<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2010年12月04日

2010年12月04日(土)

7:15 米国の指標発表は予想より悪い数値となる。試しで仕掛けた先物がアっと言う間に引かされて損切り。失業率が9.6%の予想から9.8%へ悪化・・・かなり悪い・・・。焦って中途半端な値位置でGBPを4枚買ってしまい、これも間髪入れず損切り。計マイナス10万円弱・・・。その後は、切ったところが安値圏でジリジリ戻す。4時頃には急落前の価格帯まで戻る始末。USDは大きく下げたまま戻さず。引けは再度下げてCMEは10180円で引ける。東京市場の引け値とほとんど変わらない価格。またしても余計な事を沢山やってしまっている。しかし今後が読み辛い。かなり悪い指標発表に株価はあまり反応せずに高値を維持。USDは大きく下落しCHFが再度急浮上。EUR,GBPは安値低迷のまま。年末ラリーの期待は株価には大きな風となる。大きな下落(9750円割れ)は描けない。下げたところは買いか?とりあえず来週のSQはATM10000円で行く。その後の展開は、その時考えればいい。

2010年12月03日

2010年12月03日(金)

9:10 米国市場は続伸、二日連続3桁の上昇。CMEは10315円で引ける。東京時間は、為替が小動きの中10250円で上げ幅を削って始まる。C10500が迫ってきたので少し心配したが、上昇に力が無い。この隙を突いて規律に反するが仕掛けレンジを上げてヘッジの先物を少量買う。

15:20 引けて見れば今日は一貫して下落した。寄付き時間外で10315円、結局これが今日の高値となり場中は下げ続けて指数は10178円、先物は10195円で引ける。又しても余計な売買が足を引っ張った結果となるが、逆に一段高の場面ではどうだったのだろう?今日はたまたま仕掛けレンジの方向に下落してくれたから良かったものの、上方向に走られた場合はこの悪い売買がヘッジとなっていたはず・・・。しかし規律は規律、今月になって全く守られていない。しかし結果は今日も+10万円。今夜の重要な指標発表を控えてプレミアムは比較的大きく下げる。こんな日もある。トータル収支は+340万円、ワースト記録を大きく脱したい。しかしプレミアムは安値圏なので、過度な売り込みは禁物、また@月限は正月休みを挟むので要注意限月となっている。
規律を守れない理由は二つある。一つは簡単に資金不足。二つ目はデータ不足。これから上下どちらに動く可能性が高いのか、判断するデータがほとんど無いからである。例えば ”金曜日に高寄りした日の引け値のデータ” とかである。これから検証してデータをまとめたいと思う。

2010年12月02日

2010年12月02日(木)

15:35 米国市場は大幅高、為替は前日の下落分をほぼそのまま返す大幅な円安となる。日足チャートで確認出来る不思議な形状。CMEは10170の大幅高の新高値で引ける。東京時間は、やや円高気味だが10150から10200円の僅か50円幅の値動きが大引けまで続く小動き。引け値は10168円でプレミアムは下落、仕掛けレンジが再度一段上がるが、為替ポジションが良い方向となり収支は連日の+15万円。12月はこの調子で行きたい。明日の夜は米国雇用統計の指標発表を控える。仕掛けレンジは大きく、今のところ準備は万全。規律は本日も守れず。昨日下げたレンジを再度上に戻す。

2010年12月01日

2010年12月01日(水)

15:30 米国市場は続落。為替はEURが2円の急落で、円が全面高。CMEはイブニングで9850円まで売り込まれたが、引けにかけて戻して9930円で終わる。東京時間は為替が小動きで材料難。9930円で始まり9920から9960円の僅か50円の値幅しか動かず。後場になっても小動きが続くが、大引け間際に上抜けて先物は10000円を点ける。指数は9988円で大引け、プレミアムは下落。収支は+15万円だが、余計な事が2点。昨夜の下落で堪らずセンター9800円の@月限を仕掛けてしまう。今日の場中では先物を9950円で売建→10000円損切りとなる。ルール通りの売買が何故出来ないのか?どうすれば出来るのか?真剣に考える時期・・・。

2010年11月30日

2010年11月30日(火)

16:40 米国市場は大きく下落した後戻して小幅安で引ける。CMEも10070円、USDは84円台を維持。東京時間は為替は小動き10070円で始まり昼まで僅か50円程度の値動きで推移。後場になると為替がやや円高に振れると10030円、9970円と急落。大引けまで下げ続け、9935円の安値で引ける。プレミアムはほとんど下がらず、収支はマイナス10万円、月間収支は-50万円、トータルでの収益は300万円まで落ち込んでしまう。ここ2週間、プレミアムの下げが小さく、安値圏で仕掛けたポジションが苦しい。仕掛けレンジ自体は悪いものでは無く、ここが我慢どころ。プレミアムは最後には必ずゼロになる。約束通りに下手なヘッジはしていない。
年間ワースト収支328万円が迫っている。12月も損失回避のワイドレンジでの仕掛けで行くしか手は無い。

2010年11月29日

2010年11月29日(月)

17:10 週末の米国市場は小幅安、CMEは10020円、USDは待望の84円台で終わっている。心配された米韓合同軍事訓練による北朝鮮の反応は特に無く、株価上昇を匂わせる。東京市場は為替の円安もあって、10080円で始まり予想通り10150円まで続伸。その後は売られて10040円まで急降下と忙しい。為替も円高に切り返すが後場になって再度買われて10125円で大引け。プレミアムは何故かほとんど下がらず。今夜の米国市場には目立った指標発表は無いのだが・・・。収支は-5万円で今月のマイナス収支が確定する。

2010年11月26日

2010年11月26日(金)

16:00 米国市場は休場、為替も小動き、CMEは10090円で終わる。東京時間は10100円程度で始まり10140円までの上昇を見せるが頭打ち。引けに掛けてダラダラと下値を切り下げる展開。動き自体は小幅だが、安値圏10040円で大引け。為替はUSDとCHFが高くAUDが安いバラバラな動き。明日の米韓共同軍事訓練が実施されたら、北朝鮮は再度攻撃!?の報道に少し嫌なムードが漂う。値動きは小さかったが、安値圏での引けで場味は悪い。プレミアムも下がらず収支は変わらず。今月のマイナスがほぼ確定してしまう。納得ずくでCFDをラージ1枚分、売りヘッジを建てる。週明け、急落は有り得るが急伸はシナリオを描き辛い。

2010年11月25日

2010年11月25日(木)

15:30 米国市場は大きく反発。上げを先取りしたCMEは10110円、為替は円安となっている。東京時間は円安が少し進むが反応無く10100円で始まり下落、10時には10035円まで下げるがここからの売り込みは無く、10080円程度で小動きとなる。昼を挟み為替は円高に切り返すが再度買われて10120円まで。大きな動きは無く10080円で大引け。今夜から週末にかけては米国市場が半休となる。北朝鮮問題があるが、ここは少しでも仕掛け増したいところ。大きな負けは許容出来ないので、二番限の1000円レンジを試し売りするに留める。仕掛けレンジは大きいが、ロットが多いので要注意。空のプットも20枚近くなので、大きな下落には注意が必要。プレミアムは小さく下落し収支は+10万円。先物デイトレードとFXの不調が連日続いている。当面の間、先物デイトレードを禁止する事とする。

20:50 正気に還る時・・・。追い詰められて戦いを挑まない奴は ”死” あるのみ。今から戦闘が始まる。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。