広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2016年06月14日

都会の中の私のお城は狭小住宅

夢のマイホームを購入した。20代最後の年だ。

周りからすると早い、とか、よく決めたね、とかお褒めの言葉か何かわからない言葉をよく頂く。

私からすると、賃貸よりも資産を持つ派なので(ここは賛否両論だと思うが)、結婚してすぐに家を購入することに抵抗はなかった。

そもそも、私の周りでは共働き世帯が少ない。職場の先輩は大概が男性で奥様はパートが専業主婦。

平社員とはいえ、フルタイム夫婦の世帯年収は課長と同等かそれ以上かもしれない。子供がいないから出費も少ない。そうして私は、東京23区の中に夢のマイホームを購入した。

しかし、このマイホームを購入するまでに、なんせ巨大な資産だから夫婦間でかなりの調整が発生したのは言うまでもない。

そもそも私はマンション育ちという理由だからか、戸建てには絶対反対で、とにかく戸建てよりもマンション購入をしたくて仕方がなかったのである。

さてではなぜ戸建が。理由は幾つかある。

まず東京のマンションは高すぎるということだ。大した広さもないのに、景観と立地だけで、値段が跳ね上がり、戸建なら土地も建物もそれ以上の広さも取得できる点である。

次に管理費、駐車場代が高いのだ。都内すみだが車は手放せない我が家にとって、合わせて3万以上もローン以外に支払いが発生する上記など悪条件でしかなかった。

最後に、震災のことを考えたのが一番大きい。マンションも、戸建も崩れる時は崩れる。

しかし、そこが自分の土地であれば少なくともいる権利はあるわけだ(暴動があって、土地がなくなるとか、そういう発想なのは日本人なので平和ボケしているのかもしれない)。

マンションは少しでも影響が家に戻れないが、戸建の場合は外に非常用の荷物を置いておくことが出来るなど、震災に向けての対策も色々できるのではないと考えた。

そうして私のお城は、都会の狭小住宅になったのである。
posted by 04gunma11 at 00:00| 不動産
ファン
検索
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ