フィードメーター
ファン
リンク集

2018年02月05日

まだ間に合う。冬の京都でしっかり願掛け「十六社朱印めぐり」

引用:まだ間に合う。冬の京都でしっかり願掛け「十六社朱印めぐり」 - ライブドアニュース

毎年1月1日から2月15日まで行われる京都の冬の風物詩、「十六社朱印めぐり」。古都の凛とした冬の空気の中、古くから佇むお社を訪ねる旅は、普段は見られない、そして感じられない京都に出会えると人気を集めています。今日は、「十六社朱印めぐり」の後編として、残る8か所の見どころを紹介します。

前編はこちら→ 京都の御朱印は、ちょっと違う。古都を往く、十六社朱印めぐり



御香宮神社(ご利益:安産・病気平癒)
d1cdb_1524_1f877130d5a61efd0482b5011c646e9a.jpg
お腹に子供を宿しながら三韓征伐を行った神功皇后が主祭神という事から安産や子育てのご利益があるといわれています。863年、境内に香の好い水が湧き出て、この水を飲むと病が治ったという逸話から清和天皇より「御香宮」の名を賜ったのがこの神社の由来です。御香水は名水百選のひとつに認定されています。

1590年、天下統一した豊臣秀吉は御香宮神社に太刀を奉納しています。伏見築城に際し、城内に社殿を移し、鬼門除けの神としたと伝わります。1605年、徳川家康は社殿を再び元の地に戻し本殿を造営しています。1868年の伏見鳥羽の戦では、官軍の陣営が置かれたが、幸いにして戦火をまぬがれていますが、伏見の戦い跡の碑が建っています。

西院春日神社(ご利益:厄除け・病気平癒)
7f08c_1524_ac96bb8a2d6b5ad8c0779ad9706024e4.jpg
平安時代、833年に淳和天皇が建てた淳和院とよばれる離宮に春日大社を勧請した事が西院春日神社の始まりと言われています。以来、皇室をはじめ藤原氏の守護神として崇敬を集めました。

淳和天皇皇女・崇子内親王が疱瘡を患った時に祈願したら、神前の石が内親王の身代りとして疱瘡を生じました。石が身代わりになりその後内親王はご快癒されたと伝わっています。その事から、春日神社は病気平癒の守護神として崇められています。社殿向かって左側にあるその石は現在も「霊石・疱瘡石」として多くの人々に信仰されています。

豊国神社(ご利益:開運招福・良縁成就)
424d4_1524_ee963bae32ae861ac11d823e7a8c87e0.jpg
1598年、豊臣秀吉は伏見城で亡くなり、阿弥陀ヶ峯の頂に葬られ、中腹に秀吉公を祀る豊国社が創建されました。当時は朝廷から「豊国大明神」の御神号を賜り、境内は30万坪を誇る壮大な神社だったと伝わります。しかし、1615年、大坂夏の陣で豊臣家が滅亡すると徳川家康により豊国神社は廃されました。明治元年、明治天皇の命により再興が決まり、明治13年に方広寺大仏殿跡地に社殿が造営されました。

境内には伏見城の遺構と伝えられる国宝の大唐門が立っています。これだけでもかなり見応えがあります。

現在では出世開運の神様として全国より崇敬を集めています。境内には、秀吉の旗印である「千成瓢箪」にちなんだひょうたん絵馬があり、朱印にもその姿を見る事が出来ますよ。また、隣接する京都国立博物館の門前にある大きな石垣を見逃さないで下さい。あの石垣こそが当時の豊国神社、方広寺の壮大さを物語っています。

長岡天満宮(ご利益:合格祈願・厄除開運)
18012223114.jpg
学問の神様で有名な菅原道真の祟りを鎮めるために建てられた天満宮のひとつです。長岡天満宮は道真公の所領だった場所です。

京都屈指の桜の名所としても有名です。朱印には、天満宮の神使とされている牛の姿を見る事が出来ます。この地は、桓武天皇が平城京より平安京に遷都になるまでの長岡京の跡です。祭神菅原道真公が在原業平と共に、詩歌管絃を楽しんだ場所とも伝わります。

道真公は太宰府に左遷された時この地に立ち寄ったといいます。その時に「吾が魂、長くこの地に留まるべし」と名残を惜しんだ縁故によって道真公自作の木像を祀ったのが、創立の始まりです。

皇室の崇敬も厚く、1623年には八条宮の御領地となり、その後、参道をはさんで南北に八条ヶ池が築造されました。中堤の太鼓橋は加賀・前田候の寄進になると伝えられる名橋です。両側には樹齢150年程のキリシマツツジが植えられていて、新緑に映える真っ赤な様は圧巻です。

岡崎神社(ご利益:子授け・安産・良縁結び・厄除け)
7371a_1524_f702ddb711d1349474fd7aa77ba41e4a.jpg
岡崎神社は桓武天皇が京の町を災いや戦から守る為に都の四方に立てた社の1つでした。京の東側に位置する事から「東天王(ひがしてんのう)」と呼ばれていました。

付近一帯はかつて、野うさぎの生息地だった事からうさぎは氏神様のお使いとされ、境内のいたる所にうさぎの銅像や絵馬を見る事が出来ます。うさぎは多産である事から安産や子授けのご利益があると言われています。

藤森神社(ご利益:男人守護の神・勝運と馬の社)
18012223116.jpg
今から約1800年前に神功(じんぐう)皇后によって創建されたことから、皇室ともゆかりの深い神社です。「菖蒲の節句発祥の地」としても有名です。今日では勝運と馬の神様として、競馬関係者や、競馬ファンの参拝者も多いようです。5月5日には駈馬神事(かけうましんじ)も行われています。

境内には3,500株もの紫陽花が植えられていて、6月には紫陽花苑が公開される事でも有名です。

六孫王神社(ご利益:出世開運・家運隆昌)
79078_1524_609603186fae0a3c34723f7182e0d88d.jpg
祭神である源経基は清和源氏の祖で、江戸時代に源氏ゆかりの神社として武家の信仰が厚かったと伝えられています。六孫王とは、源経基の別名で、清和天皇の六番目の子供の貞純親王の息子(六番目の子供の孫)だった事からそう呼ばれていたようです。江戸時代五代将軍綱吉の時代に現在の本殿・拝殿等建物が再建されています。

六孫王の子孫には源義家・頼光・頼政・木曽義仲・頼朝等などがいます。また後に足利・新田・細川・島津・山名・今川・明智・小笠原・徳川等の武将が多数輩出されている。

わら天神宮(敷地神社)(ご利益:安産・厄除け・子授け)
18012223118.png
祭神は、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)。1397年足利3代将軍義満が西園寺北山殿(金閣寺)を山荘として造営する際に鎮守神として現在地に遷したと伝わります。

わら天神の通称で知られる敷地神社は安産のご利益で全国的に有名です。安産御守としてわらの護符が授与され、わらに節があれば男の子、無ければ女の子が生まれるといわれています。




ブログランキング rn_s05.jpg wa9sei.gif toremaga_88_31_1_gre.gif
ブログランキング くる天 人気ブログランキング bnr.gif robot.gif rank.gif
with.gif さくらぷれす:女性向け情報を提供する、検索コミュニティーサイト コミュサイト 占いランキング
リンクリックブログランキング 人気ブログランキング ブログズーム PVランキング ブログ検索サーチ ライフスタイル ブログランキング
bn05.gif トップブログランキング
占い
posted by 福娘。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7275970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気記事ランキング
  1. 1. 京都は美のパワースポットがいっぱい!キレイになりたい女性は、京都の神社で美容祈願!
  2. 2. 【12月の開運カレンダー】2018年最後の大吉日は12月3日と7日、金運アップ&目標達成運吉!
  3. 3. no img 生まれた日だけでわかる12月の運勢 潜在意識に語りかける不思議な言葉“ハッピー・エピグラム”
  4. 4. 2018年に訪れたい金運アップのパワースポット
  5. 5. 12月1日から鳥取で亥年版「開運八社巡り」 専用手ぬぐいに朱印集めて
  6. 6. 駅からさんぽ♪横浜・瀬谷の七福神+1「八福神めぐり」
  7. 7. こころが喜ぶ旅に出よう!今のあなたが選ぶべき旅先の決め方とは
  8. 8. 【億万長者の予兆!?】手相でわかる!金運アップのサイン
  9. 9. いま行きたいのは美容祈願ができる神社!GWの女子旅にぴったり!江ノ島と滋賀・愛知川の美の最強パワースポット
  10. 10. 【11月の惑星予報】大きく運気が動く1カ月 復活と再生は今のうちに取り組んで!