<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2011年08月31日

-2,320,434

18:30 戻り売り圧力が強い日本市場とは違い、米国市場は小幅高で引ける。USDは安値張り付きで他通貨も小動き。東京市場は8900円台で堅調小動き。引け値は小幅高の8955円、プレミアムは連日の下げとなり適正値にほぼ重なっている。ここからの下落は速度が落ちる事と思う。週末の米国経済指標の発表を前に上げに転じるかも知れないので、夜間取引でポジションを軽く調整する。
8月も終わり、収支は-232万円と過去10年間でワースト記録となっている。8ヶ月間給料が無い事は勿論の事、逆に毎月30万円程払い続けている状態。しかし、最悪の落込みは-430万円!返しが200万円と、希望も見え隠れして来ている。年単位でのマイナスは許されない事。あと4ヶ月、全力で臨まなければならない事を自覚している。

2011年08月29日

-2,697,835

23:00 週末の米国市場は反発して引けるが、為替は円高高止まりでUSDは市場最安値付近を彷徨う。東京時間は為替の円安もあって、寄付き8800円から、一時8900円に乗せる動き。午後になって新首相誕生もあって堅調に推移、8865円で引ける。プレミアムは予想通りに急落、収益は大きく損失額は300万を切る。ポジションの大きい事から、日々±50万円程度の浮き沈みが起きる事となる。週末には米国経済指標の発表を控え、収支改善のペースは落ちる事となる。戻りの目安は9000円、9250円、9500円となるが、8500円の支持がほぼ固まった事に注視したい。戻り一杯、反落時のプットの売りを待つ。
死にかけて絶望の淵まで追い詰められたが、まだ死ぬ訳には行かない。

2011年08月26日

-3,336,884

16:30 米国市場は反落するが、為替が円安に振れてCMEの下落幅は限定的。東京時間は8730円から8800円までのレンジ取引となる。幾度と無く売り崩し的な売りが入るが、押し戻された格好となる。引け値は8800円、プレミアムは変わらずで値位置は高い。今晩の米国市場で要人発言があり、来週には経済指標の発表を控える。高いプレミアムがいつ下げるのか?第一弾は週明け月曜日。今夜の夜間取引でポジションを調整する。

-3,378,196

24:00 米国市場の連日の上げに、東京市場は反応薄く上げ幅が小さい。プレミアムも寄付きこそ下げたが、場中はジリ高で推移。昨日同様、引けで値洗いが悪化する悪い展開。

2011年08月24日

-3,487,671

21:30 米国市場は300ドルを超える予想外の上げ。為替は小動きだが、仕掛けポジションに対して上げ過ぎを心配して東京市場を迎える。8810円で始まり、予想外に安い寄り値。下落に次ぐ下落で8700円、8615円の新安値まで急降下、全く予想外の展開でプレミアムは上昇。引け値は8655円で、下値底割れの可能性が大きい安値圏で引ける。計算上200円以上の上昇を予想した指数は、想定外のマイナス引け。寄り付き時の収支は+20から30万円。終わってみれば-33万円!こんな展開が一番堪える。今年は本当に厳しい状況が続く。
白旗撤退、トレードを引退する人も続出している現況。何とか生き残らなければ・・・・神に祈る。

2011年08月23日

-3,159,992

23:00 米国市場は小幅に上げる。為替は小動き、USDは安値圏で小動き。日銀は口先介入の脅しが続くが、実弾発射の可能性は薄い。東京時間は小さい動きの中、安値圏から離脱し8730円で引ける。プレミアムは一気に剥げて収益は改善する。
仕掛けポジションは、センター8450円のワイドレンジストラングルとネイキッドのファーアウトが数十枚。懲りないポジションだが、このプレミアムで仕掛けない事は許されない。勿論、監視体制は24時間、噴火時は早目の撤退が必死となります。
今後の展開は、月末の新首相誕生で上振れの可能性が出て来る。そして米国の経済指標の発表と、売り方にとっては鬼門の月末月始めとなる。

2011年08月22日

-3,759,005

17:00 週末の米国市場は引け間際に下げ幅拡大、下値が見えない。USDも一段安で76円を瞬間的に割れて史上最安値を更新、引けでは戻して76.50で終えている。東京市場は為替の円安から8600円台後半で始まり8700円に乗せてプラスサイドまで値を伸ばす。午後になって円安が止まり下げに転じる。大引けまで一方的に下げ続けて安値を更新、8615円まで下げて安値引け。仕掛けレンジは下限一杯で留まり、プレミアムは小幅に下げる。新安値更新にプットは上昇せず何とか踏み止まる。
損失は更に増え今日の下落は深刻なモノ。夜間取引で更に下落なら、又してもポジション調整を強いられる。損失額更新でトレードを一時停止する予定。

2011年08月19日

-3,622,411

20:30 米国市場は止めを刺すように大幅に下落、為替の円高は高止まり。東京市場は底割れには至らず8700円台後半で終始小動きだったが、引け間際に比較的大きな地震が発生する。それと同時に堤防が突破され一気に崩れる。夜間取引に入り一段安、8630円まで下げて前回の安値に合わせて低迷中。ここに来て新安値の更新、プットの噴き上げは本当に辛い。週末に来て1週間の利益を一気に吐き出してしまう。更に僅かな望みを託すポジションを又しても切らなければならない直面となる。今年は本当に辛い。いつまで続くのか泣きが入りそうになる。今夜も眠れない週末となる事は確か。自分の頭の悪さに嫌気が差してくる。損失は誰のせいでもない。ディーリングは100%自分の意思で行っている事。何の難しい事は無い。間違っている事をしているだけの事である。原因は自分自身にあって、悪いのは自分だけである。

2011年08月18日

-3,003,810

19:00 米国市場は100ドル以上の上昇を全て失いマイナスサイドへ転落。引け間際に戻して小幅高で終える。為替は大きな動きは無いが、USDがジワジワと史上新安値へと向かっている。東京時間は9000円台で始まるが、為替の円高に連れて下落し9000円を割れて8945円で引ける。プレミアムの上昇は無かったが、現在夜間取引で8800円台前半まで急落中となりプットが上昇。前回の安値8650円が視野に入って来る。ここまで来ると新安値の更新は避けられないムード。仕掛けが小さかったのでレンジをスイッチ、更に8500円辺りにワイドレンジストラングルの売りを建てる。負け犬には貴重なチャンスとなる。

2011年08月17日

-2,976,669

22:00 米国市場は反落、下げ幅は小さい。為替はCHFの調整が続き、他通貨は小動きとなる。東京時間はお盆休み後半で商いは低調、値動きは乏しく9000円から9080円の値幅に留まる。プレミアムは連日の下落だが、割高感は継続。損失は300万円を割り込む。8月中でマイナス200万円は切りたいところ、果たして?
指数は9000円割れには至らず。9000円は大きな支持、8750円が次に来て8500円はダブルボトムの二番底、割れる事は現実味が乏しく思える。USDは76円台で膠着、ステルス介入が断続的に実施されているのかもしれない。史上新安値を更新したとしても、介入が入る可能性は高く75円がやっとのラインでは?ユーロ圏では空売り規制が発動され、月末には新総理と内閣が生まれる可能性が高い。安値を突く材料が限りなく少ない。今夜の米国市場の価格動向で、P8500に勝負を賭ける。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。