ファン
検索
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年08月31日

ミサイル発射で円高

どうも、MJです。

みなさんは北○鮮のミサイル発射にどのような影響を受けましたか?

色々調べたら、1200万円損したとか見つけて、半端ないな〜って思います 笑

一瞬ですよね!ホントに。

僕は一切トレードしてなかったので影響なしです。

よかった〜

やはり、指値・逆指値の重要性を再認識させられました。

コツコツと、そして長く続けれるように、気を抜かずに頑張りましょうね!では!



【このカテゴリーの最新記事】

2017年08月30日

FXってなんだろう?

FXを始める共通の理由は、「お金を稼ぐ・資金を増やす」というただ一点です。それ以外の理由をもって、このサイトに訪れている方はいないと思います。当たり前のようですが、ここを改めてしっかり認識することが大切です。

初心者の方によくあるのが、この「お金を稼ぐ・資金を増やす」という本来の目的を忘れてしまって、金融・経済の勉強やチャート分析に時間を費やしてしまうことです。FXを始めるのは、経済に詳しくなることでも難しい分析ができるようになるためでもありません。ただ、「お金を稼ぐ・資金を増やす」という一点です。

勝ち続けている投資家というのは、もの凄く経済に詳しくて難しい分析をしているに違いないと考えてしまいがちです。実際にそういう方もいるのは確かですが、多くの勝ち組トレーダーは自分のトレードに必要な最低限の知識しか有していません。




余分な知識や情報は、時として正しい判断の邪魔をすることが多々あるからです。

投資自体が初めてという方は、まずは基礎的な経済知識などをしっかり勉強してから。。と考えてしまいがちです。しかしながら、せっかくの投資家デビューを思い立っても、勉強ばかりで実取引前に投げ出してしまう方が多いんですね。

スポーツでも何でも、机上でいくら勉強したからといって、実際にやってみると全く思っていたものと違うということはよくあります。何度かトライして練習を繰り返すことで、コツが掴めるようになってくるものです。トレードもスポーツと全く同じで、知識だけで実経験を積むことなしには勝ち続けることはできません。

株などの取引では、初めから多額の資金が必要になりますが、FXでは数万円から始めることが可能です。投資が全く初めてという方でも、気軽にチャレンジできるのが大きな魅力ですね。

また、FXで培った相場感やチャートの分析力は、株式や先物取引にもそのまま応用が効きます。小額で始めるFXを投資の登竜門として、その培った経験をもって様々な金融商品へ手を広げていくのが一番だと思います。





ネット上では、何億・何千万と稼いだ方の派手な広告がたくさん掲載されています。確かにリーマンショックなど、レートが一方向に大きく動くときには利益も当然大きくなります。しかしながら、そうした短期間で大きく稼ぐためには、多額の資金に大きなレバレッジをかけるリスクを引き受ける必要があります。

これは、勝つことはできても「勝ち続けることはできないトレード」です。相場に恵まれて一時派手に勝っても、その後資金を溶かしてしまう方が多いのは、この「勝ち続けるためのトレード」をしていないのが原因です。

夢を壊すようですが、これから始めるという方が、数万や数十万の小額の資金を短期間で数千万にすることはできません。

しかしながら、粘り強く相場に正しい姿勢で向き合い続けることで、手元の資金は複利の力で、雪だるま式に少しずつ少しずつ大きくなっていきます。はじめは僅かの利益に感じられますが、ある時それがもの凄く大きくなって驚くことになると思います。

これが、FXで稼ぎ続けるという本来の姿です。

FXを始めるならM2J

2017年08月28日

FX 金利

金利の異なる2つの通貨を売買する場合、2つの国の金利差が発生するのですが、この金利差を日割りしたものを利益として毎日受け取れます。
この利益のことを「スワップポイント」と呼ぶのです。

日本でも銀行にお金を預けると、少額ですが利息が付きます。1万円を預けて数円にしかならないという悲しい状況ですが、世界各国の金利は日本より高いところがほとんどです。
外貨預金をしている人も多いオーストラリアは高金利通貨として有名で、2014年7月現在で2.5%ありますし、お隣のニュージーランドでは3.5%もあります。南アフリカに目を向けると5.75%もありますし、トルコにいたっては8.25%にもなります。(2014年3月には10%でした)
オーストラリアドル円やニュージーランドドル円を1万通貨購入すると、毎日70円程度のスワップポイントがもらえます。
つまり、10日間保有すれば為替差益を除くと、金利収入は700円ほどということになります。1年で換算すると、25,550円になります。



2017年08月27日

明日も頑張りましょう!

MJです。

8月は休みがちだったfxをまた再開しようかな〜。

最近はfx以外の、いわゆるネットビジネスを調べてました。

勉強してたらどんどんハマってしまって!

稼げる方法は色々、面白いですよね!

さて、もう少し勉強しますか〜

それではまた!



2017年08月26日

モッピーで稼ぐぞ!

ポイントサイトは知られているサイトだけでも50サイト以上、山のようにあります。その中でも人気のmoppy(モッピー)は特に中高生に人気の高いサイトです。理由はもちろん”稼げるから”です。

こちらから↓↓
http://moppy.jp/top.php?8bYse1d3
・年齢制限が低い
モッピーは12歳以上から参加できます。通常16歳から18歳以上の年齢制限が多く、モッピーはお小遣いサイトの中でも一番低い年齢設定になっています。
中学生から始められるので人気です。

・携帯スマホで稼げる
学生のメイン使いは携帯スマホです。モッピーは携帯ゲームの種類がとても多く、無料アプリダウンロードでもポイントが貯まります。アプリは同じようにポイント目的で利用した人の口コミ評価を見れるので安心です。
携帯サイトから始まったモッピーの充実度が人気です。

・ゲームポイントが高い
モッピーの代名詞というべき、ゲームやクリックポイント設定の高さ。
参加するだけで確実にポイントが貯まるメニューが多いので、毎日真面目にこなすだけで換金ポイントぐらいは達成できます。他のサイトでは0.1円〜0.5円程度のポイント設定が多く、せいぜい月に100円程度です。ポイントサイトの中ではオマケ的な要素ですが、モッピーは格段に高いです。
欠点と言えば広告が邪魔ですが、モッピーも収益を出さないとならないので我慢どころですね。

・モッピーワークスとタイピング
やるほど稼げるメニューで、文章作成や入力で稼げるポイントサイトはモッピーを含め数えるほどしかありません。テーマやキーワードを使った文章を書くワークス、入力作業のタイピングがあります。

・友達紹介特典が良い
モッピーは紹介した時点の報酬が300ポイントと高い設定です。
友達が携帯会員なら登録1週間後、PC会員なら300ポイント貯めた時点で紹介者に報酬が入ります。家族や友達など、とりあえず1週間登録しておいてもらうだけで報酬がもらえるので、とても敷居が低いです。
さらにほとんどの広告利用が還元対象で、5%〜100%紹介者に還元されます。

・大人になったら使える案件
旅行やクレジットカード、保険相談など、大人になって使えるサービスも沢山あります。将来的には頻繁に買い物や旅行をしたりカードを作る機会もありますし、車やバイクを買ったり、保険を検討するでしょう。
モッピーは日常的にポイントが貯まる場面が多いので長く使えます。

携帯で稼げることで有名なモッピーなので、本会員登録にすると良いですね。
お金がたまるポイントサイトモッピー

http://moppy.jp/top.php?8bYse1d3

FXの機能

中小企業のためのクラウド型レンタルサーバーZenlogic
───────────────────────────
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TP69D+BUADWY+3GRY+601S3

MJです。

先ほどの記事にもありました、FXの機能について簡単に説明しますね!

FX初心者で注文機能を気にする人は少ないです。注文機能には種類がいろいろあり、初心者にとっては「そもそも何に使うかがわからない」ことが多いからです。
ほとんどのFX会社には基本的な注文機能が揃っていますので、特別に気になる注文方法がなければ「問題ない」と言えます。
その一方でFXで継続的な利益を得たいのなら、注文方法に関する単語の意味だけでも把握しておいたほうが役に立つでしょう。
例えば、成行とは「現在の市場の価格で買ったり売ったりすること」です。指値は「現在の市場の価格より低い価格を指定して買ったり、高い価格を指定して売ること」を意味します。
逆指値は「現在の価格よりも高い価格になったときに買い、安い価格になったら売る」といった発動条件を指定できる注文方法で、リスクを減らすために使います。
一般的には成行で売買をします。それと同時に逆指値で予想とは異なる値動きをしたときに損失を最小限に留める対策を講じます。この2つの注文だけで初心者は十分ですし、成行と逆指値だけで稼ぐトレーダーもいます。
さらにIFDとは「買いが成立した場合のその価格に対して、いくらまで上がったら売る、いくらまで下がった売るなどと、さらに逆指値を指定する」ことができます。
OCOとは「2つの指値注文を同時に出し、1つが成立したらもう1つの指値は自動的にキャンセルする」ことができる注文方法です。
IFOとは「この価格になったら買うという新しい注文に加え、この値段まで上がったら売るという利益確定の注文と、この値段まで下がったら売るという損切り注文の3つの注文を同時に出す」ことができます。
トレールは「痕跡」や「引きずる」と言う意味で、値動きによって逆指値の価格を引き上げたり、引き下げたりする方法です。
これ以上下がったら売るという逆指値を設定しておきながら、価格が上がっていく場合には、逆指値の価格も一緒に上げていくことができます。
期日指定はその名の通り「売買がいつまで有効」と注文の有効期限を指定ができます。期日を「1日にする」といった短期トレードでよく使います。
以上が注文方法の簡単な説明ですが、これらを使いこなせるようになると、パソコンの前にいなくても適切なタイミングで売買ができるので、忙しい人たちの作業量とリスクを減らすことができます。



オススメのFX証券会社

どうもMJです。

今日は、実際に利用した事のあるFX証券会社をご紹介します。

今は仕事の昼休みなので簡単に! 笑

なんと言っても1番使いやすかったのはDMM FX

ですね!

一言で言えば、チャートの見方、決済の仕方、あとはMYページへログインした時に、
自分がやりたい事を迷わずに使える感じです。

これは文句なしです!

だからこれからFX始める人には絶対オススメですね!

こちらからどうぞ↓





次に利用したのは、外為ジャパン
です。

外為ジャパン
DMM FX
と同じ会社なんですね!

利用してみてわかりました 笑

内容はほぼ同じなので省略します 笑

こちらからどうぞ↓





最後はGMOクリック証券
とSBI証券です。

この2つはFXのレベルが少し上がってから利用した方がいいと思います。

あくまで個人的な意見ですよ!

例えば、SBIなら トレール機能がついてたりとか!

色々な機能の説明は後日アップしたいと思います!

本当は全部体験して、自分に合った証券会社を選ぶべきなんでしょうが。

でも、自分はこれからもDMM FX
でやらせてもらおうと思います!

2017年08月25日

ポイントサイトはモッピー!


☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆ 



累計600万人が利用しているポイントサイト!



★タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★

貯めたポイントはAmazonギフトやiTunesギフト、

Webmoney、現金等に交換できちゃう♪



なんと、モッピーを通じて

\月間50万円以上/ 獲得している方も♪





▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト





登録が完了したら、メールが届くよ!

メール内記載のURLにアクセスしてみよう♪



あなたにオススメの広告が表示されるよ!

表示されただけでなんと、10ポイントGET♪



他にもアプリダウンロードや無料会員登録をするだけで

どんどんポイントが貯まっちゃいます!!



さらにあなたのタイプに合わせてお小遣いを貯めよう♪



▼▼▼ 遊びながらで貯めたい方必見 ▼▼▼



\完全無料/毎日見るだけ♪遊ぶだけ♪

PCでもスマートフォンでも参加OK!

タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実!



▼▼▼ ショッピングで貯めたい方必見 ▼▼▼



\ショッピングページがリニューアルOPEN/



ネットショッピングするだけでポイント貯まる♪

最大50%OFF!人気のショップも充実!

今だけ限定キャンペーンも実施中★



▼▼▼ ゲーム課金で貯めたい方必見 ▼▼▼



モッピー経由でアプリを起動して

普段通り課金するだけで課金額の3%を還元!

お気に入りのゲームで楽しみながらポイントを貯めよう!



▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト





★★ 貯めたポイントを交換しよう ★★



モッピーは1P=1円であらゆる交換先に対応!



貯めたポイントは

現金や電子マネー、ギフト券に交換できちゃうよ♪



【現金】

全ての金融機関を取り扱っています!



【電子マネー】

nanacoポイント、楽天Edy、WebMoney、WAONポイント



【ギフト券】

iTunesギフトコード、Amazonギフト券、Vプリカなどなど




▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト

FX 基礎知識

FXに興味があるけれど何から始めたら良いのか分からない。
他の投資は経験があるけれどFXをしたことがない。
本屋でFX情報の本を読んでみたけれど、良く分からない。


ここでは、そんなFX初心者にも仕組みがしっかりと理解できるよう、また、困った時の助けにもなるようFXの仕組みについて分かりやす〜く解説していきたいと思います!



FXとは通貨を売買して儲けるトレード

株などをやったことがある人なら分かると思いますが、基本的に投資は「安く買って高く売る」もの。FXだって同じすよ。


株は非常に多くの数の企業の中から値上がりしそうなところを選んで買うじゃないですか。FXでは各国の通貨を買うんです。


どこでも良いです。好きな国の通貨を買います!


ある国の通貨の価値が、自分が買った時より上がった時に売ると、価値が上がった分が利益になるんです。


例えばですね、海外旅行に行く前に1ドル=100円。
10万円をドルに両替すると1000ドルになりますよね。
帰国後にドルを円に両替する時、1ドル120円になっとしましょう。


出発する時に受け取った金額と同じ1000ドルを円に両替すると12万円。


出発:1ドル=100円のレートで10万円を両替⇒1,000ドル
帰国:1ドル=120円のレートで1000ドルを両替⇒12万円


これは旅行中に為替レートが変動して1ドルの価値が上がったということ。
両替の手数料抜きで考えると、『円⇒ドル⇒円』と両替しただけで10万円が12万円となり、2万円も得しちゃった!ということになる。


FXはこの為替レートの差を使って利益を得る為替取引のこと!


為替レートは刻一刻と変化するので、FXではほんの数分ほどでも十分な結果を出すことができますよ。


通貨を買うという感覚、なんとな〜くわかったのでは?


ですが、いつでも安く買えるとは限らないわけで・・・。
ということは、通貨の価値が上がりっぱなしの時は下がってくるまで取引できないのかというと、そんなことはありません!


「売り」から入ってしまえばOK。
何も買ってないのに何故ゆえに「売る」ことができるのかと言うと、『人から借りてきて高値で売っておく』という感覚で捉えるのが良さそう。


高値で売って利益を得ておいて、同じものが市場で値下がりした時に買い戻す。
それを、借りた人に返せばどうです、しっかり利益になってるじゃないですか!


実生活でそんなことはとてもとてもできないけど、FXの世界では可能。これを「空売り」って言います。
実際の取引は「買い」と全く同じ操作で出来ちゃいます。


また、FXはスワップポイントという2カ国間の通貨の金利差を利用して利益にすることも可能。

例えばドル/円を買った場合、これは「米ドル買い/円売り」をしていることになる。
この時、現在は日本円より米ドルの方が金利が高いので、その差を受け取ることができるんです!



どうすればFX取引に参加できるの?

まず最初にFX会社に口座開設して自己資金を預けることからスタート。


口座開設そのものは超簡単。ネットで10分もあればどこのFX会社でも申込み手続きが可能。




そして2日後ぐらいに口座情報の書類が自宅に届いたら晴れてトレード開始という流れと相成ります。


そして入金。これも指定口座に銀行振り込みすれば1両日中には口座に反映されてすぐに取引可能に!


ですが、有り金すべてを入金しない方がいい。FX初心者であれば特に。
そうすれば、何かの間違いで大きな取引をしてしまうこともないじゃないですか。
国内のFX会社では基本的に入金しているお金以上の損失を被ることはないことになってます。



知っておかないと話にならない大切なこと!

FXで実際に取引を行うためには「証拠金(保証金)」というものが必要。
要はですね、通貨を買うために必要な最低金額のことでFX会社の口座に預け入れるお金。


ただし、10万円を入金したからといって10万円全てが取引に当てられるワケではないですよ。
通貨を購入する資金(必要証拠金)は取引ごとに縛られるけど、それ以外はフリー状態。
余裕さえあれば、取引中でも引き出せて実際は取引で生じた損益分のみのお金のやり取りに。


では、必要証拠金はいくら必要なのか?


国内のFX会社では、その時の通貨の価格の4%と決まってます。
例えば現在100円のドルを1000通貨分買うなら、本当は100×1000=100000で10万円の資金がないと買えないですよね。


しかし、実際の資金の数倍の取引ができるのがFX最大の魅力で、それが「レバレッジ」。


レバレッジが25倍の場合、その10万円の4%である4000円(4,000円×25=10万円)あれば米ドルを1000通貨買う事ができてしまう。


自己資金が少ないFX初心者でも始められて高いリターンも期待できる。
そして、損失が所持金以上にはならない。
これがFXの魅力です!

では、更に詳しく見て行きましょう。

一言で言えば、円高になるか円安になるかを当てるもの

例えばドル/円の通貨ペアを買った場合、円安になってドルが値上がりすれば、その分の利益が出ます。
円高になってドルが値下がりすると、その分の損失が発生します。
ドル/円を売っていたら、逆に円高で儲けが出て、円安で損失が発生します。

一言で言うと、FXは円高になるか円安になるかを当てるものなのです。
選択肢は二つしかないので、単純に考えると当たる確率は50%ですね。

ただし、数分後ならともかく、数日または数週間後に円高か円安なのかを当てるのは難しいですよね。
また、何pips動くか、さらに損切り注文と利益確定注文のどちらが先に到達するかなど、複雑な条件が加わることによって、確率は大きく下がるのです。

理屈はシンプルですが、簡単に利益を出せるものではない、と心得ておいた方がいいですね。

外国と日本との金利差でも利益は出せます

円高や円安のように、為替相場の変動によって得られる利益を「為替差益」と言います。
「為替差益」はFXの主な収益となりますが、もう一つ、外国と日本の金利差でも利益を出せるんですよ。

為替取引は、通貨と共にその国の金利も交換します。
例えば日本の金利は今や限りなくゼロに近い状態です。
けれども、アメリカはさておき、オーストラリアなどは日本よりもまだ金利が高いので、豪ドル/円の通貨ペアを買うと、保有している間は、豪ドルの金利を毎日貰うことができるのです。
これを「スワップポイント」と言います。

スワップポイントはロールオーバー時に発生

スワップポイントは、毎朝6時(冬季は7時)頃の「ロールオーバー」時に発生します。
オーストラリアの政策金利は2015年5月現在2%なので、保有しているポジションの大きさに応じた2%のスワップポイントを貰えます。
例えば豪ドル/円が95円で1万通貨なら、おおよそ52円です。

アメリカドルやユーロは日本と同じく低金利なので、スワップポイントは期待できませんが、イギリス(ポンド)やニュージーランド(NZドル)、トルコ(トルコリラ)は、オーストラリアよりも高金利です。

スワップポイントは為替差益と違って、一度付与されたら、相場の変動に関係なく、そのまま残ります。
長期で保有するほどスワップポイントが積み重なって、為替差益を凌ぐ利益になることもあるんです。

ただし、豪ドル/円を売った場合は、保有している間ずっと、スワップポイントを払わなければいけないので注意が必要です。
また、スワップポイントにこだわるあまり、ロスカットまでポジションを持ち続け、大きな為替差損を出したら、本末転倒です。

あくまでもメインは為替差益狙いで、スワップポイントはおまけのようなものと捉えてくださいね。

レバレッジが使えるので少ない資金でもOK

FXの大きな魅力は、少ない資金で大金を動かせるところ。
例えば125円のドル/円を1万通貨買おうとしたら、本来は125万円が必要です。
これだけの資金を用意するのは大変ですよね。

けれどもレバレッジを使えば、必要な額はこれよりも少なくて済みます。
レバレッジが最大の25倍であれば、資金は25分の1でOKになり、5万円で買うことができます。

利益も25分の1になるんじゃないの?と思われがちですが、ご心配なく。
FXは「差金決済」なので、損益は100%の額で計算されます。
例えば1万通貨買って、1円の円安になれば1万円の利益になります。

一度の取引で資金の20%を増やせるのですから、とても魅力的ですよね。
けれども、逆に一気に20%減らす可能性もあるということなのです。

どれくらいレバレッジをかけるか決めておこう

FXのレバレッジは固定されているものではなく、その人の取引スタイルによって自由に変えられます。
初心者であれば、いきなり大損しないように、2〜3倍程度の低いレバレッジで。
経験を積んで、取引に自信を持てるようになったら10倍くらいのレバレッジがベストです。

現在のFXは最大25倍までレバレッジをかけられますが、プロでもそこまでのレバレッジをかけるケースは稀です。
自分に合ったレバレッジを心がけましょう!

平日は24時間取引出来るのもメリットである

FXは月曜の午前3時にニュージランドのウェリントン市場から始まり、以降、シドニー→東京→香港→シンガポール→フランクフルト→ロンドン→ニューヨークと市場を移動しながら、土曜日の午前6時(冬季は7時)にニューヨーク市場が終わるまで、休みなく取引できます。

さらに祝日で株式市場が休みでも、FXは通常どおり取引できることがほとんどです。

例えば昼間は働いているサラリーマンは、株式相場に参加するのが難しいですよね。
けれども、FXであれば仕事が終わった後に参加できます。
どんな生活スタイルでも取引に参加できるのがFXの強みなんです。

もちろん、その時間帯なりに動きが活発な通貨と、そうでない通貨があります。
これは、その通貨の国の参加者が最も多くなり、経済指標や要人発言が集中するからです。
例えば日本時間の午前中は豪ドルや円、午後からはユーロやポンド、夜になるとドルがメインの通貨になります。

また、夜の9時から午前0時にかけては、最も為替相場の参加者が多く、アメリカの重要な経済指標が発表されるため、最も値動きが活発になります。

日々変動する為替レートはどれくらい動くのか?



為替相場には常に何らかの思惑が働いているので、レートは絶えず変動しています。
例えばドル/円の場合、一日で動くのは少なくとも20銭から、大きく動いて4円くらいです。

2014年は大きく円安に動いた年

2014年は年初に100円台をつけたのが底で、年末には122円近くまで上昇しました。
1年で22円も動いたことになります。
この5年では、アベノミクス効果やアメリカの経済回復によって、75円から125円まで50円上昇しているのです!

このようにドル/円は比較的動きが穏やかな通貨と言われていますが、長い目で見ると大きく動いていることが分かりますね。

クロス円はより動きが激しい傾向あり

同じようにユーロ/円は、一日で35銭から6円、2014年は15円動いて、この5年では94円から149円まで55円動いています。
ポンド/円は、一日でコンスタントに3円動いて、2014年は26円、この5年では116円から191円まで75円動いています。
豪ドル/円は、一日で30銭から5円くらい、2014年は14円動いて、この5年では72円から105円まで33円動いています。

これら3つの通貨ペアは「クロス円」と言って、ドル/円と、ユーロドルのような「ドルストレート」を掛け合わせているため、どうしても両方の影響を受けてしまいます。
そのため、ポンド/円はイギリスの経済が同じく回復基調にあったため、両方の相乗効果を受けて、強い上昇トレンドになっていますが、一方で豪ドル/円は豪ドルが足を引っ張ってドル/円の上昇トレンドが相殺され、持ち合い相場になっています。

このように値動きの大きさを把握していれば、その範囲内で現実的な利益目標や損切りを設定しやすくなりますし、長い期間を見るほど、トレンドが明確に分かりますね。



2017年08月24日

FXとは? FX初心者 入門





近年、サラリーマンや主婦層にまで多くの人により小遣い稼ぎの方法として広がっている「FX」と言う言葉、これは一体どう言う意味なのでしょうか?

 ここでは、そもそもFXとは一体どのような意味なのか?について詳しく解説・説明していきたいと思います。

 単刀直入に言ってしまうとFXと言うものは、実は投資なんですね。投資と言うと何かに投資する事になるのですが、実は「お金」に対して投資していくものです。

 「お金に対してお金を投資?」ちょっと、紛らわしい表現になりましたね。今は、FXのイメージをジックリとお金を育てていくような投資だと考えておいてください。

FXとは外国為替証拠金取引、ギャンブルではない!
為替差益を狙う事がFXの最大の目標
FXとは「お金」を取り合う時間無制限の殴り合い





そもそもFXとは何ですか?のまとめ
◇「そもそもFXとは何ですか?」関連用語
スワップポイントテクニカルファンダメンタルズ
FXとは外国為替証拠金取引、ギャンブルではない!
 FXとは「Foreign Exchange」から作られた日本で使われる短縮形の造語で、外国通貨を売買することにより為替差益(利益)を目指す「外国為替証拠金取引」のことを指します。

 「外国為替証拠金取引」は英語で正確に言うと「Foreign Exchange Margin Trading」となりますが、外国人相手には「Forex Trading(外国為替取引)」と表現することの方が意味が通じやすいので注意をしてください。

 さて、先ほどFXについて「お金」に対する投資と言いましたが、「お金を両替している」と考えた方が分かりやすくなるかも知れません。

 FXの取引の例を上げると、「日本円からアメリカドルへ両替して、その後しばらくして、両替したアメリカドルを日本円へと変える」と言う具合に各国の通貨を両替していくような取引になります。

 要するに、FXとは「あっちの国の通貨が良いかな」とか「嫌々、この国の通貨でしょ!」などと考えながら、両替していく事で利益を出そうと言うものになります。

 一部の人が、「FXはギャンブルだ」などと言っている事を聞いた事が有るかも知れませんが、「FXは決してギャンブルではない!」と言う事を最初に覚えておいてください。

 後で「為替差益」と言う言葉が登場しますが、FXは自分が持っている通貨の価値が上がると利益が出る取引になっています。そして、その通貨の価値は上がるか下がるかと言う2通りしか有りません。

 つまり、「これから上がりそうだ」と思う通貨へと両替し、その通貨の価値が実際に上がれば利益が出ると言う訳ですが、この通貨の価値が上がるか下がるかの2通りしか無い事を材料に「丁半博打」だとおっしゃる方もいます。

 しかし、「FXはギャンブルでは決してありません」。ギャンブルの様に一か八かで行うものでは無くて、FXは投資、つまり「資産運用」だと考えて頂く事がFXを始めるために一番大切な事だと始めにご理解ください。

為替差益を狙う事がFXの最大の目標
 
それでは、FXはギャンブルでは無いと言う事を頭に入れて頂いた上で、先ほど少し振れた「どのようにFXは利益が生まれるのか?」についてのシステムと「為替差益」について振れていきたいと思います。

アメリカドルの価値が上下している状況だと考えてください。

 FXの利益、つまり為替差益と言うものは、例えばアメリカドルが1ドル80円で購入したとします。つまりは、「1ドル80円の時にアメリカドルへと両替した」と考えてください。その後、しばらくしてアメリカドルの価値が上がったので、アメリカドルが1ドルにつき100円になった時にアメリカドルを売って円を買いました。つまりは「アメリカドルから日本の円に両替した」と言う事ですね。

 そうすると、1ドル80円で買っていたアメリカドルが、売る時には1ドル100円になって1ドルにつき20円も高く買い取ってくれました。

 これがどう言う事かと説明すると、1ドルに付き20円の利益、つまり為替差益が出たと言う事になります。

 「なんだ、たった20円か・・」と思われるかも知れませんが、1ドルに付き20円なので、実際には、1万ドル購入していた場合には、

 20円(1ドルに付きの利益) × 10,000(1万ドル) = 200,000円

 となり、20万円もの利益が出る計算になります。

 これがFXの為替差益と言うものになり、FXをする上で目指す最大の目標となります。では、次にFXの為替差益が何処からやってくるのかを説明していきたいと思います。

FXとは「お金」を取り合う時間無制限の殴り合い
 先ほどの例では、何と20万円もの利益を出す事ができましたが、この20万円は何処から出た利益なのでしょうか?

 実は、この利益となった20万円の資金を出したのは、FXで取引を行っている人なんです(正確には企業などの実需なども入ります)。


 FXは画像のように「お金」を世界中のみんなで取り合っている状態なんですね。

 つまりは、自分の方へと上手く引っ張り込む事ができれば利益になりますし、反対にお金を引っ張り込まれてしまえば損になってしまいます。

 しかも、株式投資とは違って1日の内で取引時間が決められていて、お金を引っ張り合う時間が決まっているのでは無く、平日の間は24時間引っ張り合う事になります。題名にもしましたが24時間の殴り合いですね。

 そのため、FXを始めるためには24時間のお金の引っ張り合いに耐えるために、それなりの下準備が必要になってきます。

 そんな下準備をシッカリとしてから資産運用にFXを始めることが大切になってきます。通貨は決して逃げませんから、ここでシッカリ基礎を身に付け、それからFXで資産を育ててみてください。



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。