ラリーで9000円を大きく超えて行く展開。USDの覆面介入が継続している事を考えれば、方向は上。年内、少ない収益機会に望みを繋ぐ。

2011年12月10日

-126,504

12月9日
25:30 米国市場は反落、下げ幅は大きい。為替はAUDが下げるがUSDは動かず。東京マーケットは一時8500円を割れる大きな下げとなる。引け値は8536円、K月S.Q.値は8478円でP8500がターゲットとなった模様。
夜間取引に入り指数は9600円台に上昇。日中の安値、8400円台が絶好の押し目となったのか?夜はまだまだ長い。

2011年12月08日

-51,759

12月7日
-66,239

12月8日
16:30 下げない米国市場は昨日も小幅に続伸。為替の小動きは相変わらずで、過去に例の無い程の小幅な値動きが連日続いている。東京市場も小動き継続。下値8600円、上値8700円でのレンジ取引となる。引け値は高値圏8685円で先物は大引け。明日のS.Q.は8750の攻防で、C9000とP8500のゼロ落ち権利消滅はほぼ決定的となる。
情けない事だが、収支ゼロ付近での戦いが年間を通して続いているこの現状。今回のプラス圏浮上直前の足踏みは1ヶ月以上も続いている。残念ながら今のプレミアムでは大きな収益は望めず、プラス圏急浮上の可能性は無い。来年に繋げるトレードに終始する事となる。
金と白金の逆ザヤは本日も急拡大。セミプロや資金的に小さいトレーダーが逆ザヤ解消に賭けているのなら、この逆ザヤはまだまだ伸びる事になりそう。馬鹿げた価格形成だが、金の現物を持っている訳でもなければこの勝負は勝てない。単純に金の売りがダメであって、白金は金に無反応。クライマックスは ”逆ザヤ20%” !金が4500円で900円。今日の先物が547円。あと350円、口座に金を入れてその時を待つ。

2011年12月06日

-204,269

12月2日
-263,288

12月5日
-167,169

12月6日
16:30 上値を伸ばす米国市場、為替の動きは限定的。東京時間は8600円を割れて8575円で大引け。8500円付近は押し目と見て買い。週末のS.Q.は8250から9000円、狭く見れば8500から8750円。プレミアムは安く、仕掛ける価値は無い。@月限は越年ポジションとなるため、今のプレミアムでは安過ぎる。8500円を割れて、プットが買われれば売りたいところ。
金と白金は逆ザヤがジリジリと進行中。逆ザヤ売り方の首がジワジワ絞まり苦しいところ。大きな損切りとなれば、サヤは一気に拡大500円、1000円となる。金価格が4500円以下で、逆ザヤ1000円で再出動の準備。
12月も2週目に入り今年の成績が11年間で最悪となる事が確定する。収支の更新も年内絶望的で、ワースト記録は200営業日まで伸びる。年内第一目標は、プラスサイドでの終了。大きく負けが込んでいる時のディーリングは辛いモノがある。敗戦処理に消化試合・・・。こんな時にでも得点を上げられるプレーヤーでなければならないと思う。

2011年12月01日

V字反発大幅高

3:15 注目のADP雇用統計で強気材料が示現、指数は棒上げとなる。8100円台の新安値を連日更新した株価指数日本株。新安値圏にいる時、一番確率が高い動きは更なる下落。次に安値圏で膠着。そして弱い反発と続き、一番起こりそうも無い低確率なV字急反発。仕掛けレンジのセンター値は8100円台。一気に8600円台に持って行かれ、C8750が大きく引かされる。プットの炸裂よりは威力は無いが、ここに来ての大きな損切りは辛い。年内、収益更新の火が消えて行く。
現在米国株は400ドル!を超える急伸、高値圏での推移。CMEは8620円で200円を超える上昇。安値8150円から一気の500円棒上げは非常に辛い展開。下げでやられ今度は上げでやられるWパンチ。週末の雇用統計発表で急反落なんて事にでもなれば・・・・疲れる、嫌気が差して来る。憂鬱と絶望の繰り返しだ・・・。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。