<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2011年01月31日

643,461

18:00 週末の米国市場は久しぶりに大きく下げる。CMEも10220円、為替も円高方向で終える。東京時間は、寄付き前時間外で10170円をつけるが寄り値は10220円で一時10250円まで上げるが上げ切らず小動きとなり10235円で大引け。プレミアムは上昇、1月最終日の収支はー15万円を超える。トータル64万円は歴代2位の1月収支。やや上がったプットを売り直し仕掛けレンジを拡げて来月に望む。

タイトルの数字は ”当日までのディーリング成績合計額(ポジション持越損益を含む)”

2011年01月28日

813,223

15:30 米国市場は小幅高、為替は円安で引けている。CMEは10480円。東京市場は10480円で始まり寄付き高値で急降下。10500円を大きく超えると思われていただけに意外な展開。為替もやや円高気味に推移し、10300円まで下げ続け下げ止まる。引けにかけてやや戻すが10360円で大引け。レンジは一段切り下がり、プレミアムはまちまち。収支は小幅にプラスで連日の更新日となる。あと1営業日、この調子で終えたい。

2011年01月27日

798,223

20:00 米国市場は小幅高、為替は小動きCMEは10420円で引ける。東京時間は10450円で寄付き大きな動きには至らず。安いプレミアムは更に下がり収益更新日に達する。下げすぎたA月当限を手仕舞いする。ここは、上にせよ下にせよ、大きな値動きが欲しいところ。

2011年01月26日

711,583

15:30 米国市場は小幅な下げ。為替はGBPが急落、独歩安。CMEは10420円。東京時間は10410円で始まり小幅な円高に影響されず終始小動きとなる。10390円から10430円と僅かな値動きで、10400円で大引け。プレミアムは小幅に下げるが下手なデイトレとGBP/CHFの買い持ちで引かされ収支は小幅高に止まる。思った以上に回復は早く、当限のプレミアムはそろそろ下げ過ぎか?先月同様に、状況次第で早めに手仕舞う事も考える。

2011年01月25日

689,383

15:30 米国市場は3桁の上げ、日本株の軟調と反対に連日の高値更新となる。為替も大きな動きは無く、CMEは10380円で引ける。東京時間は時間外で10350円まで下げるが、寄り後に買われて10400円台に突入。午後になっても買いの手は続き10475円まで伸びる。引けは10465円の高値圏で引ける。先週末の下落の修正が入る。仕掛けレンジは1段上がって先週のレンジに戻る。プレミアムは大きく下落し、収益は10万円を超える。思っていた以上に収支が復活、このまま月末まで逃げ切りたい。

2011年01月24日

564,383

15:30 東京時間は10300円どころで始まり終日小動き。下値は10280円、上値は10345円と小さな値動き、引け値は10345円。先物主導で売り崩しを狙った売り物が断続的に入っている模様だが、米国株の堅調とやや円安の為、下げ切れない状態が終日続く。為替はほとんど動きは無く、時間外の米国株が終始買われていた。225安、米国株高の構図は更に拡大、持っていたポジションは引けにて損切り-10万円。こんな引かれポジションを嫌な思いをして持ち越す理由は無い。プレミアムは小幅に下落、先週末の大きな損失から10万円返す。1月度は月間50万円を死守したい。

2011年01月21日

447,099

7:10 米国市場は小幅安に留まる。昨日切った為替は大きく切り返して、円安となって帰る。下落が心配されたCMEも同様に切り返し10480円で引けている。USDが1円円安に振れているので実質10500円台か?びびって切ったのは失敗だったのか?GBP/CHFは更に新値更新中。

11:10 東京市場は10480円で始まる。為替は小動き。何故か寄付いた途端に下落、急落、止まらない10320円まで。為替は動かず、米国株も動かず日本株のみ売られる展開。今年になって始めての比較的大きな動き。前引けは10350円。後場になっても売り継続なら、ポジションの調整が必要か?

16:00 後場になっても下げ圧力は収まらず右肩下がりに値は下げる。戻しても戻しても、大きな売りが吸収してしまう様な展開。堪らず当限のプットを損切る。下げ過ぎ感から買った先物は、米株先物とのスプレッドとなり大きく引かされる。安値は10255円まで、プットは急上昇。昨日まで下げ過ぎのプレミアムなので予想は出来ていたが損切りが遅れる。大きな戻しは無く10275円で大引け。仕掛けレンジは完全に一段下がり、二番限のプレミアムは連日の上昇。何故、その安いB月限を5セットも売りたてたままだったのか?結果論だが、一旦利食いしておけば・・・。過ぎた事はしょうがないが、来週からの戦略が難しい。鬼門の1月をプラス収支で終える為に守りに入るか、やや戻したプレミアムを再度売るか・・・。中間での戦略で臨む方針。本日の収支は昨日に続き大きくマイナス25万円、トータル収支も45万円に激減。

21:30 下げ過ぎの指数は現在10330円と戻している。上げ過ぎたプットもいくらか戻しBP10000を9750にスイッチする。やや消極的かと思うが仕掛けレンジを更に拡げてリスク回避。従って、収益も限られる。昨日より今日の方が大きな値動きが発生。週明けは、更に大きな値動きとなる確率が高い事は事実。連日負けが混んだらポジション縮小、これが出来なければプロとは言えない。1月エンドで最低50万円は確保したい。

2011年01月20日

695,634

16:20 米国市場は三日ぶりに反落。下げ幅は限定的。為替は円高気味、CMEは10450円。東京市場は10500円で高目のスタート。買いが続かず下落調となる。大引けまで軟調が続き、10435円の安値圏で引ける。下げ幅は久しぶりに100円を超える。プレミアムは上昇、収支は-10万円。為替の頭打ち感が漂い、買いポジションを一時手仕舞いする。オプションは週末から来週にかけて苦戦が予想されるが、大きなポジション、リスクは絶対に取らない。2月エンドで+100万円で十分な出来とし目標とする。勝てない1月2月を甘く見てはいけない。

23:30 反転と思われたGBPがゾンビの如く復活。現在132.00、対CHFでは1.535と先程切った1.523からは大きく反発している。225も10450円と持ち直している。高値は続く?買えない相場は高い?株価は高値圏でも円も高値圏、円の急落はいつ起きても不思議じゃない。

2011年01月19日

790,626

15:30 米国市場は新高値更新の高値引け、50ドル高。CMEは10570円、為替はUSDがやや安い。東京市場は小安く始まり動かず。安値は10525円で終日軟調。引け値はやや買われて10565円で大引け。安すぎるプレミアムは今日も小幅に下げる。小額だが、連日の収益更新日となる。

2011年01月18日

780,858

15:30 米国市場はキング牧師誕生日で休場。東京市場は何の材料も無くほとんど動かず。先物は10455円から10540円までの動き。下げ過ぎているプレミアムは更に小幅に下げる。収益更新日が続いているが今後が問題。今は何も出来ない。

プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。