<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

posted by fanblog

2017年12月28日

南アランド急伸、メキシコ安値更新

12月26日
4,518,237

12月27日
4,483,237

10:15 東京マーケットは小幅高、小動き、商いは閑散としている。休場明けの海外市場も動意無く、値動きに乏しい内容となっている。同値圏で動きが無ければ、通常プレミアムは剥げて来るのだが、逆に小幅上昇の展開となっている。先週末時点で、既に織り込み済みとなって下げ過ぎていたのかも知れない。年明け2営業日分、海外市場の値動きが蓄積される。年末週末は通常通り、土曜日早朝5時半までの取引となっている。
今日を入れて年内残すところ3営業日。下がらないプレミアムは、この位置からの下げ余地は果たして幾らあるのだろうか。手仕舞いのリミット一杯まで、ポジションを維持するのか悩むところ。そして年越しのポジションは予定通り、持たない事に徹底する。

16:00 東京市場終値は先物が22,890円。商い閑散のまま、終日小動きで一日を終えている。プレミアムは強含み。年末の手仕舞い買いなのか、じりじりと値を上げて行く展開。価格はこのまま23,000円直前で膠着が予想される。

12月28日
4,616,082

16:00 東京マーケットは下落、先物は22,780円で引ける。海外高から小幅高で始まり昼までの高値は22,950円、大台23,000円を取りに行くかと思われたが届かず。14時過ぎに年末のポジション調整なのか売りが入って来てマイナスサイドへ。断続的な売りに安値は22,720円まで下げる。
通貨は南アランドが急伸、対スイスで前回の高値を一気に抜き去る上昇。押し目待ちに押し目無しの状態で、ポジションを積み上げられず置き去りにされてしまう。トルコ、メキシコは冴えない動きで、メキシコに限っては前回の安値をあっけなく更新してしまう。この年末に来て、一番弱い通貨に成り下がってしまった模様で安値の目処が立たない。


プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。