広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

秋の民陶むら祭「小石原焼」レポート その2

こんにちは!ゆきちゃんです。

この頃は、秋らしい青空が気持ち良いですね。
おにぎり作って、ハイキングやドライブ、ツーリングに行きたいですね。

昨日ご紹介した「小石原焼」をお見せしますね。
いずれも、創業350年「柳瀬本窯元」のものです。

シンプルで、現代の感覚にもマッチしていると思います。
ぽってりと厚みがある感じ、優しくて大好きです。



こちらは「とびかんな」と言われる技法で模様をつけられています。
ろくろを回しながら、金属でちょんちょんと模様をつけるそうです。

規則的な模様のリズム感が楽しいですし、職人技だなって思います。



こちらは「刷毛目」。刷毛でつけた模様ですね。



風雅な「草文シリーズ」の作品。
とびかんな模様の間に、ちょこんと点がついているのが見えますか?

この点がついているだけで、商品価値が無いそうで
サービスで頂いたものです。



数年前の「民陶むら祭」で、おまけで頂いたお地蔵さんです。
「柳瀬本窯元」の皆さんの優しさが伝わって来ます。

「筑前小石原焼 柳瀬本窯元」データ

☆住所:福岡県朝倉郡東峰村大字小石原790
☆電話:0946−74−2206
☆営業時間:9:00〜17:00
☆定休日:不定休(普段は連絡して下さい・・・とのこと)

「秋の民陶むら祭」(10月12〜14日)に行ってみませんか?
じゃらんに「小石原」の口コミがあります。






「東峰見聞録」のサイトもおすすめです。
東峰村観光情報サイトで「民陶むら祭り」について詳細があります。

秋の民陶むら祭「小石原焼」レポート その1

こんにちは!ゆきちゃんです。

秋になると、風情のある場所に行ってみたくなりますよね。
コスモスが揺れる中、焼き物の里を散策するのも、素敵ですよ。

ゆきちゃんは、秋になると福岡県の「小石原」という集落を訪ねたくなります。
何年も通っているのですが、ひなびた感じが、とってものどかで
ゆったり癒される場所なんですよ。



ここは、一年に2回「民陶むら祭」というお祭りがありまして
普段よりも、2割ほど、お値段がお安くなっていたり、おまけがもらえたり
楽しい事が沢山あるんですよ。

「民陶むら祭」は春と秋にあります。
春はゴールデンウイークにあります。
秋は10月12〜14日です。



ゆきちゃんが、買い物をするのは「柳瀬本窯元」です。

こちらは創業350年です。
気が遠くなってしまう位の歴史がありますね。
また、内閣総理大臣賞、経済大臣賞など多くの受賞歴をお持ちです。

明日は陶器をお見せしますね。
独特の技法など、技が光っています。



「筑前小石原焼 柳瀬本窯元」データ

☆住所:福岡県朝倉郡東峰村大字小石原790
☆電話:0946−74−2206
☆営業時間:9:00〜17:00
☆定休日:不定休(普段は連絡して下さい・・・とのこと)

もうすぐ楽しい「秋の民陶むら祭」です!
宿のご予約は、お早目にどうぞ。
じゃらんにも「小石原」の口コミがありますよ。





ランキング応援して下さる皆様、いつもありがとうございます。
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。