2018年07月12日

【7月の開運方位】ラッキー方位は「東」、夏を満喫できる場所へ出かけよう!

引用:【7月の開運方位】ラッキー方位は「東」、夏を満喫できる場所へ出かけよう! 占いTVニュース

運気を上げたいなら、ぜひ「吉方位」へ出かけましょう!月によって変わる吉方位を活用すれば、レジャーを楽しみながら開運効果を得ることができます。また、訪れた先で開運アクションを行うことで、運気上昇パワーがさらに増幅します。

7月の開運方位は?
ラッキー方位は「東」、 夏を満喫できる場所で運気を上げよう!
hoihyo-higashi.jpg
「東」は成長や発展をあらわす方位
7月の開運方位は「東」。東は、夏に向けて草木がどんどん成長するような、若さと活力みなぎる「発展」の方位です。訪れることで、仕事への意欲がどんどん増してきます。これまで積み重ねてきた努力もさらにいい方向へと向かい、それによって周囲の評価も得られるでしょう。また、結婚につながる情熱的な出会いにも恵まれ、将来のビジョンを描くことが可能になります。なかでも、夏を満喫できるにぎやかなスポットは、7月の運気をさらに上げてくれそうです。



海や山のある観光地などで、元気いっぱいに楽しもう!

「三碧木星」に影響を受ける東は、若さや行動力の象意があります。そのため海や山、にぎやかな観光地など、元気いっぱいに楽しめて夏を満喫できるスポットが、いい運気を運んでくれるでしょう。日帰りでももちろんいいですが、できればバカンスのごとく、少し長期で滞在すると吉。ラッキーアクションは、そのスポットで華やかなアクティビティを行うこと。クルージングや気球体験、少し贅沢なキャンプなどを楽しむと、発展の運気を十二分に取り込むことができます。

部屋にも開運パワーをチャージ!

吉方位に行けない人や、開運パワーをもっと上げたい人は、部屋を「マリンブルーを基調に模様替えをする」ことで開運パワーを呼び込めます。若々しさを象徴する三碧木星の気に合わせて、部屋の雰囲気をさわやかに演出しましょう。ラッキーカラーである碧青、フレッシュグリーンもオススメです。また、こちらも三碧木星の象意である「柑橘系」の香りもいいでしょう。入浴剤に使用すれば心身ともにリラックスできる上、好運気を呼んでくれます。


今年も夏の季節がやってきました。気力体力を十分に補って、活動的に日々を過ごしましょう。暑さに負けず吉方位を訪れることで、動いた以上の成果がもたらされるでしょう。




rn_s05.jpg wa9sei.gif blogramによるブログ分析 toremaga_88_31_1_gre.gif
ブログランキング くる天 人気ブログランキング bnr.gif robot.gif rank.gif
with.gif ブログランキング さくらぷれす:女性向け情報を提供する、検索コミュニティーサイト コミュサイト
リンクリックブログランキング 人気ブログランキング ブログズーム 占いランキング PVランキング ブログ検索サーチ
ライフスタイル ブログランキング bn05.gif
トップブログランキング
占い
posted by 福娘。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7871564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. 2018年に訪れたい金運アップのパワースポット
  2. 2. 京都は美のパワースポットがいっぱい!キレイになりたい女性は、京都の神社で美容祈願!
  3. 3. 【7月の開運カレンダー】13日はお金に関することが吉、28日は成功体験を振り返ろう!
  4. 4. いま行きたいのは美容祈願ができる神社!GWの女子旅にぴったり!江ノ島と滋賀・愛知川の美の最強パワースポット
  5. 5. こころが喜ぶ旅に出よう!今のあなたが選ぶべき旅先の決め方とは
  6. 6. 【億万長者の予兆!?】手相でわかる!金運アップのサイン
  7. 7. 人生ここぞという時に!仕事・勝負運アップしたいならここ!東京・千葉・大阪でおすすめ神社3選
  8. 8. 駅からさんぽ♪横浜・瀬谷の七福神+1「八福神めぐり」
  9. 9. まだ間に合う。冬の京都でしっかり願掛け「十六社朱印めぐり」
  10. 10. 京都の御朱印は、ちょっと違う。古都を往く、十六社朱印めぐり
リンク集