広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ペットと泊まれる楽しい「ホテルエリアわん」

こんにちは!ゆきちゃんです。

ペットと一緒に泊まれるホテルはなかなか無いですよね。
今日は熊本県で一番、お気に入りのホテルをご紹介しますね。



ペットと泊まれるのは、こちらの別館になります。
消臭剤や、ペットシートなどペット用品が充実しているので
気軽に泊まれるので嬉しいです。



朝食はこちらの本館で、バイキング形式で頂きます。
和風のおかずも、洋風のおかずも並んでいるので
世代を問わず楽しめますよ。

パンやご飯もとても美味しかったです。
カップの自動販売機で、朝食時は無料で自由に飲み物が飲めます。
(朝食時間6:45〜9:00)



こちらは、しんちゃんファームです。
ゆきちゃんとサーくんが行った時にはヤギさんもいました。



看板犬のレオくんと。
レオくん、とってもかわいいです。



こちらのホテルは従業員さんもお客さん想いの方ばかりで
早朝に、お客さんの車のフロントガラスをさりげなく
拭いてくださる姿もお見かけしました。

お値段以上に楽しめるホテルですので本当にオススメです。


ホテルエリアわん」データ

☆住所:熊本県菊池郡大津町大津1394
☆電話:096−293−7881

「ホテルエリアわん」はじゃらんから、予約出来ますよ。
ポイントがつくので、お安く旅行が楽しめるので
ゆきちゃんは、いつも利用しています。





じゃらんから予約したほうが、宿泊料も安い場合がありますので
要チェックですね。

明治時代に創業「ニコニコ屋」

こんにちは!ゆきちゃんです。

今日は南阿蘇鉄道の終点の駅「立野駅」前にある
お饅頭の老舗「ニコニコ屋」をレポートしますね!



長陽駅の次の駅なので、電車に揺られて行くのも良いですよ。
久永屋は11時からなので、8時から営業している「ニコニコ饅頭」を
先に買いに行くのも良いですよ。

駅の案内に海抜が書いてあるのも珍しいですね。



南阿蘇鉄道は高森駅が始発で、立野駅が終点になります。




ここでお饅頭が買えます。

ゆきちゃんが買い物に行った時には
近所のおじいちゃんと、小さい子供(お孫さんかな?)が
お饅頭をほおばっていました。

創業は明治40年で、酒まんじゅうでした。
素朴な味わいで、あまり甘くなく
昔の人は、こういう味を好んだのかなと思いました。



今風ではない味だけど、旅情と歴史が感じられる一品だと思います。
ローカル線の終点にあるお店が明治時代から続いているのも
本当に珍しく、凄いなって思いました。

「ニコニコ屋」データ

☆住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野1576
☆電話:0967−68−0104
☆営業時間:8:00〜19:00
☆定休日:無休
☆売り切れる事もあるので早めに購入する
☆値段:一包み:8個入り 300円

じゃらんなら、阿蘇の観光ガイドも充実しているので一見の価値ありですよ。



レトロな長陽駅の久永屋(シフォンケーキ) その2

こんにちは!ゆきちゃんです。

昨日の続きで、久永屋のおいしいシフォンケーキをレポートしますね!

長陽駅はメイン道路(細いけど)からの入り口が
かなり分かりづらいので、看板に注意しながら探して下さいね。

ここのシフォンケーキはいろんな種類があるので
いろいろ楽しめますよ。





ゆきちゃんは広島在住なのですが、ここのシフォンケーキは
熊本に来たら絶対に食べます。本当に柔らかくて大きくておいしいです。



サー君も大喜びです。
香りがすごく良いので、わんこには、たまらない感じだと思います。
ちなみに、この画像はわんこのカレンダーにも採用されたんですよ!



めったに電車が来ないせいか、おもちゃが置いてあって
駅の前には家が一軒もなく、緑の風景が広がっています。
景色はとてもきれいで、風力発電の風車があり、のどかです。

時間がゆっくり流れるので、癒されます。



お土産で、まるごと一個を買って帰りました。
店主さんのセンス良いシールが、かわいいですね!

じゃらんの観光ガイドでも久永屋の口コミがあるので
ぜひチェックしてみて下さいね!





「駅舎カフェ 久永屋」データ

☆住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽3440−4 長陽駅舎内
☆電話:0967−67−1107
☆営業時間:11:00〜18:00(土日祝のみ駅舎で営業中、平日は赤い車でさるき売り)


レトロな長陽駅の久永屋(シフォンケーキ)その1

こんにちは!ゆきちゃんです。

今日は南阿蘇村にある、長陽駅舎内の「久永屋」をご紹介します。





ここは、とってもレトロな趣のある小さな駅です。
南阿蘇鉄道というローカル線にあります。



駅長室だったのか、駅の中にお店があります。
窓枠などもレトロで懐かしい感じがします。
映画のセットのようで、本当に可愛らしいです。



ふんわりして、なめらかで香りが良いシフォンケーキが食べられます。
シフォンケーキも沢山の種類があるので、はまってしまいますよ。

明日はケーキをお見せしますね!

営業時間前に到着したので、お店のオープンを待っていました。
サーくんは、ケーキの焼けるいい香りが
お店の外まで漂っていたので、待ちくたびれて、こんな顔になっていました。



「駅舎カフェ 久永屋」データ

☆住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽3440−4 長陽駅舎内
☆電話:0967−67−1107
☆営業時間:11:00〜18:00(土日祝のみ駅舎で営業中、平日は赤い車でさるき売り)

じゃらんの中の「観光ガイド」にも「久永屋」の口コミがありますよ。




池山水源(熊本県) 名水百選の旅

こんにちは!ゆきちゃんです。

今日は名水百選の「池山水源」をレポートしますね!

ここは緑が美しく、湧水量も豊富で圧倒される迫力があります。
美味しいお水を汲んで持ち帰る事が出来ます。





熊本県の名水百選だけでなく、全国の名水百選に選ばれています。



美しくて、非常に幻想的な風景です。





川になっていくところです。
産山村役場のホームページによると、最終的には別府湾に流れ込んでいるそうです。

ゆきちゃんは、普段から、趣味で美味しい水めぐりをしているのですが
ここのお水は格別に美味しいと思いました。

自宅に持ち帰って、コーヒーを淹れてみましたが
コーヒーの香りと旨みが素晴らしく、味わい深かったです。
美味しいコーヒーが飲みたい方や、美味しいご飯を炊きたい方に
ぜひ訪れて頂きたい場所です。

タンクやペットボトルをご持参下さいね。


産山村は温泉も沢山あるので、とても良い所ですよ。
じゃらんでも、温泉ランキングをやっているようです。





「池山水源」データ

☆住所:熊本県阿蘇郡産山村田尻14−1

阿蘇ミルク牧場は動物がいっぱい! その2

こんにちは!ゆきちゃんです。

昨日の続きで「阿蘇ミルク牧場」をレポートしますね!



先を争って食べているのが本当にかわいらしかったです。



柵の外をお散歩している羊さんもいました。

ここはお土産が充実していて、お買い物も楽しめますが
B級グルメでソーセージも美味しかったです!



広すぎず、のんびり散策するのにピッタリで
デートにも家族連れにも良いと思います。

阿蘇に遊びに来られたら一度寄るといいですよ!
オススメします。



「らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場」データ

☆住所:熊本県阿蘇郡西原村河原3944−1
☆電話:096−292−2100
☆営業時間:10:00〜17:00(季節により変動)
☆定休日:季節による
☆入場料:4歳以上300円(12月、2月の平日は無料)

※愛犬のサーくんは入場出来ないので、車でお留守番でした。




阿蘇ミルク牧場は動物がいっぱい! その1

こんにちは!ゆきちゃんです。

今日は「阿蘇ミルク牧場」をご紹介します。


入場口にかわいい牛の像があって、子供たちの注目を集めていました。



ここは入場料がお安くて(何と300円!無料の時もあります。)
中でイベント(わくわくレース)を行ったり様々な体験が出来るので
本当に楽しい所です。

体験出来るのは、乳しぼり体験、ウインナー作り、バター作りなどです。
「動物ふれあい広場」などもあるので、お子さん連れにもオススメです。


ここがレース場です。広々として気持ちが良い場所です。


羊やヤギがまじかで見られます。ヤギさんが木の葉っぱを食べている様子が
とても、ほほえましかったです。


続きはまた明日レポートしますね!


「らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場」データ

☆住所:熊本県阿蘇郡西原村河原3944−1
☆電話:096−292−2100
☆営業時間:10:00〜17:00(季節により変動)
☆定休日:季節による
☆入場料:4歳以上300円(12月、2月の平日は無料)

※愛犬のサーくんは入場出来ないので車でお留守番でした。



熊本観光レポート(阿蘇山編)

こんにちは!ゆきちゃんです。

最近はくまもんブームもあって、熊本県が注目されていますね。
ゆきちゃんと、サーくんは熊本県が大好き💛です。
特に阿蘇山の雄大な景色がお気に入りです。



阿蘇山あたりは、景色も良いし水も良いし、美味しいものもある。
本当に素敵なところです。
ペットと泊まれる格安のホテルもあります。
(格安なだけでなく、楽しいホテルです)

緑の季節だけでなく、秋冬の阿蘇山も良いですよ。



冬枯れた草千里の様子です。(撮影は11月の末)
晩秋の哀愁が素敵な景色でした。


今日から阿蘇の観光のレポートを書いていこうと思います。
熊本にペットと遊びに行かれる方、自然を楽しみたい方の参考になれば幸いです。

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。