<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

posted by fanblog

2017年11月06日

北沈黙、トランプ入国、新値更新

11月6日
3,422,388

16:00 連休明けの東京マーケットは北朝鮮沈黙、トランプ入国で22,600円オーバーの新高値更新スタート。仕方なく先物をラージで4枚分620円、625円、635円と高値圏で買い建てる。これでC22500とC22750の一部がカバーされる。しかし買えば安くなるのがいつものパターンで22,500円を割り込むまで下落。C22750のプレミアムが下がって来たので、高値の買いラージ2枚を22530/22550で損切りする。連休中の損切りも合わせれば50万円近く失った事になる。価格は22,660を高値に22,430円まで押されてコールが落ちて来る。引け間際に買い直されて先物は22,595円で引ける。買い持ちの資源国通貨は南アランド、トルコ共に下落し資金移動が顕著。本日の集計は大幅マイナスかと思われたが、何故かプラスとなる。思った以上にプレミアムの下落幅が大きくその恩恵を受ける。S.Q.の落としどころは22,500円。着地が近ければ復活の芽も残る。
結果論だが先物は思った程値が伸びずプレミアムは大きく下げた。突っ込んだところで急落が頭を過ぎり、ヘッジの買いポジションを投げさせられて20万円の損失。今朝のスターティングの買い煽りにビビって高値圏で買わされる。再度押したところで投げさせられて都合50万円を失う。何もしなければ3桁100万円に迫る収益となった訳だが結果論でしか無い。寄付き新高値で踏み上げ。場中円安進行で一段高ともなれば総踏み上げで22,750円を突破するシナリオが描かれる。先物を買わざるを得ない状況である事は明確。結果的に値は伸びなかったが、採った行動に後悔は無い。連休中は最悪500万円程度の損は起こり得ると覚悟していたので、今日の結果に少し戸惑っている。


プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。